朝が苦手な人集まれ!朝起きれない原因と克服する方法を伝授します!

朝が苦手な人は、多いですよね。
この記事では、朝起きれない主な原因と効果的な克服方法を解説しましょう。

朝起きれない主な原因を確認しよう!

まずは、朝起きれない主な原因を確認しましょう。
原因は、ひとつだけとは限りません。
自分に当てはまると感じた原因は、すべて無くすように努力しましょう。

1-1.夜にいつまでも起きている

いつまでも夜に起きている人は、朝起きれなくて当然です。
まず、いつまでも起きている状態では十分な睡眠時間が確保できません。
また、スマホやパソコンの画面を見ていたり、本を読んでいたりしている人は寝る前に脳が覚醒(かくせい)した状態のままなので、寝つきが良くないでしょう。
夜は、いつまでも起きてないで早く寝ることを守ってください。
寝る前に、スマホやパソコンの画面を見ることもやめましょう。

1-2.食生活が乱れていて栄養バランスが悪い

食生活が乱れていて、栄養バランスが悪いことも朝起きれない原因になります。
ファーストフードやコンビニ食ばかりだったり、外食が続いたりしがちな人は、どうしても炭水化物・糖質・脂質が多過ぎる傾向があるでしょう。
反対に、カロリーは十分に摂(と)ることができても、体内活動に必要なビタミンやミネラルなどの栄養は足りません。
食生活が乱れていて栄養バランスが悪いと、どうしても体のリズムが乱れるので朝起きれない原因となるのです。

1-3.不規則な生活スタイルが続いている

仕事やプライベートに忙しくて、不規則な生活スタイルが続いているとどうしても睡眠リズムも乱れがちに。
すると、低血圧になったり、体がだるいと感じたりして朝起きれない大きな原因になってしまいます。
不規則な生活スタイルを自分の力で改善できる場合は、早めに改善してください。
今すぐに改善が無理な場合でも、少しずつ改善する努力は大切です。
朝すっきり目覚める体になるためには、がんばってください。

1-4.強いストレスがある

普段から強いストレスがあると、よく眠れなくなったり不眠症になったりします。
強いストレスを感じている人は、同時に朝起きれないことを悩んでいる人も多いもの。
ストレスがあると、体に不自然に力が入り過ぎることでリラックスできない原因にもなります。
まずは、良質の睡眠を取るためにもストレスを適度に解消しましょう。
もしも、悩みがあって夜になかなか寝つくことができないのなら、カウンセリングなども利用して悩みから解放されることも大切です。

朝が苦手という事実を克服する方法は?

朝が苦手という事実を克服するためには、どんな方法が効果的なのでしょうか。
朝起きれないというコンプレックスを無くすためにも、しっかりと学んでいきましょう。

2-1.朝起きたら適度に日光浴をする

朝起きたらすぐに適度な日光浴をすることは、体内リズムを整える効果を期待できるでしょう。
日光浴を行うと、体内にセロトニンという物質が作られてすっきりと目覚める効果があります。
朝起きたらカーテンを開けて、日光を体に浴びることを心がけましょう。
体内時計が正常になって、夜ぐっすり眠って朝すっきり起きる体内リズムに戻すことができますよ。

2-2.昼寝は極力しない

昼食後の昼寝は、とても気持ちの良いものです。
しかし、昼寝をすることは睡眠リズムを乱す原因になることも覚えておきましょう。
朝すっきり起きるためには、昼寝を極力しないことが大切です。
昼寝をするとしても、30分以内に抑えて本来の睡眠に支障がないようにしてください。

2-3.日中を活動的に過ごす

朝起きれない人は、生活リズムが乱れていて夜に活動的になることが大きな特徴。
そこで、日中を活動的に過ごすように変えることが大切になります。
最初は、体がだるいと感じたりする可能性があるでしょう。
しかし、日中を活動的に過ごすことで夜に自然と眠りやすい状況を作ることができます。
朝型の生活リズムに戻すには、日中を活動的に過ごすようにしましょう。

2-4.夜寝る前に入浴する

夜寝る前に入浴することは、心身のリラックスになって自然な眠気を誘います。
良質の睡眠を取ることは、朝起きれない人にとって必要なこと。
シャワー浴で済ますのではなく、しっかりと湯船に浸(つ)かるようにしましょう。
湯船で体をしっかり温めることで、睡眠の質が上がって朝すっきりと起きることができあますよ。

朝起きれない人は整体で歪(ゆが)みを取ろう

朝起きれない人には、体に歪(ゆが)みがあること多いもの。
整体で歪(ゆが)みを取ることで、すっきりと目覚める体を手に入れることもできますよ。

3-1.体に歪(ゆが)みがあると寝つきが悪くなる

体に歪(ゆが)みがあると、寝つきが悪くなります。
たとえば、寝る姿勢が安定しなかったり寝ても疲れが取れにくかったりするでしょう。
整体に通って体の歪(ゆが)みを解消すると、寝ても疲れが取れないという状況を改善することができます。
朝起きれないと悩む人にとって、整体に通うことは意味があると言えるでしょう。

3-2.体の歪(ゆが)みを取ると目覚めもすっきりする

整体に通うことで体の歪(ゆが)みを取ると、全身の血行が良くなって老廃物の排出が進みます。
新陳代謝が活発になった体になると、自然と体調も良くなって目覚めも良くなるはず。
すると、普段感じていた倦怠感も無くなって気分も爽快(そうかい)になるでしょう。
夜の寝つきが良くなる上に、目覚めもすっきりとする効果を感じることができますよ。

3-3.体の歪(ゆが)みを取ると健康的な生活になる

整体に通って体の歪(ゆが)みを取ると、体の調子が良くなるだけでなく精神的にも前向きになるために健康的な生活になります。
健康的な生活を送ることで、夜もぐっすり眠ることができて朝起きれない悩みを解消できるでしょう。

まとめ

朝起きれない原因と克服方法について、深く理解していただけたでしょうか。
まずは、自分が当てはまる原因を無くすことが大切ですよ。

  • 自分が朝起きれない原因を確認する
  • 朝起きれないことを克服する方法を学ぶ
  • 体の調子を整えるために整体が効果的なことを知る

健康的な生活を送ることで体調のリズムが整うと、朝すっきりと起きれるようになるでしょう。