重いものを持つ際に腰痛にならない方法

日常生活の腰痛対策! 重いものを持つ際に腰痛にならない方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

腰痛に悩んでいる人の多くは“重いものを持つ”という行動に不安や心配をかかえています。腰痛に負担をかけないように生活するために、重いものが持てないという方も多いのではないでしょうか?実は、腰痛に悩んでいても工夫と注意をしっかりすれば、腰への影響を最小限に抑えて重いものを運ぶことができるのです。

腰痛に悩んでいる人のために、重いものを持つ際に腰痛にならない方法についてご紹介しましょう。

01. 重いものを持つことでなる腰痛とは?

1-1. 持病が原因になることも

重いものを持つこことで腰に負担をかけてしまうのは腰痛の原因になります。

しかし、通常は重いものを持っただけでは腰痛になることはありません。

重いものを持つことで腰痛になってしまう理由は、腰椎や椎間板に何かしらの異常がある場合がほとんどです。

例えば、慢性腰痛や椎間板ヘルニアなどの持病を持っている場合には、“重いものを持つことを避ける”“持ち方を工夫する”などの方法で回避することができます。

1-2. 急性腰痛には要注意!

急性腰痛は、いわゆる“ぎっくり腰”です。

これは重いものを持ち上げることを原因とした腰の捻挫で、急激な強い痛みによって“その場で動けなくなってしまう”“痛みで歩くことも困難になる”など日常生活に大きな影響のある症状が現れます。

一般的な症状であれば2~3日間安静にしていれば症状は改善するのですが、急性腰痛は癖になりやすい特徴あるので注意が必要です。

急性腰痛は腰に持病がある場合に現れやすい症状ですが、日常生活で少しだけ気を使うだけでも予防することができます。

1-3. 腰痛になりやすい行動とは?

“中腰から立ち上がる”“腰をひねる”などの行動は腰痛になりやすい行動です。

腰痛ではさらに“負荷”も大きな原因になり、“負荷のかかった状態で中腰から立ち上がる”“負荷のかかった状態で腰をひねる”などの行動は非常に腰痛になりやすい行動です。

このことを考えると“重いものを持つ”“重いものを運ぶ”などは腰痛になりやすい行動といえるでしょう。

腰痛の持病やぎっくり腰の経験があるという場合には、注意してものを持ち運びするよう意識することが必要です。