不眠を解消するために知っておくべき3つのポイント

眠れない方必見! 不眠を解消するために知っておくべき3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

不眠は現代社会においてポピュラーな症状の一つとなっており、日本においては5人に1人が「寝つきが悪い」「熟睡できない」などの症状を訴えています。不眠は体に悪影響を与えたり日中の眠気から事故を招いたりする危険もあるため、早めに対策をとらなくてはいけません。そこで、この記事では、不眠解消に役立つ情報を紹介します。「最近、思うように眠れない」とお悩みの方は、この記事を読んで不眠対策に取り組んでください。

01. 不眠の症状にはどのようなものがある?

不眠とは「寝たい」と思っているにもかかわらず思い通りに眠れない症状のことです。不眠の症状は、大きく分けて以下の4つに分類されます。これらの症状が慢性化したものが不眠症です。

  • 入眠障害:寝つきが悪く、ベッドに入ってから30分以上経っても眠れない。
  • 中途覚醒:夜中に目が覚め、一度起きるとなかなか眠れない。
  • 早期覚醒:起床しようと思っている時刻より何時間も早く目が覚める。
  • 熟眠感欠如:時間的にはたっぷり眠っているはずなのに、眠った感じがしない。