低血糖を改善したい! 主な症状や原因・治療法などについて徹底解析

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

低血糖は、糖尿病患者に多い症状です。健康体の場合、空腹時は80~110未満・ピーク時(食後45~60分)は140mg/dl以上になることはありません。しかし、低血糖の方は、血糖値が60mg/dl以下と低い数値を示します。低血糖は体からの危険信号として、手足の震えや動悸(どうき)などが現れるのです。放置すれば、意識障害や昏睡(こんすい)状態に陥る危険があるため、早めに対処しなければなりません。本記事では、低血糖の基礎知識や症状・原因・セルフチェック・対処法・治療について説明します。

この記事を読むことで、低血糖に関する知識を身につけ、正しい方法で対処することができます。治療したい方はぜひ参考にしてください。

01. 低血糖の基礎知識

低血糖を改善するためには、どのような病気か把握しておかなければなりません。原因やなりやすい人・患者数、子どもの場合、恐ろしさ、関連する病気について説明します。

1-1.どんな病気か

低血糖は、血糖値が50mg/dl以内になり、脳などの中枢神経がエネルギー(糖)不足に陥っている状態のことです。一般的に、血糖値が70mg/dlになると、人の体は血糖値を上げようとする働きを持っています。しかし、その機能が正常に作動せずに、低血糖状態になるのです。人によっては、血糖値が70mg/dl以下になっても症状が現れない方もいるので、注意しておかなければなりません。

1-2.原因について

低血糖の原因は、外因性と内因性の2つがあります。外因性としては、抗不整脈薬やインスリン注射、空腹時のアルコール摂取などです。糖尿病患者でインスリン投与を受けている方は、低血糖を起こしやすいといわれており、糖質の少ない食事や激しい運動をすることで血糖値が下がります。
内因性としては、長時間の過剰な糖質摂取によって、インスリン分泌のコントロール機能が低下することです。胃下垂の人やインスリン感受性の高い人などに多い傾向があります。

1-3.なりやすい人・患者数

低血糖になる人の多くは、糖質の多い食生活が原因となっています。また、たんぱく質を燃やしてエネルギーをつくることが得意な人は、糖の燃焼速度が速いため、低血糖になりやすいといわれているのです。不規則な食生活を送っている・血糖のコントロールができない人ほど、なりやすい傾向があります。また、低血糖の患者数は明らかになっていませんが、糖尿病と密接に関係していることから、今後も増え続けると考えられているのです。

1-4.子どもについて

低血糖は、大人より子どものほうが発症しやすいといわれています。なぜなら、糖分の過剰摂取や食事量の少なさ・ビタミン不足・ストレスが主な原因で、現代の環境が強く関係しているからです。食生活の欧米化やゲーム機の発達・進展による運動不足が深刻化しているため、今後も、子どもの低血糖が増えるでしょう。

1-5.低血糖の恐ろしさ

低血糖は軽い症状と思われがちですが、とても怖い病気です。ブドウ糖が摂取できない環境が長く続くほど、最悪の場合、痙攣・昏睡(けいれん・こんすい)から死に至ることがあります。重篤化すると、突然意識を失う可能性もあるため、症状をあまくみてはいけません。

1-6.関連する病気について

低血糖と関連する病気は、糖尿病です。糖尿病は、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなる状態を指しています。生活習慣病の1つであり、糖尿病を患っている人が糖分の摂取を控えることによって、低血糖になるケースが増えているのです。