ストレートネックが肩こり・腰痛の原因のときの改善させる3つの方法

ストレートネックが肩こり・腰痛の原因に? 改善させる3つの方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

近年、スマートフォンやパソコンが爆発的に普及し、かつてないほど便利な世の中となりました。しかし、これによって、今まではなかった体の不調に悩まされる方が増えています。その中の一つが、首が真っ直ぐになるストレートネックです。

この記事では、ストレートネックの原因や症状・改善方法について紹介します。ストレートネックが気になっているという方は、この記事を読んで正しい対策をとってください。

01. ストレートネックとは?

ストレートネックとは、その名の通り首が真っ直ぐになっていることを言います。「真っ直ぐなら問題ないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、実は、正常な首の状態は弓のように後方に反った形なのです。

本来、この形がバネの役割をして頭の重さを分散させているのですが、ストレートネックになると、頭の重さが全て首や肩にかかります。これによって、首や肩の筋肉・神経に大きな負担がかかり、さまざまな症状が現れるのです。以下のような症状でお悩みの方は、ストレートネックが原因かもしれません。

  • 肩や首のこり
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 耳鳴り
  • 手のしびれ
  • 自律神経失調症

1-1.ストレートネックかどうかをチェックするには?

自分がストレートネックかどうかは、壁を使って簡単にチェックできます。

  1. 壁を背にして真っ直ぐ立ちます。
  2. カカト・お尻・背中・後頭部と順番につけていきます。

このとき、後頭部が壁につかなかったり後頭部をつけた時に背中が反ったりする場合は、ストレートネックになっていることが考えられます。