現代型栄養失調のリスクとは? 改善法から予防法まで一挙公開!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「現代型栄養失調」についてご存じでしょうか? この豊かな時代に栄養失調とは、考えられない人も多いと思います。しかし、現代人の中には知らず知らずのうちに栄養失調に陥っている人が多いのが現状です。この「現代型栄養失調」は、食べものを食べていないことで起こるものではありません。従って、栄養失調とは思えないような肥満体型の人でも、この病気と診断されることが多いのです。この記事では、現代型栄養失調の原因や症状・改善方法などをまとめてご紹介しましょう。

この記事を読むことで、現代型栄養失調について知ることができます。この病気が気になる人、症状に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

01. 現代型栄養失調とは?

まずは、現代型栄養失調について解説します。

1-1.定義

現代型栄養失調は「新型栄養失調」とも呼ばれ、現代の若者に多いことが分かっています。人間が健康に生きる上で必要な栄養素が足りていないこの症状は、カロリーは足りていることから太っている人にも起こるのが特徴です。十分な栄養を摂取しているように見えても、実は栄養不足の状態に陥っており、さまざまな悪影響が体に及びます。栄養不足によって「何となく体調が悪い」という人が増えているのが現状です。

1-2.メカニズム

現代型栄養失調は、カロリーの高いものを摂取しすぎること、そして、たんぱく質やビタミン・ミネラル・植物繊維などが不足することで起こります。たんぱく質やビタミン・ミネラルは体の機能を正常に働かす上で必要な栄養素であり、不足すると心身ともにさまざまな問題が生じてしまうのです。ただし、カロリーとなる栄養素は過剰に摂取している傾向にあります。そのため、代謝のための栄養素がさらに不足状態となり、代謝しきれなかったカロリーが体内に蓄積されてしまうという仕組みです。

1-3.なりやすい人と患者数

厚生労働省の栄養調査によると、現代型栄養失調と診断される患者の人数は全体の約15%、潜在的な栄養欠乏状態にある人は75%以上ということが分かっています。気づいていないだけで現代型栄養失調に当てはまる「隠れ栄養失調」の人もたくさんいるのです。現代型栄養失調になりやすい人には以下のような特徴があるため、注意してください。

  • 食事を1日3食とらない
  • 食事代わりにお菓子を食べることが多い
  • 無理なダイエットをしている
  • 野菜嫌い
  • 加熱した野菜を好まない
  • 外食が多い