コレステロールを下げて健康になるためのポイント

コレステロールを下げる方法が知りたい! 健康になるためのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

健康的な体は、コレステロールを一定量に調節する機能がきちんと働いています。しかし、コレステロールを摂取し過ぎたり、一定量に調節する機能が働かなくなったりすると、血液中のコレステロールが増加するのです。コレステロールの増加は、生活習慣病や甲状腺機能の低下・ネフローゼ症候群などの病気と関係しています。悪化させないためにも、すぐにコレステロール値を下げる工夫を凝らさなければなりません。そこで、本記事では、コレステロールの基礎知識や健康との関係性・コレステロールを下げる方法について説明します。

この記事を読むことで、コレステロールを下げる方法や健康体になるためのポイントがわかります。現在、悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

01. コレステロールの基礎知識

コレステロールを下げる前に、一体どのようなものなのか知っておかなければなりません。コレステロールの概要やメカニズム・役割・重要性について説明します。

1-1.コレステロールとは?

私たちの体にとって、コレステロールはどのような働きをするのでしょうか。コレステロールを下げるためにも、働きやメカニズムなどをきちんと知ることが大切です。

1-1-1.概要

コレステロールは、体内に存在する脂質の1種です。脂質=無駄なものと思いがちですが、コレステロールは生きていく上で必要不可欠な脂質と言えます。コレステロールは体全体に存在しており、食べものから摂取するものと肝臓で作られたものがあり、必要なコレステロールの3分の2は体内で作られ、残りの3分の1は食べものから摂取しているのです。1日に1,000~1,500mgのコレステロールが必要と言われています。

1-1-2.メカニズム

コレステロールの分子は、人間の細胞膜を構成しており、生命を維持するために重要な役割を果たしています。
食べものから得たコレステロールは、小腸から吸収され、リポタンパク質として血液中を巡る仕組みです。血液を巡るにつれて、酵素の働きで中性脂肪が分離します。ここで生まれるのが、LDL(悪玉)コレステロールです。LDL(悪玉)コレステロールは、各組織に運ばれますが、量が増え過ぎてしまうと動脈硬化などの症状を起こしてしまいます。
そして、コレステロールを体内で生成するメカニズムには、アセチルCoAと呼ばれる成分が関係しているのです。アセチルCoAと脂肪酸・ブドウ糖・タンパク質などの成分が合成することで、コレステロールが生まれます。

1-1-3.役割

コレステロールは、3つの役割を担っています。1つ目は、細胞膜を構成することです。細胞膜は、細胞質と細胞外環境を隔てる膜のことで、細胞の形態を維持しています。コレステロールは、その細胞膜を形成するために必要な成分です。2つ目は、消化液となる胆汁酸の生成、脂肪の消化吸収を助ける働きがあります。3つ目は、副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどの生成です。副腎皮質ホルモンは、炎症の制御・免疫反応などさまざまな生理学系に関係しているもので、性ホルモンは、外形的性差や精子・卵子の成熟などに関係しているホルモンとなります。

1-2.重要性

コレステロールの役割でわかるように、生命を維持するためには大切な成分と言えます。血液・脳・脊髄(せきずい)・筋肉などのあらゆる機能を正常に動かす成分です。ある程度のコレステロールがなければ、機能に不具合が起きるなどのトラブルが生じます。しかし、過剰なコレステロールは悪影響を与える恐れがあるのです。コレステロールの役割が果たせるかどうかは、量とバランスが大切でしょう。