ランナー膝を改善したい! 症状や予防・治療法などについて徹底解析

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

運動不足の解消や健康な体を維持するために、ランニングを日々の生活に取り入れている方が増えています。しかし、ランニング人口の増加に伴い、ランナー膝と呼ばれているスポーツ障害に悩んでいる方も増加しているのです。「ランニングをするたびに膝が痛む」「膝を動かすと音が鳴る」などの症状に悩んでいる方は、ランナー膝になっている可能性があります。ランナー膝は慢性化すると言われているため、早めに改善しなければなりません。そこで、本記事では、ランナー膝の基礎知識・原因・症状・予防や治療方法について説明します。

この記事を読むことで、ランナー膝の知識を身につけ、改善するための方法が分かります。膝に痛みを感じている方や治療法が知りたい方は、ぜひチェックしてください。

01. ランナー膝の基礎知識

ランナー膝とは、一体どのような状態なのでしょうか。メカニズムやなりやすい人・患者数について詳しく説明します。

1-1.どんなものか

ランナーに多く発生するランナー膝は、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)のことです。腸脛靭帯は、太ももの外側にある筋肉で、股関節と膝の関節にまたがる靭帯を指しています。別名・ランナーズニーとも呼ばれており、陸上選手によく起きる慢性的なスポーツ障害です。ランニング中や膝を曲げるときに痛みが走り、なかなか思うように走れなくなってしまいます。痛みの出方は人によってさまざまですが、一般的に膝の外側に痛みが出て、放置すれば慢性化してしまうので早めの改善が大切です。

1-2.メカニズム

ランニングをしたり、歩いたりするときは、膝を伸ばしたり曲げたりする屈伸運動をします。屈伸運動は、膝関節の外側2~3cm上の部分にある大腿骨外側上顆(だいたいこつがいそくじょうか)が前後に移動する仕組みです。その際に、腸脛靭帯と大腿骨外側上顆が摩擦を起こして炎症が発生します。その結果、膝の外側に痛みを感じることになるのです。

1-3.なりやすい人とは

腸脛靭帯のスライドの動きが悪くなるほどに摩擦が生じ、ランナー膝になりやすいと言われています。腸脛靭帯は、前を大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)、後ろを大殿筋(だいでんきん)という筋肉とつながっている太ももの外側にある筋肉です。つまり、これら2つの筋肉が硬い人ほど、腸脛靭帯のスライドの動きが悪くなります。運動不足の人やガニ股・フォームが不安定な人などは要注意です。