関節のこわばりはどんな症状? 治療法・セルフケア・予防策をご紹介

関節のこわばりを解消するには? 治療法・セルフケア・予防策を紹介

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「手足の関節が硬くなっているような気がする」「関節が腫れぼったくて動かしにくい」など、関節のこわばりは長く続くほど、不安な気持ちになるでしょう。関節のこわばりはさまざまな原因が考えられ、病気が関係している場合もあります。症状をそのまま放置していると、関節がまったく動かなくなる危険もあるのです。最悪な状態にならないためにも、原因を把握して対処しなければなりません。そこで、本記事では、関節のこわばりの基礎知識や原因と考えられる病気・治療法・セルフケア・予防などについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、関節のこわばりを解消するために必要な知識を身につけることができます。現在、悩んでいる方はぜひチェックしてください。

01. 関節のこわばりについて

関節のこわばりを解消するためには、基礎知識を身につける必要があります。関節とは何なのか、こわばりの症状などチェックしておきましょう。

1-1.関節とは?

関節は、骨と骨が連結する部分にあります。関節を軸としているからこそ、骨を動かすことができるのです。つまり、関節が軸として機能しなくなれば、骨は動きません。関節の働きは、骨の動きにつながる大切な部分なのです。人の体には、およそ68個もの関節があるといわれています。歩く・走る・座る・ものをつかむなど、日常生活で行う動作すべてに関節が関係しているのです。

1-2.関節のこわばりとは

腫れぼったく動かしにくい・手足の関節が硬くなった感じがするなど、違和感のある状態が「関節のこわばり」です。普段よりも関節の動きが悪くなり、普通に歩くことができない・関節を曲げると痛みが走る・ものを上手につかめないなどの症状が現れます。症状が出るタイミングは人によって異なりますが、こわばりが強くなるにつれ激しい痛みや腫れを伴うことが多い傾向があるのです。