頭痛を和らげるポイント

つらい片頭痛をなんとかしたい! 頭痛を和らげる3つのポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

片頭痛は病院で検査をしても異常が見られないことが多く、適切な治療が受けられないケースも少なくありません。しかし、片頭痛は耐え切れないほどの痛みを伴い、日常生活に支障をきたすこともあります。そこで、この記事では、片頭痛の症状を和らげる方法を紹介しましょう。この記事を読むことで、突然の発作にも慌てずに対処できるようになるでしょう。

01. 片頭痛ってなに?

片頭痛とは、頭の片側からこめかみにかけて脈を打つような痛みが起こる頭痛のことです。月に1~2度程度の頻度で起こり、一度痛みが起こると4時間~72時間ほど続きます。日本人の約8%が悩まされており、男性よりも女性に多く見られるのが特徴です。

1-1.片頭痛が起こるメカニズムは?

実は、片頭痛が起こるメカニズムは正確には解明されていません。現在のところ、頭の血管が過度に拡張することで起こるという説が一般的です。しかし、最近では、脳そのものに原因があるという説、脳血管や三叉神経終末が原因という説も囁かれています。

1-3.片頭痛が起こる直前に前兆が出る?

人によっては片頭痛が起こる30分から数時間前に前兆が現れる場合もあります。前兆として現れる症状は、チカチカした光やギザギザした光が見えるといったものです。この症状のことを「閃輝暗点」と言います。

1-2.片頭痛が起こる数日前に予兆があることも…

片頭痛を抱える方の半数は、前兆や発作が起こる前に何らかの予兆があります。具体的には、生あくびが出る・何となく気分が落ち込む・集中しづらい・無性に甘いものが食べたくなるなどです。こうした症状が発作の1日~2日前に現れます。