ランニングによる膝痛を改善する方法

ランニングによる膝痛を改善する4つの方法。痛みの原因はコレだった!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「ランニングによる膝の痛みに悩んでいる」「膝痛を予防する方法を知りたい」というあなたに、ぜひ知ってもらいたい情報があります。ランニングブームと言われている今、膝の痛みを抱えている人はたくさんいるでしょう。そして、その誰もが痛みを改善する方法を探しているのです。膝痛を改善するためには、自分に合った治療法を見つけるのが一番でしょう。

接骨院での治療を始め、サポーターやテーピング、サプリメントなど、自宅で手軽にできる対処法についてもご紹介したいと思います。

01. ランニングによる膝痛
その症状は?

ランニングをして膝を痛めた場合、その症状はさまざまです。ランニングによる膝痛は「ランナー膝」と呼ばれることが多くなっています。その症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.膝外側の痛み

ランナー膝の中でも最も多いのが、太ももを覆っている腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が炎症を起こすものです。「腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)炎」という診断名がつくことになるでしょう。主な症状は、ランニング時に起こる膝外側の痛みです。走っているときや走り終えたあと、患部を指で押したときなどに痛みを感じることが多いでしょう。症状が進行してくると、膝の曲げ伸ばしが困難になり、膝を伸ばしたまま歩くといった状態になることもあります。特に、走行中に足の外側で体重を受けるクセのある人は要注意です。

1-2.膝内側の痛みと違和感 

「鵞足(がそく)炎」と言い、膝関節の内側に集まっている筋肉に炎症が起こることもあります。膝の内側から股下にかけて痛みが発生することになるでしょう。また、膝を屈伸した際にコリコリとした違和感があるのが特徴です。原因は、過度にストレスを受けた筋肉が硬くなることにあります。安静にしていれば一時的に痛みが引きますが、運動によって再び痛みが出てくるでしょう。

1-3.膝の皿からすねにかけての痛み 

太もも前面の筋肉に負担がかかると、膝の皿部分に炎症が起こります。この症状を「膝蓋腱(しつがいけん)炎」と言い、運動開始時に痛みがあり、ウォーミングアップをしていると徐々に痛みが和らいでくるケースが多いでしょう。ほとんどの場合、レントゲンなどで異常が見つかることはありません。