膝痛と歩き方の関係とは? 膝の痛みの予防法や痛い場合の注意点など

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

膝に痛みを感じている方は少なくありません。膝痛に悩んでいるのは高齢者だけではないのです。膝痛があると、歩行や階段の上り下りがつらかったり、外出がおっくうになってしまったりするでしょう。しかし、膝痛を放置して出不精になると、運動不足で健康にも悪影響を与えてしまいます。そこで今回は、膝痛と歩き方の関係や、膝に痛みがある方のためのポイントなどのご紹介です。

歩き方と膝痛について知りたい方や膝が痛い方に向けた内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

01. 歩き方が原因で膝痛になる?

1-1.膝のメカニズム

膝があることにより、私たちは歩く・立つ・座るなどさまざまな動きをスムーズに行うことができるのです。膝は、大腿骨(だいたいこつ)・脛骨(けいこつ)の間にあり、体の衝撃を吸収してくれます。膝の半月板がクッションとなり、膝や腰を守ってくれるのです。

1-2.歩き方と膝痛の関係

歩くときは、膝に負担がかかりつづけます。膝は、平地の歩行で体重の2.5倍、階段では体重の3倍~3.5倍もの衝撃を受けているのです。悪い姿勢で歩くと、さらに膝に負担がかかってしまいます。

1-3.なぜ膝痛がおこるか

体重を落とせば膝が痛くならないのでは? とも思えます。確かに、体重を落とすことも膝痛には有効です。しかし、体重が少ない人でも、膝に負担がかかる歩き方をしていると膝痛になってしまうことがあります。次項より、歩き方の注意点をご説明しましょう。