頭皮のフケ対策が知りたい! 原因や間違ったフケ対策など徹底解説!

「きちんとシャンプーしたのに頭皮からフケがたくさん出てしまう」など、頭皮のフケで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。落ちてくるフケが肩についてしまい、不潔なイメージを与えてしまいます。フケを未然に防ぎたいのに、具体的な方法が分からない方も多いはずです。

そこで、本記事では、頭皮のフケ対策を解説しましょう。

  1. フケが出る原因は?
  2. やってはいけない頭皮ケアは?
  3. 頭皮のフケ対策を紹介!
  4. 病院へ行ったほうがいいケースは?
  5. 頭皮のフケに関してよくある質問

この記事を読むことで、頭皮からフケが出る原因や正しいフケ対策などが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.フケが出る原因は?

まずは、なぜフケが出てしまうのか原因をチェックしておきましょう。

1-1.フケが出るのは新陳代謝をくり返している証拠

「なぜ頭皮からフケが出るんだろう?」と疑問に思うかもしれませんが、フケが出るのは当たり前です。皮膚は常に新陳代謝をくり返しながら新しい皮膚に生まれ変わっています。新しい皮膚に生まれ変わることをターンオーバーと言いますが、何重にも重なった皮膚がターンオーバーすると角化細胞となり皮膚が剝がれ落ちるのです。剝がれ落ちた皮膚がフケとなります。場合によってはフケが大量に出てしまうこともあるので注意が必要です。

1-2.乾性フケと脂性フケ

フケには乾性フケと脂性フケの2種類があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • 乾性フケ:乾燥した頭皮から落ちてくるフケ。細かくパラパラとしており、乾燥肌になっているケースが高い
  • 脂性フケ:頭皮の皮膚が過剰分泌されることで発生するフケ。ベトベトした脂っぽい大きな塊でできる

乾性フケは頭皮の乾燥が主な原因です。洗浄力が強いシャンプーを使用することで過剰に皮脂が足りなくなり乾燥肌になっていることがあります。1日に何度もシャンプーをする人や乾燥した外気に当たりやすい人が乾性フケになりやすいのです。
一方、脂性フケは脂っぽい食事に偏っていたり、食生活が乱れたりする際に発生しやすいフケとなります。頭皮がムレやすい帽子を長時間かぶっている人もカビ菌が発生しやすく、脂性フケができやすくなるでしょう。

1-3.ストレスやドライヤーのかけ方が原因になることも

フケは頭皮が乾燥したり、脂っぽくなったりすることが原因で発生しますが、ストレスやドライヤーのかけ方が原因になることもあります。特に、ストレスは頭皮の乾燥に強い影響を与えるのです。ストレスを受けることによって交感神経が緊張すると血管が収縮して血行不良になります。その結果、頭皮への栄養が行き届きにくくなるのです。頭皮が再生しにくくなり、乾燥につながります。また、ドライヤーを頭皮に近づけすぎると髪も傷み、頭皮も乾燥するでしょう。

2.やってはいけない頭皮ケアは?

頭皮ケアでやってはいけないことをいくつか紹介します。

2-1.1日に何度もシャンプーする

フケが出る=頭皮が汚れていると思ってしまい、1日に何度もシャンプーする方がいます。確かに、頭皮を清潔な状態にすることは大切ですが、1日に何度もシャンプーするのは間違った頭皮ケアです。必要な皮脂が欠乏してしまい、余計に皮膚が乾燥してしまいます。また、シャンプーをする際に頭皮を力強くゴシゴシしたり、シャンプーを泡立てずに原液を直接頭皮につけたりするのもNGです。頭皮が逆に傷ついてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。頭皮を過剰に傷つけないことが大切なのです。

2-2.フケの部分を爪で取り除く

頭皮にフケが発生すると気になって爪で取り除こうとすることがありませんか? 爪で取り除いてしまうと頭皮が傷ついてしまうので絶対にしないでください。逆に、雑菌が入り込みやすくなり、感染症に至る可能性もあります。頭皮の穴からフケを取り除いたほうがいいと思うかもしれませんが、逆効果になるのでそのままにしておきましょう。爪ではなくピンセットなどで取り除くのもNG行為です。

2-3.洗浄力が強すぎるシャンプーを使う

フケをなくすために、洗浄力が強いシャンプーを使おうとする方もいますが、間違ったフケ対策となります。強く洗いすぎるのはもちろんのこと、シャンプーの洗浄力が強すぎるのもフケが発生する原因の1つです。洗浄力が強いシャンプーを使うと、頭皮に必要な皮脂まで失ってしまうことになります。脂性フケがたくさん出てきたとしても、ある程度の皮脂は皮膚に必要です。特に、頭皮が乾燥している人は、なるべく刺激が少ないシャンプーを使うのが大切なポイントとなります。

2-4.頭皮を洗わないのもNG

前述したように、頭皮の洗いすぎは間違ったフケ対策ですが、頭皮を長時間放置し続けるのもよくありません。洗いすぎないようにすると洗浄不足になり、皮膚に皮脂が大量に残っては大きなフケが発生することもあります。頭皮を洗う前に、自分の頭皮環境に合わせた対策を知ることが大切です。

3.頭皮のフケ対策を紹介!

それでは、頭皮のフケ対策を紹介しましょう。

3-1.正しいシャンプーの仕方を心がける

頭皮のフケ対策として心がけてほしいのは、正しいシャンプーの仕方に注目することです。シャンプーでしっかりこすって洗いたくなりますが、爪を立てずに指の腹で地肌をやさしく洗いましょう。ポイントは、シャンプーをする前にお湯だけで1~2分ほどしっかり洗い流すことです。シャンプーをつけずにお湯で洗い流すことで、頭皮の汚れが半分以上落ちると言われています。また、お湯は39℃以下の低めに設定してください。熱めのお湯は頭皮に必要な油分まで落としてしまうのでNGです。そして、シャンプーやトリートメントが残らないように入念に洗い流しましょう。

3-2.地肌を乾かすことが大切

ドライヤーを地肌に近づけすぎず、地肌を乾かすようにしてください。髪の毛を乾かすことに注意しがちですが、あくまで頭皮を乾かすことが大切です。髪の毛が乾いていても頭皮がしっかり乾いていなければ、雑菌が増殖してしまいます。雑菌が繁殖すると炎症が起こりやすくなり、フケの原因になるのです。乾かし方にも入念に注意して頭皮ケアを行ってくださいね。

3-3.頭皮の特徴に合わせたシャンプーを選ぶ

シャンプー選びに注意するのも、大切なフケ対策です。乾性フケは頭皮が乾燥している状態なので、保湿効果があるシャンプーやフケ対策用のシャンプーを使うといいでしょう。できるだけ、頭皮に刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーで洗ってあげるのも方法の1つです。一方、脂性フケが出ている人も、しっとりタイプを選んでください。つい洗浄力が高いシャンプーを選びがちですが、必要な皮脂も失ってしまう恐れがあるのでアミノ酸系シャンプーなどがおすすめです。

3-4.頭皮のための食事と睡眠を心がける

頭皮ケアは、直接頭皮に関わるケアだけでなく日ごろの生活バランスを整えることも大切です。健康な髪と頭皮を整えるためには、たんぱく質・ミネラル・ビタミン類・亜鉛・ヨウ素などの栄養をバランスよく摂取してください。脂っこい食事は頭皮トラブルを起こす原因となるのでNGです。また、睡眠は体の機能を最小限に抑えて回復と修復を行う時間となります。髪に栄養を与えるためにも、良質な睡眠を取るように心がけてください。

4.病院へ行ったほうがいいケースは?

頭皮のフケには、頭皮トラブルから発生しているケースがあります。ここでは、病院に行ったほうがいいケースをいくつか紹介しましょう。

4-1.頭皮に炎症が起きているケース

フケだけでなく、頭皮に炎症が起きている場合は病院に行ったほうがいいでしょう。頭皮が炎症しているときは、皮膚が赤くなったり腫れたりしている状態です。赤く腫れ上がっているときは、少し手で触れただけでも痛みを感じることがあります。また、普通にシャンプーをしていてもしみたり、痛みを感じたりするときも病院を受診しましょう。炎症をそのまま放置するとさらに悪化する恐れがあるため、早めの受診をおすすめします。

4-2.自分の頭皮ケアでも改善できないケース

自分でいくら頭皮ケアをしても改善できないケースは、何かしらの原因で頭皮トラブルが起きている可能性があります。さらに症状がひどくなる恐れがあるため、病院を受診してください。よくある頭皮トラブルとしては、皮膚炎・尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)・頭部白癬(とうぶはくせん)・シラミなどの寄生虫などがあります。アトピー性皮膚炎など皮膚疾患が原因の可能性もあるため、自分で改善できない場合は皮膚科専門医に相談しましょう。

4-3.少しでも不安要素があれば皮膚科へ

自分でフケ対策をする中で、「本当に大丈夫かな?」と不安になることがあるでしょう。不安な気持ちのまま適当な対策をしてしまうと、さらにフケがひどくなる恐れがあります。少しでも不安要素があれば、皮膚科へ相談してください。また、原因が分からない方も受診をおすすめします。原因をしっかり調べてもらったほうが効果的な対策ができるからです。合っていない頭皮ケアを行うよりも原因にアプローチできる方法で試したほうが効果が期待できるでしょう。

5.頭皮のフケに関してよくある質問

頭皮のフケに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.頭皮の保湿効果を高めるシャンプーの頻度は?
A.シャンプーは1日に1回がベストです。1日何度も髪を洗ったり、洗浄力が強すぎるシャンプーを使ったりすると、必要な皮脂まで失ってしまいます。どれだけ頭皮がベトベトになっていても、1日1回を目安にシャンプーしてください。どうしても脂っぽさが気になる場合は、皮膚科に相談するといいでしょう。

Q.乾性フケを防ぐポイントは?
A.頭皮用ローションを加えることです。シャンプーを低刺激用のものに変えてもパラパラと細かい白いフケが出てくる際は、シャンプー後に頭皮用の保湿ローションを塗ってみてください。大切なのは、頭皮専用の保湿ローションを使うことです。頭皮専用のものは低刺激の成分が含まれているため、頭皮に必要な栄養や潤いを与えることができます。保湿ローションを頭皮に塗った後に、ドライヤーで乾かしましょう。

Q.簡単にできる頭皮マッサージのやり方は?
A.以下の手順で頭皮マッサージをしてみてください。

  1. 両手の指の腹で地肌全体をやさしく押さえる
  2. 生え際から頭頂部にかけて押さえるように指圧する
  3. 指先で頭皮を軽くつまみあげるようにマッサージする
  4. 頭を抱えるように両手のひらで持ち上げ、円を描くように地肌をもみあげる

ポイントは爪を立てずに指の腹でやさしくマッサージすることです。ほどよく頭皮の血行を促進させることができるため、頭皮環境を整えられるでしょう。頭皮が乾燥しがちな人は、フケを抑える成分が入った頭皮用ローションを使ってマッサージしてください。

Q.食生活で摂取したい栄養素は?
A.アミノ酸・たんぱく質・ビタミン類など栄養素をバランスよく摂取するのが理想ですが、特にビタミン類を摂取してください。ビタミン類は頭皮の乾燥を防ぐ対策に効果が期待できます。肉中心の食生活をしてきた人は、緑黄色野菜を中心に摂取するといいでしょう。なかなか野菜が摂取できない人は、マルチビタミンなどサプリメントでカバーするのも方法の1つです。また、食生活と合わせてストレスをかけないことも大切なポイントとなります。

Q.シャンプー以外で心がけたいポイントは?
A.寝具を清潔にすることです。ついつい頭皮ばかりに注目しがちですが、寝具が清潔でないと頭皮に雑菌がついてしまいます。特に、長期間同じ寝具を使っている方は要注意です。枕カバーにはさまざまな汚れが付着しているため、定期的に洗うなどして清潔な状態を保ちましょう。頭皮環境を清潔にしても寝具が汚れていると意味がありません。

まとめ

頭皮のフケ対策は、まず原因を知ることが大切です。頭皮がどのような状態になっているのか確認してください。細かいパラパラとしたフケが出ている方は頭皮が乾いている可能性があります。逆に、ベトベトした大きな塊のフケが出ている方は、頭皮が脂っぽくなっているでしょう。自分の頭皮がどのような環境になっているのか把握することで、正しいフケ対策ができます。ただし、頭皮が炎症を起こしたり、自分で対策を施しても改善できなかったりした際は、皮膚科に相談しましょう。