過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群とはどんな病気? その原因や治し方を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

過敏性腸症候群とは、特に内臓には異常がないのに便秘・下痢・腹部の不快感などが続く症状のことを指します。性別に関係なく発症し、異常がないため決定的な治療法もなく、長年苦しんでいる方も多い病気です。

そこで今回は、過敏性腸症候群の主な原因や治し方の一例をご紹介しましょう。

自分は過敏性腸症候群ではないかと思っている方や、今現在過敏性腸症候群で悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 過敏性腸症候群とは?

はじめに、過敏性腸症候群の主な原因や症状などについてご紹介します。いったいどのような症状なのでしょうか?

1-1.過敏性腸症候群の症状は?

過敏性腸症候群の主な症状は、

  • 激しい下痢
  • 頑固な便秘
  • 常に腹部が不快
  • 便秘と下痢を交互に繰り返す
  • ガスがたまっている感じがしてお腹が張って苦しい

といったものです。中には、電車やバスなどすぐにトイレに行けない状態になったとたんに激しい便意が起こるという方もいます。

このような症状が長く続くと、日常生活に支障をきたすことも多いのです。また、下剤や下痢止めを使いすぎると腸そのものが弱ってしまいます。

1-2.過敏性腸症候群と他の内臓疾患との違い

前述した過敏性腸症候群の症状は、強いストレスがかかっているときに起きやすいという特徴があります。例えば、社会人ならば通勤途中に発症しやすいのです。

逆に、休日には全く症状が起きないというケースもあります。通常の内臓疾患であれば、このようなことはまず起きません。原因を取り除かない限り、痛みや下痢・便秘などが起こり続けます。

1-3.過敏性腸症候群の主な原因

過敏性腸症候群の主な原因は、ストレスです。腸は第二の脳といわれるくらいストレスの影響を受けやすい器官。そのため、ストレスの影響が便秘や下痢などの症状となって表れやすいのです。

その分治療も難しく、人によっては心療内科や精神科と内科の両方に通いながら治療を続けている方もいます。

1-4.過敏性腸症候群の種類

過敏性腸症候群には、

  • 下痢が続く下痢型
  • 便秘が続く便秘型
  • 便秘と下痢が交互にやってくる交換型
  • 腹部に膨満感を覚えやすいガス型

などの種類があります。男性は下痢型が多く、女性は便秘型が多いのが特徴です。

また、10代以下で発症した場合は腹部が張ったような気がしておならが多くなるガス型の患者が多い傾向にあります。

1-5.過敏性腸症候群になりやすい人とは?

過敏性腸症候群は失敗を恐れ、常に完ぺきを求めたがる真面目な人に発症しやすいといわれています。また、責任感が強く言われたことを必ずやりとげる人や我慢強い人も発症しやすいのです。このような人は、ストレスを感じても弱音をはけません。完ぺき主義者の方は、理想と現実のギャップにストレスを感じやすいのです。

この他、受験や転勤・昇進・職場の異動などをきっかけに発症することもあります。