マラソンが原因の膝痛

マラソンが原因の膝痛で悩む方必見! 対策・予防方法は?

主にマラソン初心者に多くみられるのが「膝の痛み」です。始めたばかりの頃はまだ長距離に慣れておらず、膝に負担がかかってしまうもの。膝の痛みを乗り越えることができればマラソンを楽しむことができるでしょう。そこで無理に膝を動かしてしまうと逆効果になってしまうので要注意です。また、マラソンを続けている人でも膝の痛みが発生するときがあります。

膝の痛みが出てきた場合、どうやって対策をたてていけばよいのでしょうか。マラソンで膝痛を引き起こしたときの対策についてピックアップしていきます。

マラソンの際は
膝サポーターをつける

膝の痛みを和らげてくれる働きをもっている膝サポーターはオススメです。膝の負担を減らし、ランニング中でも外部からくるブレを防ぐことができるでしょう。ドラッグストアやスポーツ用品店で販売されています。比較的安い値段で発売されていますが、しっかり膝の周辺を固定してくれるタイプのサポーターを選んでください。お店にいくと実際に試着することができます。自分にあったサポーターを選び、活用していきましょう。

また、最近ではランナー用に膝を全体的にサポートしてくれるアイテムも登場しています。そのなかでも「ランニングタイツ」はオススメです。ランナーのなかにはランニングタイツを愛用している人も多く、利用する方が増えてきています。どのようなタイプのものがあるのか調べてみるとよいでしょう。

衝撃吸収効果のある
シューズを履く

ランニングシューズはマラソンにとってとても大切なものとなります。自分の足にあっていないシューズを履いてしまうと変なところに負担がかかってしまい、からだの歪みを発生させてしまうこともあるのです。走るときは必ずランニング用につくられているシューズを使ってください。初心者で多いのが、スニーカーで走ることです。また、初心者がいきなり中・上級者向きのランニングシューズを履いても意味がありません。

まずは初心者用に作られているシューズを選び、そのシューズを履いて走ってください。衝撃を吸収してくれるクッション性の高いランニングシューズがオススメです。自分でどのようなシューズがいいのか分からない場合は、スポーツ専門店の人に相談しながら選んでいくと良いかもしれませんね。

ウォーミングアップ・
クールダウンを忘れずに!

マラソンをする前にウォーミングアップをしていますか? また、マラソンし終わったときもクールダウンをしているでしょうか。ウォーミングアップやクールダウンをすると膝の痛みを和らげることができると同時に怪我の防止にもなるので必ずおこなってください。とくにクールダウンはとても大切なことです。膝にかかってしまった負担を取り除くことができ、老廃物や毒素を排出してくれる作用があります。

下半身を鍛える
トレーニングをする

そして、下半身を鍛える・トレーニングすることも膝痛の対策のひとつです。トレーニングをすることで膝まわりの筋肉を鍛え、膝にかかる衝撃を吸収してくれます。最初は軽いトレーニングから始めてください。徐々にレベルアップしていけばランニングで与えてしまう衝撃を筋肉でやわらげることができるでしょう。

マラソンのよる膝痛対策
まとめ

いかがでしたか? 今回はマラソンによる膝痛対策について紹介しました。マラソンで膝痛になったときの対策は主に3つあります。

  • 膝サポーターをつける
  • ランニングシューズをクッション性の高いものに変える
  • 膝を鍛える

初心者はできるだけ無理をせずに気軽にできることから始めていきましょう。もし、マラソンで膝痛になったときはどれかの方法をぜひ試してみてください。きっと痛みをやわらげることができると思います。

1日わずか72円! 安心の国産グルコサミン!

やわたの国産グルコサミンは、立つ・歩く・座るといった普段の生活を快適にしたい方のためのサプリメントです。俳優の船越英一郎さんや歌手の木の実ナナさんなど、芸能人の愛用者も多数!

グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸をたっぷり配合しており、加齢と共に減少するクッション成分を補うのに最適なサプリメントです。

満足度87%「やわたの国産グルコサミン」について詳しく見る