妊娠中の腰痛の改善・対策方法

妊娠中の腰痛を改善するには? 知っておきたい3つの対策方法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

妊娠中、多くの女性が悩まされる症状の一つが腰痛です。これまで腰痛とは無縁だった方が妊娠をきっかけに腰痛になることも多いでしょう。腰痛が原因で動くのが億劫になり、運動不足がさらに症状を悪化させる……という悪循環に陥っている方も少なくありません。そこで、この記事では、妊娠中の腰痛対策について紹介します。この記事を読むことで、つらい腰痛を和らげることができ、快適に出産準備を進めていくことができるでしょう。

01. 妊娠中に腰痛になるのはなぜ?

妊娠をすると女性の体にはさまざまな変化が起こります。妊娠中の腰痛は、こうした体の変化が原因です。具体的にどのようなものがあるのか? 一つずつ見ていきましょう。

1-1.ホルモンの影響で腰痛になる?

妊娠中の腰痛には、リラキシンと呼ばれるホルモンの働きが影響しています。リラキシンとは、骨盤の関節を形成する結合組織や靭帯を緩め、赤ちゃんが骨盤の中を通りやすくするホルモンです。リラキシンの働きによって骨盤が緩むことで、その周辺の筋肉や関節に負荷がかかり、腰痛が起こります。

1-2.姿勢の変化によって腰に負担がかかる

妊娠による姿勢の変化も腰痛を引き起こす要因の一つです。妊娠してお腹が大きなると、徐々に重心が前に移り、骨盤が前方に傾きます。すると、バランスを保つために背中が常に反った姿勢となるのです。これによって背中や腰に大きな負荷がかかり、痛みが現れます。

1-3.精神的なストレスも腰痛に影響している?

妊娠中は精神的に不安定になりやすく、こうしたストレスも腰痛の原因です。ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、筋肉が緊張した状態となり、血行が悪くなります。その結果、老廃物や疲労物質がスムーズに排出できず、痛みやコリが起こるのです。