マスクの効果や正しい装着方法

マスクをすれば風邪を予防できる?効果や正しい装着方法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

風邪になったときや予防としての定番アイテムといえばマスクです。しかし、本当に効果があるのかと疑問に思っていませんか? なぜ、マスクをしていると風邪予防になるのでしょうか?

そこで今回は、マスクが風邪予防に効果的な理由や正しいマスクの使い方をご紹介します。

マスクの効果と正しい使い方が分かれば、より確実に風邪を予防できます。風邪を確実に予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

マスクの
役割とは?

はじめに、マスクの役割をご紹介しましょう。役割が分かればその効果も見えてきます。

1-1.体液が飛び散るのを防ぐ

私たちの口の中や鼻の中には、唾液や鼻水などの体液が常時たまっています。喋るだけでも体液は飛び散るのです。また、咳やくしゃみなどは自分でコントロールできません。体液の中には雑菌がたくさん含まれています。そのため、マスクをかけることによって体液が飛び散るのを防ぐのです。

小中学生時代、給食当番の時にマスクを付けたという方は多いでしょう。また、食品工場や精密機械を製造する工場・調理場などで働く場合も同様です。これらは皆、体液が飛び散るのを防ぐためにマスクを着けています。

1-2.感染症の感染拡大防止

前述したように、マスクをしていれば体液が空気中に飛び散るのを防げます。そして、風邪やインフルエンザなどの感染症は、唾液や鼻水といった体液に含まれる細菌やウィルスによって感染が拡大していくのです。風邪をひくと咳や鼻水がよく出るようになりますが、マスクをしていなければ、唾液や鼻水に含まれた風邪の細菌やウィルスが飛び散ります。また、マスクをしていれば、くしゃみや咳をするたびに人に不快感を与えずに済むのです。

1-3.異物の侵入防止

マスクをしていれば、細かい異物が鼻や口から体内に侵入してくるのを防ぐことができます。ホコリっぽいところに入るときはマスクが欠かせない、という方も多いでしょう。ホコリが鼻や口から体内に入ると、咳やくしゃみの原因になります。長期間ホコリっぽい場所にいるとアレルギーを発症することもあるでしょう。それを防ぐためにもマスクは効果的です。

1-4.マスクの注意点

さて、ここまでマスクの役割をご紹介してきました。しかし、マスクを着用する際の注意点もあります。

マスクを付けていると顔の大半が隠れてしまうため、ビジネスや接客の場では人に不快感を与えてしまいがちです。また、現在のマスクは非常に高性能ですが、その分空気の通りが悪く長時間つけていれば息苦しくなります。

マスクを装着していれば
風邪予防になるの?

冬になると風邪やインフルエンザを発症する人が増えてきます。風邪やインフルエンザの感染予防にマスクをして外出するという方もいるでしょう。しかし、風邪やインフルエンザの原因となる細菌やウィルスはとても小さいので、マスクの繊維の隙間を通り抜けてしまいます。マスクを装着していれば感染症を完全に予防できるので安心ということはありません。

マスクが効果的な
理由とは?

マスクをかけていれば、感染症の予防や治癒にある程度効果的です。この項では、マスクが感染症に効果的な理由をご説明しましょう。

3-1.保湿効果が期待できる

マスクをすると、自分の息に含まれる水分で保湿効果が期待できます。乾燥と低温は、風邪をはじめとする感染症の原因である細菌やウィルスが最も好む環境です。マスクをしていれば、感染症の感染源である口や鼻の周辺の温度と湿度が上がります。これにより、風邪やインフルエンザの感染を防げたり重症化しにくくなったりするのです。

3-2.他人に不快感を抱かせない

病気だから仕方がないとはいえ、鼻水や咳を間近で何度もされると不快感を抱く方も多いでしょう。マスクをすれば、咳やくしゃみをしていても体液が広範囲に飛び散ることはありません。他人に不快感を抱かせることはありませんし、前述したように感染の拡大も防ぐことができます。

3-3.美容にも効果的

鼻水や咳が止まらないと、女性はお化粧も満足にすることはできません。また、無理に化粧をすると肌荒れを引き起こすこともあります。花粉症などのアレルギー症状が強く出ているときも同じです。そんな時にマスクをしていれば、化粧をしていなくてもある程度人目をごまかせます。また、保湿効果もあるため、肌荒れを防ぐこともできるでしょう。

3-4.マスクを選べば花粉症にも効果的

花粉症の季節のなるとマスクを手放せないという方はたくさんいます。花粉症は、杉やヒノキに代表される植物の花粉がアレルゲンとなり、鼻水や目のかゆみ・涙が止まらないといった症状が現れるのです。花粉も小さいものですが、細菌やウィルスよりも大きいので目の細かいマスクである程度花粉をブロックできます。そうすれば、体内に侵入する花粉も減るので、症状が軽減しやすくなるでしょう。口だけでなく鼻もある程度覆えるタイプのものがおすすめです。

マスクの正しい
着け方

この項では、マスクの正しい装着の仕方などをご紹介しましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

4-1.どんな時にマスクを着けるべき?

感染症や花粉症などで、鼻水や咳が止まらない場合はマスクを着けましょう。空気が乾燥しているときもおすすめです。また、夜眠っている間に喉が乾燥してつらいという方も、マスクを装着して眠ると保湿効果が期待できます。

4-2.マスクの選び方

マスクには様々な種類があります。鼻水や咳が止まらないという場合は、鼻まで覆うタイプがおすすめです。布製のマスクは何度も洗えて経済的ですが、衛生面から考えると使い捨てのマスクの方がよいでしょう。1日マスクを付けていると、鼻水や唾液でマスクの内側がかなり濡れてしまうという場合は、使い捨ての方がいいですね。

値段が高くぴっちりと隙間なく装着できるマスクの方が感染症の予防に効果的ですが、その分息苦しくなりがちというデメリットもあります。マスクを着けて体を動かすことが多い場合は、ある程度呼吸が楽にできるものがいいでしょう。

4-3.マスクを着ける時の注意点

布製のマスクは洗って繰り返し使えますが、洗濯はこまめに行いましょう。何日も同じマスクを使っていると、繊維の中で菌が繁殖します。マスクを外す場合は、置き場所に気をつけてください。不用意な場所に置くと、そこから雑菌が付着することがあります。また、マスクを装着するときは、鼻までしっかりと覆いましょう。口だけでは効果が半減します。

よくある質問

Q.高機能のマスクをしていれば、インフルエンザ予防の効果はあるのでしょうか?

A.高機能のマスクを着けるよりも、うがいや手洗いと併用した方が効果的です。マスクを着けて外出し、帰ったらうがい手洗いを忘れずに行ってください。

Q.子どもがマスクを嫌がります。どうしたらよいでしょうか?

A 子どもが喜びそうなキャラクター付きのマスクも販売されています。また、時間を区切ってマスクを装着させると、子どもも我慢しやすいでしょう。

Q.濡れマスクは、いつ装着するのが効果的ですか?

A.濡れマスクは保湿効果が高いので、夜寝る時に着けると喉の乾燥を防げます。ただし、人によっては寝苦しくなるので無理に装着する必要はありません。

Q.マスクはどのように保管しておけばよいでしょうか?

A.マスクはできれば密閉できる容器に入れておき、置き薬と同じように清潔な場所に保管しておくといいですね。

Q.マスクはどのくらい繰り返し使えるのでしょうか?

A.布製のマスクの場合は、布がへたってきたら替え時です。使い捨てマスクの場合は、基本的に1日使ったら捨てましょう。

正しいマスクの
使い方まとめ

いかがでしたか? 今回は風邪をひいたときにマスクを着用する効果や、マスクの着け方などをご紹介しました。マスクを着けると、なんとなく汚れた空気を防いでいる気分になるという方もいます。しかし、マスクの効果を過信してはいけません。マスクを着けて外出しても、うがいや手洗いを行いましょう。また、マスクを何日も使いまわしてはいけません。清潔なマスクを着用するように心がけましょう。