腰痛の原因は姿勢にある!? 腰痛を起こしやすい姿勢とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

腰痛は、多くの人が悩んでいる体の不調です。特に、座りっぱなしや立ちっぱなしで仕事をしている人は、腰痛になりやすいでしょう。腰痛は、放っておくと日常生活に重大な支障がでることもあるやっかいなものです。腰痛の原因はさまざまですが、何気なくとっている姿勢が、腰痛の原因となることもあります。
そこで、今回は腰痛の原因となる姿勢について解説しましょう。

この記事を読めば、腰痛の改善方法や予防方法がよく分かります。腰痛に悩んでいる人はぜひ読んでみてくださいね。

01. 腰痛の基礎知識

はじめに、腰痛の原因や腰痛になりやすい人、さらに腰痛の種類を解説します。なぜ、人は腰痛になるのでしょうか?

1-1.なぜ、腰痛は起こるのか?

人は、生物の中で唯一常時二足歩行を行います。二足歩行を行う際、最も負担がかかるのが背骨です。その中でも「腰椎」と呼ばれる腰部分の骨に最も負担がかかり、姿勢などによってさらにその負担は増します。その結果、腰椎やそれを取り囲む筋肉に何らかの障害が起こったり、腰椎内の神経が圧迫されたり損傷したりすると腰痛が発生するのです。そのほかには、内臓に疾患がある場合も、腰痛が症状として現れます。

1-2.原因不明の腰痛もある

しかし、骨や筋肉、神経に問題がなくても腰痛が発生する場合があります。これを「心因性腰痛」といい、ストレスが原因で発症することが多いのです。レントゲン検査や血液検査をしても異常が発見できず、マッサージや整体を受けても腰痛が軽減しない場合は、心因性の腰痛である可能性があるでしょう。腰痛のうち原因が特定できるのは15%ほどで、そのほかの85%は原因不明という説もあります。

1-3.腰痛の症状

腰痛の症状は、痛みのほかにしびれがあります。また、症状の出方も人によって異なり、特定の姿勢をしている時だけ痛みが出る場合もあれば、どんな姿勢をしていても痛みが軽減しないこともあるでしょう。また、腰痛をがまんしているうちに症状がひどくなり、座ることも立つこともできなくなったという例もあります。

1-4.腰痛の患者数や男女比について

腰痛の患者数は、約2,000万人以上と言われています。ですから、誰もが腰痛になる可能性があるといってよいでしょう。また、腰痛は筋肉のつき方にも関係しており、男性に比べると筋肉量の少ない女性のほうが腰痛になりやすい傾向にあります。年代別では高齢になるほど腰痛を発症しやすくなりますが、若い年代の人でも姿勢が悪かったり、重いものを持ち上げ続けていたりすると腰痛を起こしやすいでしょう。