O脚を治して美脚を手にいれたい! O脚を改善させる3つのポイント

O脚はどうしても見た目が悪くなってしまうため、コンプレックスに感じている方も多いと思います。「自分は生まれつきO脚だから…」そんな風に諦めてしまっていませんか? しかし、O脚の多くは生活習慣が原因となっているため、普段の姿勢や体の動かし方を見直すことで改善できるのです。そこで、この記事では、0脚を改善させる方法について紹介します。この記事を参考にしてモデルのような美脚を手に入れてください。

O脚とはどんな状態のこと?

O脚とは、太ももからふくらはぎにかけて外側に湾曲し、両膝の間に隙間ができている状態のことです。とくに女性に多く見られ、日頃の生活習慣によって起こります。見た目の問題だけでなく、肩こり・腰痛・膝痛の原因にもなるため、早めの改善が必要です。

1-1.自分がO脚かどうかをチェックするには?

自分がO脚かどうかわからない方は以下の方法でチェックしてみてください。

  1. まっすぐ立ち肩幅の広さで足を開きます。
  2. 左右の足を少しずつ近づけていきます。
  3. 先にくるぶしがつき、膝の間に隙間が空いている場合はO脚の可能性があります。

O脚になってしまう生活習慣とは?

O脚は日頃の生活習慣によって引き起こされます。とくに問題となるのが、立ち方・座り方・歩き方です。以下の中に思い当たることがないかチェックしてみてください。

2-1.0脚になってしまう立ち方とは?

体のバランスを崩すような立ち方をしている方はO脚になりやすい傾向にあります。

例えば、

  • 左右どちらかに体重をかけている
  • 足をクロスして前後どちらかに体重をかけている
  • つま先が内側を向き膝が反っている

というような立ち方です。

このような立ち方は、骨盤のゆがみや股関節の捻じれを生じさせ、O脚を引き起こします。

2-2.こんな座り方はO脚の原因に!

O脚になる人に多く見られるのが『横座り』『アヒル座り』『あぐら』『足を組む』という座り方です。このような座り方をしていると、足の付け根から骨盤が広がりやすくなります。こうしたこともO脚になる原因の一つです。

2-3.歩き方が悪いとO脚になる?

歩く時に左右の足が離れすぎていたり重心が前にきすぎていたりすると横揺れの歩き方になります。こうした歩き方もO脚になる原因の一つです。横揺れの歩き方をしていると、脚の外側に大きな負担がかかり、外側の筋肉が発達します。これによって、外側と内側で筋肉のつき方が変わり、O脚になってしまうのです。

O脚を改善させるにはどうしたらいい?

O脚を改善させるには、正しい生活習慣を身につけることが大切です。日頃から以下のポイントに注意してください。

3-1.O脚を治すには、この立ち方を意識するだけ!

O脚を治すには、普段何気なくしている立ち方を正す必要があります。そこで、O脚を改善させるために身につけるべき立ち方を紹介しましょう。

  • 両足のカカトをつける
  • つま先は正面かやや外側に開く
  • 足の裏全体が地面につくように意識する
  • お尻に力を入れて重心を親指の付け根に移す

このような立ち方を意識することで、O脚を改善することができます。

3-2 .椅子に座る時は膝を閉じるように意識する!

椅子に座る時、両足のカカトをつけて膝を閉じるようにすることで、O脚の改善が期待できます。O脚になっていると膝が開いた状態が自然な姿勢になるため、最初は違和感があるかもしれません。気づくと膝が開いてしまうという場合には、膝の間に紙などを挟み、落とさないように意識するというのもオススメです。

3-3.O脚を改善させる歩き方とは?

O脚を改善させるには普段の歩き方も重要なポイントです。日頃から以下のことを意識して歩いてみてください。

  1. つま先・膝はつねに前を向くようにする
  2. 足を高く上げすぎないように、スッと前に出す
  3. カカトから足裏全体で着地する

足の内側・外側に体重がかからないようにすることがコツです。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、O脚を改善させるための方法について紹介しました。

  1. O脚とはどんな状態のこと?
  2. O脚になってしまう生活習慣とは?
  3. O脚を改善させるにはどうしたらいい?

これらのポイントを押さえて、O脚を治していってください。
まずは、普段の生活でO脚になりやすい体の動かし方をしていないか確認し、少しずつ正しい習慣を身につけていきましょう。