マスクの効果や正しい装着方法

マスクをすれば風邪を予防できる?効果や正しい装着方法を紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

風邪になったときや予防としての定番アイテムといえばマスクです。しかし、本当に効果があるのかと疑問に思っていませんか? なぜ、マスクをしていると風邪予防になるのでしょうか?

そこで今回は、マスクが風邪予防に効果的な理由や正しいマスクの使い方をご紹介します。

マスクの効果と正しい使い方が分かれば、より確実に風邪を予防できます。風邪を確実に予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. マスクの
役割とは?

はじめに、マスクの役割をご紹介しましょう。役割が分かればその効果も見えてきます。

1-1.体液が飛び散るのを防ぐ

私たちの口の中や鼻の中には、唾液や鼻水などの体液が常時たまっています。喋るだけでも体液は飛び散るのです。また、咳やくしゃみなどは自分でコントロールできません。体液の中には雑菌がたくさん含まれています。そのため、マスクをかけることによって体液が飛び散るのを防ぐのです。

小中学生時代、給食当番の時にマスクを付けたという方は多いでしょう。また、食品工場や精密機械を製造する工場・調理場などで働く場合も同様です。これらは皆、体液が飛び散るのを防ぐためにマスクを着けています。

1-2.感染症の感染拡大防止

前述したように、マスクをしていれば体液が空気中に飛び散るのを防げます。そして、風邪やインフルエンザなどの感染症は、唾液や鼻水といった体液に含まれる細菌やウィルスによって感染が拡大していくのです。風邪をひくと咳や鼻水がよく出るようになりますが、マスクをしていなければ、唾液や鼻水に含まれた風邪の細菌やウィルスが飛び散ります。また、マスクをしていれば、くしゃみや咳をするたびに人に不快感を与えずに済むのです。

1-3.異物の侵入防止

マスクをしていれば、細かい異物が鼻や口から体内に侵入してくるのを防ぐことができます。ホコリっぽいところに入るときはマスクが欠かせない、という方も多いでしょう。ホコリが鼻や口から体内に入ると、咳やくしゃみの原因になります。長期間ホコリっぽい場所にいるとアレルギーを発症することもあるでしょう。それを防ぐためにもマスクは効果的です。

1-4.マスクの注意点

さて、ここまでマスクの役割をご紹介してきました。しかし、マスクを着用する際の注意点もあります。

マスクを付けていると顔の大半が隠れてしまうため、ビジネスや接客の場では人に不快感を与えてしまいがちです。また、現在のマスクは非常に高性能ですが、その分空気の通りが悪く長時間つけていれば息苦しくなります。