夏を乗り切るために! 室内熱中症の原因とその対策を徹底解説

暑い夏がやってくると共に、毎年被害が出ている熱中症。この熱中症ですが、外出のときだけでなく室内でも発生するのをご存じでしょうか。熱中症は症状を知っておかないと死にかかわるケースもあります。

この記事では、熱中症の症状・対策方法をご紹介しましょう。

室内で熱中症になる?

1-1.室内でも熱中症は起こる

熱中症と聞くと、外に出たとき掛かる病気だと思いがちです。しかし、室内でも熱中症になることはあります。最近では屋外だけではなく、屋内で発症する「室内熱中症」が増加中です。過度なエアコン使用を制限することで熱中症になることが多く、部屋の気温・湿度が高くなる上に通気性が悪い環境で発症しやすくなります。

直射日光が当たるリビング・蒸し暑くなるバスルーム・キッチンは熱中症のリスクが高いです。こまめな空気の入れ替えを忘れないようにしましょう。また、高層マンションの上層階では窓が開けられないところもあります。気温と湿度をこまめにチェックして空気調節をしましょう。

1-2.室内熱中症で多い「夜間熱中症」

室内熱中症で特に多いのが「夜間熱中症」気密性が高い住宅では夜でも室温が下がりにくいです。室内気温が上がると共に、睡眠中は汗で体内の水分が多量に失われため熱中症になります。予防策としてはエアコンや扇風機で寝室の気温や湿度を適度に調整するのが大事です。

熱中症の初期症状と重度の症状

熱中症は重症度によってⅠ度(軽度)・Ⅱ度(中等度)・・Ⅲ度(重度)に分けられます。重症度によって症状は異なり、症状が軽い段階では気が付かずどんどん悪化してしまう人も。この項目で初期症状をしっかり知っておきましょう。

2-1.熱失神

熱中症の症状としては軽度。体温が上がり過ぎると血液量を減らそうとします。そのため、一時的に脳への血流が減少することでめまい・立ちくらみ・頭痛・吐き気などが症状として起こるのです。少しでも気分が悪くなったと感じたら日陰で休みましょう。

2-2.熱痙攣(けいれん)

熱中症としては軽度の症状です。炎天下で運動をしたときなど、大量の発汗により体内のナトリウムが失われます。血液中のナトリウム濃度が下がると筋肉が収縮を始め、手足のひきつけや筋肉痛・こむら返りなどが起こるのです。

2-3.熱疲労

熱中症として中度の症状。体内水分が減少して体液・血液量が不足すると脈拍や血圧が低下。そのままの状態が続くと強い疲労感・倦怠(けんたい)感・吐き気につながります。適切な処置が遅れるとより重い熱射病になってしまう危険な状態です。

2-4.熱射病

熱中症として重度の症状。脱水症状が進行した最も症状が重い状態。体温の調節機能ができなくなり体温が40℃を超えます。ひきつけ・意識障害・多臓器不全につながり死に至るケースもあるためすぐに病院へ運ぶ必要がある状態です。

室内で熱中症になりやすい環境・状況とは?

室内でも油断していると熱中症を起こしやすくなります。どのような環境や状況で室内熱中症になりやすくなるのでしょうか。

3-1.温度が高い

節電対策のため、多くのオフィスではクーラーを28度に設定しています。熱中症は温度が28度以上になると発症しやすくなるため、仕事中に熱中症の症状を訴える人が増えているようです。「節電のためにあまりクーラーを使いたくない」と思う人も多いようですが、節電に気を取られて熱中症になってしまっては大変でしょう。室内の温度を下げるための手段はクーラーだけではありません。「扇風機を使う」「部屋の窓を開けて風通しをよくする」など、工夫するようにしましょう。

3-2.湿度が高い

夏でも気温が低い日は熱中症への警戒が薄れがちです。しかし、実は気温が22度前後の日でも、熱中症患者が出ているということをご存じでしょうか。その理由は、湿度にあります。気温が低くても湿度が高い日は、熱中症になりやすいのです。湿度が低い日は、汗をかいてもすぐに乾きます。ところが、湿度が高いと汗をかいても乾きにくく、熱が体にこもりやすくなるのです。

体温が下がらず体に熱がこもると、熱中症になりやすくなります。これからの季節は、温度だけでなく湿度もチェックして、熱中症対策を考えていかなければならないでしょう。特に、梅雨あけは湿度が高く、気温が急に上がりやすいため、普段より注意が必要です。

3-3.風が弱く日差しが強い

風通しが悪く、日差しが入りやすい室内にいると、熱中症を起こしやすくなります。「窓を開けても風が入ってこない」「日差しが強くて室内にいても浴びてしまう」という状況では、注意が必要でしょう。クーラーの設定温度を下げる、日差しの当たらない部屋へ移動するなど、対策を考えてください。

3-4.熱中症になりやすい人の特徴を知る

同じ状況下にいても、熱中症になる人とならない人がいます。どんな人が熱中症になりやすいのかを知り、自分に当てはまるようならより注意してこれからの季節を過ごすようにしましょう。たとえば、体調が悪いときは体温調節機能が低下して熱中症になりやすくなります。風邪を引いたあとや睡眠不足のときは注意が必要です。また、肥満の人や暑さに慣れていない人、我慢強い人なども「熱中症になりやすい」と思ってください。そうでない人に比べて、しっかりと熱中症対策をする必要があるでしょう。

室内での熱中症予防策

熱中症はただ体温が上がる症状ではありません。しっかりと予防し、掛からないように事前対策をする必要があります。

4-1.こまめに水分補給する

屋外で起こる熱中症同様、室内でもこまめな水分補給によって熱中症を予防することが可能です。水分補給には食塩水やイオン飲料を選ぶようにしましょう。お茶やアルコールには利尿作用があり、体内の水分を体外に出してしまいます。また、汗には塩分も多く含まれているため、水だけでは熱中症の予防にはならないでしょう。水分と塩分を両方補給できる飲料を用意しておくことをおすすめします。

4-2.体調を整えておく

体調が悪いと、どうしても熱中症になりやすくなります。普段から体調不良を予防するために、睡眠不足にならないように気をつけておきましょう。栄養バランスに優れた食事を心がけることも大切です。風邪を引いたりして体調が悪いときは、普段より室内の温度や湿度に注意するようにしてください。

4-3.栄養バランスのよい食生活を心がける

暑い季節は食欲がなくなって手軽な麺類ばかり食べる傾向があるでしょう。しかし、偏った食生活は内臓や脳の働きを不調に招いて気温変化に対応しづらい状態に。麺類だけでなく野菜・フルーツ・肉・魚を食事の中に取り入れましょう。バランスのよい食事を心がけると、熱中症予防に大切な水分・ミネラルなどを自然に補給することにつながります。

4-4.通気のよい服を選ぶ

暑い時期は外からの熱吸収を抑え、体の熱をスムーズに逃がす洋服を選びましょう。吸水性・通気性が高い綿や麻素材の服がおススメです。色は熱の吸収率が低い白や淡い色合いのものにしましょう。

また、速乾性にすぐれた衣類が多く販売されています。服を選ぶときは、熱がこもらないようなデザインを選びましょう。インナーを着ると暑くなると思いがちですが着たほうが涼感はアップします。肌とインナー、インナーとアウターの間にできる空気層が外からの熱気を遮断することができるのです。

アウターを素肌の上に直接着ると汗で張りつき空気層がなくなります。インナーを選ぶときも吸水性や通気性のよい素材を選びましょう。

4-5.火照ったときは体を冷やす

が火照ったと感じたときはクールダウンを試みます。

  • 首のけい動脈(首の両脇)
  • わき下動脈(わきの下)
  • 股関節

以上の部分にアイシング剤を当てて冷やすのが効果的。首やわき下には太い血管が通っているため、冷やされた血液が全身をめぐり体の火照りを鎮めます。アイシング剤が無くても冷蔵庫で冷やしたタオル・ハンカチで大丈夫です。

4-6.カーテン・ブラインド・すだれで日光を遮る

日当たりがよいリビングやオフィスは室温が上がりやすいです。きちんとカーテンやブラインドで直射日光を遮るようにしましょう。ほかにも、日本で古くから使われているすだれ・よしずも効果的です。日差しをカットしつつ風は通す優れもの。よしずならば、軒下やベランダに立てかけるだけなので取りつける手間もありません。

4-7.エアコンの設定温度を決める

エアコンの設定温度は26~27℃を目安にして室温を一定に保ちます。室温が低くなり過ぎると体内の熱を発散する力が弱くなるので24℃は下回らないようにしましょう。また、冷風が直接当たるとだるさ・疲労を感じやすくなります。体に当たらないように風向きを調節しましょう。

4-8.キッチン・バスルーム・トイレはこまめに換気する

直射日光を浴びなくても高温多湿の環境では熱中症になりやすいです。バスルーム・トイレなど締め切った個室は換気を心がけましょう。また、キッチンで調理すると室温が高くなるため換気扇を回して空気循環をよくしておきます。

4-9.軽い運動で暑さに対応できる体作りをする

は急激な温度変化に対応できず体温調節がうまくいきません。暑さに対応するため日ごろからウォーキング・ランニングなど適度な運動をしましょう。体温の発汗機能を高めることで、暑さに適応しやすい体になるだけでなく元気に夏を乗り切ることができます。 

まとめ

いかがでしたか? この記事では室内熱中症の症状とその対策に関する情報を掲載しました。さいごに、大事なポイントをまとめておきましょう。

  • 室内でも熱中症は起きる。
  • 熱中症は軽度の症状で対応する。
  • 対応できないと、死に至る場合もある。
  • 普段から熱中症に対する予防を考える。

現代では熱中症になる人が絶えない時代となっています。こまめに水分補給することも大事ですが、換気やエアコンの空位調整などしっかりと空気調整を行いましょう。