生理不順に悩んでいる人必見! 症状・原因・対処法を分かりやすく解説

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「生理の周期がなかなか安定しない」「生理が長い間こなかったり、月に2回きたりして不安だ」こんな生理不順の悩みを抱えている人は、珍しくありません。生理周期が乱れる原因はいろいろありますが、中には病気が原因というケースもあります。
そこで、今回は生理不順になる原因や症状・対処方法について解説しましょう。

  1. 生理不順の基礎知識
  2. 心配のいらない生理不順とは?
  3. 生理不順の原因
  4. 生理不順への対処方法
  5. 生理不順に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、病院を受診する目安についても分かります。生理不順で悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

01. 1.生理不順の基礎知識

はじめに、生理不順とはどのような状態かということを解説します。

1-1.規則正しい生理とは?

生理には個人差がありますが、おおよそ25~38日間隔で起こります。期間は、3~7日程度が一般的です。つまり、これよりも生理周期・生理期間が長かったり短かったりした場合は、生理不順といわれます。

1-2.生理不順の種類とは?

生理不順には、以下のような種類に分類されます。

1-2-1.稀発月経

生理周期が38日以上開く場合は、稀発月経(きはつげっけい)と呼ばれます。卵巣の働きが不十分で、ホルモンバランスが崩れると稀発月経になる可能性があるでしょう。

1-2-2.頻発月経

逆に、生理周期が24日以下という場合は頻発月経(ひんぱつげっけい)と呼ばれます。黄体ホルモンの分泌が不十分で、子宮内膜が十分に熟成しないまま剥がれ落ちてしまうことが、原因となることもあるでしょう。

1-2-3.過長月経

生理が8日以上ダラダラと続く場合は、過長月経(かちょうげっけい)と呼ばれます。病気の可能性もあり、早めに病院を受診しましょう。

1-2-4.過短月経

逆に、生理が2日以内で終わってしまうと、過短月経(かたんげっけい)と呼ばれます。子宮内膜が薄かったり、子宮が未成熟だとなる可能性があるでしょう。

1-3.月経量が多かったり少なかったりしても、月経不順

月経の量は個人差がありますが、レバー状の塊が頻繁に出てきたり、1時間くらいで夜用のナプキンから漏れ出すような出血量があったりする場合は、過多月経(かたげっけい)と呼ばれます。一方、出血量がほとんどない月経は過少月経(かしょうげっけい)と呼ばれ、どちらも生理不順です。病気の可能性もあるので、放置しておいてはいけません。