妊娠中の腰痛対策

みんなの悩み! 妊娠中の腰痛対策の3つのポイント

妊娠中、多くの妊婦さんは腰痛に悩んでしまいます。しっかり対策をすることで防ぐことができる妊娠中の腰痛ですが、その対策というのはあまり知られていないのです。快適な妊娠期間を送るためにも、腰痛の対処法や予防方法について、しっかり知識を持っておくことはとても大切なことになります。

それでは、妊娠中の腰痛の原因や対策について紹介していきたいと思います。

妊娠中の腰痛の原因とは?

妊娠中の腰痛の原因は、大きく分けて2つあるといわれています。

1つ目は、妊娠中に分泌される「リラキシン」というホルモンによるものです。赤ちゃんを産むためには、狭い骨盤を赤ちゃんが通過しなければいけません。その骨盤の靭帯を緩ませる作用があるのが、このリラキシンというホルモンなのです。骨盤の靭帯は、骨盤周囲や腰、股関節に関わる関節を支えているので、これが不安定になることで腰痛が発祥してしまうのです。

もう1つの原因は、妊娠による重心の変化です。妊娠をするとおなかが大きくなり、重心のバランスを保つために腰を逸らせるような体勢になってしまいます。すると、骨盤の傾きも変わってしまい、腰を支える筋肉の負担が大きくなるので腰痛を起こしてしまうのです。

適度な運動が効果的

腰痛を起こしてしまうと、動きが制限されてしまうこともあるので、筋肉の動きが悪くなり、血行が悪くなってしまいます。ですが、血行が悪いままだと、腰の筋肉の疲労回復も遅くなってしまうので、腰は痛いままになってしまいます。

そこで、妊娠中はできれば妊娠する前から適度に身体を動かして、腰の筋肉を鍛えておくのです。妊娠中には安静にしていなければいけないので、激しい運動をすることはできません。ですが、できるだけ身体を動かして腰の筋肉を鍛えるようにしましょう。

筋肉を動かすことで血行もよくなり、妊娠中の腰痛の予防にも繋がります。血行を良くすることが大切なので、腰痛対策をするなら、まずは運動をすることです。

骨盤矯正ベルトを使う

病院などで紹介されているような骨盤矯正ベルトを使うと、骨盤を支えてくれるので、腰痛も軽減され、産後の体型も戻りやすいと言われています。妊娠中の腰痛の原因には骨盤のゆがみもあります。骨盤のゆがみを矯正することができれば、腰痛の軽減に効果があるのです。

骨盤矯正ベルトを使うときには、正しい使い方をするようにしましょう。使い方を間違えると赤ちゃんに影響があったり、腰痛が悪化してしまうこともあるので、注意が必要なのです。

まとめ

  1. 腰痛の原因はホルモンと重心の変化である
  2. 妊娠前から運動をして腰の血行を良くする
  3. 骨盤矯正ベルトを使って腰を支える

腰痛の原因を知ることは、対策を知ることでもあります。ホルモンバランスを変えることはできないので、運動をしたり、ベルトを使うことで、腰の痛みを軽減することができるのです。快適な妊娠生活を送るためにも、腰痛対策はしっかり行っておきましょう。