喉のかゆみの対処方法・治療法を徹底解説!

喉がかゆいのは何が原因?かゆみの対処方法・治療法を徹底解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「喉がかゆくて気になる」「せきが出そうな感じがいつもする」など、喉がかゆいと不快ですよね?いつも喉が気になって、集中力が落ちてしまいます。不快な症状はできるだけ早くスッキリしたいものです。そこで、今回は、喉がかゆい原因を探り、対処方法・治療法を徹底解説しましょう。スッキリした喉を手に入れるためにも、役に立ちますよ。

この記事を読むことで、喉のかゆみの原因がわかり、適切な対応ができるようになります。根本的に治療をすることで、不快な症状を治してしまいましょう。そのためにも、内容をひとつずつ理解しながら読み進めてください。

喉のかゆみとは

最初に、喉のかゆみとはどんな症状か学びましょう。併せて、喉のメカニズムや働きについても理解してください。

1-1.喉のかゆみとはどんな症状?

喉のかゆみは、以下のような症状を示すことが多くなります。

  • 喉に違和感がある
  • 喉が乾燥する
  • 喉がイガイガする
  • せき払い・せきを何回もしたくなる
  • せきが出そうな感覚がある

1-2.喉のメカニズムや働きを理解しよう

喉には、以下の3つの働きがあります。

  • 消化機能:食べものや飲みものを飲み込み胃に届ける
  • 呼吸機能:鼻や口から入った空気を肺に送り込む
  • 免疫機能:鼻や口から入り込んだ異物・雑菌・ウイルスを食い止め、痰(たん)として排出する

また、喉には肺に異物が入るのを阻止し、誤嚥(ごえん)を防ぐ機能もあります。喉は、口・あご・首周辺の筋肉や組織と連動し、生命活動維持に必要なメカニズムを持っているのです。

喉のかゆみの原因は何?

喉のかゆみはどんな原因で起きるのでしょうか。また、かゆくなりやすい人や時期についても解説します。

2-1.喉のかゆみの主な原因は?

喉のかゆみの主な原因には、以下のようなものがあります。自己判断では区別が難しいものです。

  • 特定物資に対するアレルギー(花粉症を含む)
  • 細菌・ウイルス感染
  • 咽喉頭(いんこうとう)異常感症

2-2.喉がかゆくなりやすい人・時期について

以下の人は喉がかゆくなりやすいので注意しましょう。

  • アレルギーがある
  • 風邪(かぜ)をひきやすい
  • 空気が乾燥した場所で過ごすことが多い
  • 飲酒や喫煙の習慣がある
  • 神経質である
  • 刺激の強い食べものを好む
  • 更年期(女性に多い)
  • 高齢者

また、喉のかゆみは、空気が乾燥しやすい時期に出やすくなります。空気が乾燥すると喉の免疫機能が落ちてしまうからです。また、アレルギーの中でも花粉症によるものは、花粉が多く飛ぶ時期になるとかゆみが強くなります。

喉のかゆみと病気の関連を学ぼう

喉がかゆいときは、病気の症状である可能性もあります。考えられる病気の種類や、併発症状・放置したらどうなるかなど詳しく学びましょう。

3-1.喉のかゆみで考えられる病気とは

以下のような病気になると、喉のかゆみが症状のひとつとして表れることがあります。

  • 風邪(かぜ)
  • インフルエンザ
  • 花粉症
  • 口腔(こうくう)アレルギー
  • 食物アレルギー
  • 咽頭(いんとう)炎
  • 血管運動性鼻炎
  • 咽頭(いんとう)がん
  • 嚥下(えんげ)障害

3-2.喉のかゆみの併発症状

喉のかゆみの併発症状としては、以下のようなものがあります。

  • 喉の痛み
  • 喉の腫れ
  • 喉の渇き
  • 鼻汁が出る
  • 声のかすれ
  • 発熱
  • 呼吸困難

3-3.喉のかゆみを放置するとどうなる?                     

喉のかゆみは、軽く見てはいけません。一時的なものであれば、すぐに治まります。しかし、何回も繰り返し症状が出るものは、時間が経過すると悪化しやすいものです。症状が悪化したときには、治療が困難になり、回復不能となることもあるので気を付けましょう。喉のかゆみを自覚したときは、注意深く症状を観察し、早めに医療機関を受診してください。

3-4.喉のかゆみと病気の注意点

喉のかゆみが出たとき、自己判断で病名を決めつけるのはいけません。必ず、医師の診断を受けてください。適切な治療を早期に開始することが大切です。喉のかゆみで考えられる病気の中には、咽頭がんなど早期治療が命をつなぐカギになるものもあります。「違和感を覚えたときに受診すれば助かったのに」などと後悔しないためにも、早めに受診してください。

喉のかゆみの対処方法を解説

喉のかゆみの対処方法を原因別に解説します。また、市販薬の知識や、やってはいけないことも理解しておきましょう。

4-1.アレルギー性のかゆみの場合

アレルギー性のかゆみの場合は、アレルゲンを除去することが大切です。まずは、どんなアレルギーを持っているのか検査してください。意識してアレルゲンを除去することで、喉のかゆみに悩むことが少なくなります。なお、アレルギーの治療も根気よく行ってください。

4-2.ウイルス性のかゆみの場合

ウイルス性のかゆみの場合は、以下の対策をしましょう。喉の粘膜を保護し、潤すことが大切です喉の保護も大切ですが、栄養バランスのいい食事と十分な睡眠など、ウイルスへの抵抗力を付けることにも気を配ってください。

  • うがいをする
  • 外出時にマスクをする
  • 加湿器を使用する
  • 入浴のときに湯船につかる
  • 水をこまめに飲んで水分補給する
  • 十分な睡眠を取る
  • 栄養バランスのいい食事を摂(と)る(タンパク質・ビタミンを多めに)
  • ストレスを溜(た)め過ぎないようにする

4-3.うがい・マスクなどの対策をしよう                         

普段からうがいをする・マスクを着用するなど、喉を保護しましょう。室内でも、乾燥がひどいところでは加湿に努めるだけでは十分とは言えません。喉のかゆみが気になる人は、常に気を付けることが必要です。アレルギー性のものであれ、ウイルス性のものであれ、喉の粘膜がいつも潤い、清潔な状態であることはかゆみ予防に大きな効果があります。

4-4.喉のかゆみの市販薬について

市販薬の中には、喉のかゆみを抑えるためのものもあります。スプレー式のタイプや、長い綿棒で直接塗るタイプ・飲み薬などさまざまです。外出先で一時的に使うものであっても、購入時には薬剤師に相談してください。市販薬でも、体質に合わないものを使うとかゆみに効果が出ないだけでなく、痛みや腫れ・発熱などの副作用が出ることがあります。

4-5.喉がかゆいときにやってはいけないことや注意点

喉がかゆいときに、無理をしてせき払いをしないようにしましょう。喉の粘膜が荒れて、余計にかゆくなったり、ヒリヒリとした痛みを感じたりする原因になります。また、喉の不調に効果がある飴(あめ)やトローチも、なめ過ぎは禁物です。かゆいと感じたときでも、できるだけ刺激を与えないようにして、様子を見てください。

喉のかゆみの治療法について

喉のかゆみで受診すべき症状について学びましょう。また、主な治療方法や注意点についても解説します。

5-1.喉のかゆみで受診すべき症状とは

喉のかゆみが長期化していたり併発症状があったりして時間を追うごとに重症化するときは受診してください。単なる喉のかゆみではなく、病気が隠れている可能性があります。また、アレルギー症状の場合は、「アナフィラキシーショック」により呼吸困難・血圧低下など、危険な状態になることがあるので気を付けてください。

5-2.喉のかゆみの主な治療方法

まず、根本的な原因を探ります。アレルギー性・ウイルス性・ほかの原因、いずれなのかを判断することで適切な治療ができるからです。一般的には、かゆみに対する対症療法と体質改善・病気治療を並行して進めます。風邪(かぜ)と思っていても、何らかのアレルギーを持っていることもあるでしょう。また、ほかの病気が隠れていることもあります。医療機関を受診することには、大きな意味があるのです。

5-3.喉のかゆみの治療方法にかんする注意点

喉のかゆみの治療方法を続けていても、効果を見ることができないときはほかに原因があることが考えられます。また、病院での治療が適切であっても、普段の生活を改善できていなければ意味がありません。生活習慣を改めて見直し、喉に負担がかかることを排除してください。

喉がかゆいことにかんするよくある質問

最後に、喉がかゆいことにかんするよくある質問に回答します。不安や疑問を解決するためにも、それぞれ確認しておいてください。

6-1.喉がかゆいとき、つばを飲み込むと治る気がするのですが

確かに、つばを飲み込む動作でかゆい部分を刺激できるものです。一時的なものなら、すぐに治まるでしょう。しかし、何度もつばを飲み込む動作をすると、喉の粘膜が荒れたり喉周辺の筋肉に大きな負担となったります。喉のかゆみから炎症を引き起こし、痛みや腫れなどが出てくる原因にもなるのでやめましょう。軽くうがいをしてみるとかゆみが治まることもあるので試してみてください。

6-2.喉がかゆくて気になって仕方がないときは?

喉のかゆみを気にしなくていい、と言っても気になってしまうことでしょう。まずは、適切な治療を受けてかゆみを減らすことが第一です。かゆみがあるうちは気になるものだ、と開き直ることも有効な対策と言えます。ほかのことに集中していれば、喉のかゆみが気にならないものです。気になって仕方がないときは、ほかに興味をそらすようにしましょう。

6-3.緊張すると喉がかゆくなる気がするのですが?

喉のかゆみの原因として、ストレスもあります。緊張すると、喉のかゆみが出る人がいるのもストレスのせいでしょう。まずは、ゆっくりと深呼吸をしたり、水を飲んだりして落ち着きましょう。焦ると逆効果なので気持ちをリラックスすることが大切です。事前に緊張することが予測できる場合は、何度も頭の中でシミュレーションをしておくといいでしょう。

6-4.喉がかゆいときとかゆくないときを繰り返すのはなぜ?

喉がかゆいときの状況を注意深く観察してみてください。かゆみが出るときに何をしたかが大きなカギとなるからです。また、体調によってもかゆみが強く出やすいこともあります。どんなときにかゆみが出やすいかがわかれば、事前に対策できるようになるでしょう。また、適切な治療も受けやすくなります。

6-5.朝起きると喉がかゆいの場合の対策は?

室内が乾燥していることが原因です。まずは、寝室の加湿対策をしましょう。また、ハウスダストやダニにも気を付けてください。アレルゲン検査を受けて、アレルギーがあるか確認しておきましょう。また、寝るときにマスクを濡(ぬ)らしてよくしぼったものを「濡(ぬ)れマスク」にして装着すると改善することがあります。

まとめ

今回は、喉のかゆみについて詳しくまとめました。まずは、どんな原因で症状が出ているのかを正しく突き止めることが必要です。そのためにも、自己判断で原因を特定しないで、医師の診断を受けましょう。喉のかゆみと同時に併発症状が出てきたときには、特に注意してください。アレルギーが原因の場合は、重症になると命にかかわることがあります。しかし、早期に適切な治療と生活習慣の改善を続ければ、不快な症状も軽減するはずです。一刻も早く喉のかゆみを治して、スッキリしましょう。