妊娠中の腰痛対策

みんなの悩み! 妊娠中の腰痛対策の3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

妊娠中、多くの妊婦さんは腰痛に悩んでしまいます。しっかり対策をすることで防ぐことができる妊娠中の腰痛ですが、その対策というのはあまり知られていないのです。快適な妊娠期間を送るためにも、腰痛の対処法や予防方法について、しっかり知識を持っておくことはとても大切なことになります。

それでは、妊娠中の腰痛の原因や対策について紹介していきたいと思います。

01. 妊娠中の腰痛の原因とは?

妊娠中の腰痛の原因は、大きく分けて2つあるといわれています。

1つ目は、妊娠中に分泌される「リラキシン」というホルモンによるものです。赤ちゃんを産むためには、狭い骨盤を赤ちゃんが通過しなければいけません。その骨盤の靭帯を緩ませる作用があるのが、このリラキシンというホルモンなのです。骨盤の靭帯は、骨盤周囲や腰、股関節に関わる関節を支えているので、これが不安定になることで腰痛が発祥してしまうのです。

もう1つの原因は、妊娠による重心の変化です。妊娠をするとおなかが大きくなり、重心のバランスを保つために腰を逸らせるような体勢になってしまいます。すると、骨盤の傾きも変わってしまい、腰を支える筋肉の負担が大きくなるので腰痛を起こしてしまうのです。