朝に出るくしゃみの原因や対処法とは? ~快適な朝を迎えるために~

朝に出るくしゃみの原因や対処法とは? ~快適な朝を迎えるために~

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「朝からくしゃみが止まらない」「くしゃみと同時に鼻水が出るのはなぜ?」など、朝から出るくしゃみや鼻水に悩んでいる方は多いでしょう。一般的に、くしゃみは体内に入る有害物質を外に排出するために出るものです。ただし、朝に出るくしゃみには、アレルギー性鼻炎や花粉症などの可能性もあります。そのまま放置していると、さらに症状が悪化するものです。そこで、本記事では、くしゃみの基礎知識や朝のくしゃみの原因・対策法・考えられる病気などについて詳しく説明します。

この記事を読むことで、朝のくしゃみから解放されるために必要な情報を知ることができます。くしゃみや鼻水で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

01. くしゃみについて

くしゃみが長く続くほど、体に大きな負荷がかかりますよね。朝、何度もくしゃみが出るたびに、「風邪かな?」「何か病気になっているのかな」と不安になるものです。まずは、くしゃみとは何なのか、主な原因やメカニズムについて詳しくチェックしておきましょう。

1-1.くしゃみとは

1回または数回、痙攣(けいれん)状の呼気を行った後に強い呼気をすることを、くしゃみといいます。くしゃみは不随意運動で、、意志に基づかない不合理な運動のため、自力で抑えることができません。一般的な生理現象のため、くしゃみだけで病気の判断は難しい傾向があります。病気かどうか判断するためには、くしゃみ以外に症状が起きていないかどうか、確認しなければなりません。

1-2.主な原因

くしゃみを起こす原因は、大きくわけて、「体温をあげるための生理現象」と「鼻腔(びくう)内のホコリなど異物を排出するための噴出機能」が挙げられます。呼吸は、鼻から息を吸いこんで行うものです。吸いこんだ空気が冷たく、鼻腔(びくう)内の体温が著しく下がったときは、鼻腔(びくう)内の知覚神経が、脳に体温をあげる命令を出します。その結果、くしゃみが出るというわけです。また、異物が体内に入ると、排出しようと免疫細胞が働き、くしゃみや鼻水が出てきます。ほかにも、物理的な刺激・刺激物質の吸引・花粉症などのアレルギー反応などが原因です。

1-3.くしゃみが出るメカニズム

先ほど、主な原因について説明しましたが、くしゃみが出るメカニズムは知覚神経が関係しています。たとえば、アレルギー反応を起こしているときは、アレルゲンなど刺激物質の吸引によって肥満細胞からヒスタミンが分泌される仕組みです。分泌されたヒスタミンは、鼻粘膜の知覚神経(三叉(さんさ)神経)にあるヒスタミン受容体と結合します。それが伝わり、刺激を受けたくしゃみ中枢から遠心性インパルスが神経を通って、顔面筋・喉頭筋に流れてくしゃみが起こるというわけです。ただし、現在、詳細なメカニズムは明確になっていません。

1-4.季節や時間との関係について

花粉量が多くなる春や秋、気温の変化が見られる季節の変わり目は、くしゃみが出やすいといわれています。また、くしゃみはアレルギー反応以外にも、自律神経の乱れが関係しているものです。自律神経は、体を緊張させる交感神経とリラックスさせる副交感神経のバランスで成り立っています。交感神経が活性化するほどバランスが崩れて、くしゃみが起こりやすくなるのです。交感神経が活性化しやすい朝~昼間の時間帯は、1日の中でもくしゃみが出やすい時間といえるでしょう。くしゃみは、季節や時間と深く関係していることがわかります。