朝起きれない原因と克服する方法

朝が苦手な人集まれ!朝起きれない原因と克服する方法を伝授します!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

朝が苦手な人は、多いですよね。
この記事では、朝起きれない主な原因と効果的な克服方法を解説しましょう。

01. 朝起きれない主な原因を確認しよう!

まずは、朝起きれない主な原因を確認しましょう。
原因は、ひとつだけとは限りません。
自分に当てはまると感じた原因は、すべて無くすように努力しましょう。

1-1.夜にいつまでも起きている

いつまでも夜に起きている人は、朝起きれなくて当然です。
まず、いつまでも起きている状態では十分な睡眠時間が確保できません。
また、スマホやパソコンの画面を見ていたり、本を読んでいたりしている人は寝る前に脳が覚醒(かくせい)した状態のままなので、寝つきが良くないでしょう。
夜は、いつまでも起きてないで早く寝ることを守ってください。
寝る前に、スマホやパソコンの画面を見ることもやめましょう。

1-2.食生活が乱れていて栄養バランスが悪い

食生活が乱れていて、栄養バランスが悪いことも朝起きれない原因になります。
ファーストフードやコンビニ食ばかりだったり、外食が続いたりしがちな人は、どうしても炭水化物・糖質・脂質が多過ぎる傾向があるでしょう。
反対に、カロリーは十分に摂(と)ることができても、体内活動に必要なビタミンやミネラルなどの栄養は足りません。
食生活が乱れていて栄養バランスが悪いと、どうしても体のリズムが乱れるので朝起きれない原因となるのです。

1-3.不規則な生活スタイルが続いている

仕事やプライベートに忙しくて、不規則な生活スタイルが続いているとどうしても睡眠リズムも乱れがちに。
すると、低血圧になったり、体がだるいと感じたりして朝起きれない大きな原因になってしまいます。
不規則な生活スタイルを自分の力で改善できる場合は、早めに改善してください。
今すぐに改善が無理な場合でも、少しずつ改善する努力は大切です。
朝すっきり目覚める体になるためには、がんばってください。

1-4.強いストレスがある

普段から強いストレスがあると、よく眠れなくなったり不眠症になったりします。
強いストレスを感じている人は、同時に朝起きれないことを悩んでいる人も多いもの。
ストレスがあると、体に不自然に力が入り過ぎることでリラックスできない原因にもなります。
まずは、良質の睡眠を取るためにもストレスを適度に解消しましょう。
もしも、悩みがあって夜になかなか寝つくことができないのなら、カウンセリングなども利用して悩みから解放されることも大切です。