骨盤の痛みを改善したい

骨盤の痛みを改善したい! 原因を知って予防しよう

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

腰回りの重たい痛みや、骨盤周辺に違和感を抱くことはありませんか? 立ったり座ったりする日常的に行う動作で生じる痛み、慢性的に痛んでいる、押すと違和感がある、ズキズキした痛みを発しているなど、感じ方は人によって異なります。このような痛みは、骨盤が原因になっていることが多いようです。痛みを伴う症状は、1日も早く原因を知って、改善していきましょう。

ここでは、骨盤の痛みの原因などについてご紹介します。

01. 骨盤に痛みが
起こる原因

骨盤の痛みは、特に女性に多く見られる症状です。骨盤の近くには、女性特有の臓器があり、これらに関連して痛みや不快感を引き起こしているケースがあります。また、原因によっては男性にも起こる可能性もあるので注意したいものです。骨盤の痛みが起こる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

1-1.骨盤のずれや開き

骨盤のずれは、長時間同じ姿勢でいることが原因である場合が多く見られます。肥満によるケースもあるようです。これによって、ゆがみが生じてしまい、ずれが大きくなるにつれ、痛みが増してしまう可能性も。骨盤は、仙腸関節によって仙骨と腸骨という骨を支えています。骨盤のずれやゆがみは、この仙腸関節が原因で起こるものです。この部分は大変不安定な部分ですので、ゆがみが発生しやすい部位だといわれています。

骨盤の開きは、出産後の女性のほとんどが経験するもの。出産で開ききった骨盤が、バランス良く閉じることができずに開いている状態です。片側だけ開いている可能性もあります。これによって痛みや腰痛を感じることがあるようです。

1-2.女性器の異常

女性は、骨盤周辺にさまざまな臓器を抱えているものです。子宮・卵巣・卵管・膣(ちつ)などの女性器の近くには、膀胱(ぼうこう)もあって複雑な仕組みになっています。特に女性には月経があり、それに伴って痛みを引き起こしている可能性も考えられるでしょう。

月経や排卵による痛み、月経時以外でも痛みを感じる子宮内膜症、下腹部にしこりを感じる子宮筋腫、おりものや不正出血を伴うクラミジア感染症などがあげられます。骨盤と近い臓器で起こっている疾患は、骨盤に痛みを反映してしまう可能性もあるでしょう。

1-3.虫垂炎や膀胱(ぼうこう)炎

生殖器以外で痛みを引き起こす可能性が考えられるのは、虫垂炎や膀胱(ぼうこう)炎です。骨盤の痛みとともに、下腹部に激痛を感じるので、気づきやすい症状でもあります。虫垂炎の場合には、早期に外科的処置が必要な場合もありますので、早めに受診するように心がけましょう。

1-4.慢性前立腺炎

男性に最近増えてきている疾患として、慢性前立腺炎があります。長期間に、そけい部や下腹部に感じる痛みや不快感、残尿感や頻尿になるなど骨盤の痛み以外にも気になる症状を併発するのが特徴です。