肩こりを解消してくれる枕の選び方

睡眠中の頭の位置が重要?! 肩こりを解消してくれる枕の選び方

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

仕事や家事の疲れで肩こりの悩みは出てきます。肩こりが悪化すると日常生活にも支障をきたしてしまうので早めに対策をしておかなければなりません。対策のひとつとして注目されているのが「枕」です。1日7時間は睡眠時間をとっている人が多く、枕は安眠するためにはかかせない寝具アイテムです。この枕を変えるだけで肩こりが解消することができます。肩こりで悩んでいる人向けにたくさんの枕が発売されており、悩む人もいるでしょう。

そこで、肩こり解消の枕を選ぶポイントを3つ紹介したいと思います。

枕の高さに
注目!

肩こりにおける枕の選び方は“枕の高さ”が非常に大切になってきます。枕の高さを寝心地で決めている人もいますが、理想的な高さは6cm程度です。しかし、人によって体格や体型は違います。自分の体型にあっている枕の高さを選ぶようにしていきましょう。

普通の人よりも痩せている細身であれば枕の高さは2.5cm~3cm、標準体型であれば3~4cm、体格が立派な方は4~5cmが肩こり解消にはちょうどよい高さとなっています。実際にどのような高さとなるのか、購入するまえに試してみるとよいかもしれません。肩に負担をかけないような高さを自分で調節してみてください。目安となる高さを注意しながら選んでいきましょう。

頭をしっかり
支えることのできる硬さ

枕の硬さも肩こりに関係してくる重要なポイントです。硬すぎる枕は首に負担をかけ、血管を圧迫させてしまいます。逆にやわらかすぎるのも頭を支えることができず、十分な血液を肩に送ることができなくなってしまうのです。

では、どれくらいの硬さが良いのか? それは頭をしっかり支えることができ、首元はやわらかくソフトに支え、圧迫されることのない硬さです。

難しいかもしれませんが、実際に枕を使ってみれば実感することができるでしょう。頭を支えることができる硬さ、頭から首にかけてのカーブが安定している、頭を支える力が枕のあちこちに分散している、この3つに注目してちょうどよい硬さを選んでください。

肩こり解消向けに発売されている枕の中でも自分の頭にあっているものを選ばなければなりません。たとえ友人がオススメの枕でも友人の頭の形は自分のものと違うのでそのまま購入せずに確認することが大切です。

寝返りにも
ポイントがある

人は寝ている間、何回もの寝返りをしています。枕のせいでこの寝返りが妨げられていると肩に余計な刺激を与え、圧迫することになります。よって、肩こり解消することのできる枕は寝返りがしやすい枕です。寝返りは自然な動きとなるので自由に寝返りができる枕の方が血液の流れが良くなり、解消されるという結果も出ています。

そのため、形が決まっていないフラットな枕がオススメです。フラットな枕は寝返りの妨げにはなりません。また、頭が沈みこまない枕も寝返りをスムーズにうつことができるでしょう。枕を選ぶときは寝返りが自由にできる枕かどうかチェックしてください。

枕の選び方
まとめ

肩を圧迫せず負担をかけない枕に変更すれば、肩の血液の流れが活性化し、肩こりを解消してくれます。寝ている間でも肩をリラックスできるように上手に自分にあった枕を選ばなければなりませんが、正しい枕を選ぶポイントがあります。ポイントは枕の“高さ”“硬さ”“寝返りのしやすさ”の3つが挙げられます。この3つのポイントに注目しながら正しい枕を選んでいってください。そうすればきっと肩こりも解消されるでしょう。