筋肉疲労の原因は運動だけじゃない! 早期回復のポイントとは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

筋肉疲労の原因にはさまざまなものがあります。筋肉疲労と言えばスポーツをする人に起こる症状だと思っている人が多いでしょう。しかし、激しい運動をしなくても筋肉疲労は発生します。運動後の筋肉痛を含め、運動以外で発生する筋肉疲労について、メカニズムや種類について知っておきましょう。そして、効果的な回復方法や予防法を試してみてください。この記事では、筋肉疲労の原因や日常生活での注意点などもまとめてご紹介します。

この記事を読むことで、筋肉疲労の悩みが解消するはずです。ぜひ参考にしてください。

01. 筋肉疲労とは?

まずは、筋肉疲労について解説しましょう。

1-1.どういう状態なのか?

筋肉が疲労すると発生する痛みやこわばりなどの症状が、筋肉疲労です。一般的には、運動の負荷によって生じる筋肉の疲労を指します。しかし、同じ姿勢を長く続けたときなどに起こる疲労感なども、筋肉疲労に含まれるのです。原因に合わせた対処法を考える必要があるでしょう。

1-2.メカニズム

筋肉を酷使することで、血液の循環が悪くなります。その結果、筋肉内に疲労物質がたまりやすくなり、神経が刺激されることによって痛みが生じるというのが一つの説です。しかし、疲労物質と筋肉疲労の関係については今のところはっきりと解明されていません。分かっているのは、筋肉の収縮によって筋に断裂が起こること、筋繊維が壊れることが原因ということです。

1-3.主な原因

主な原因は、運動不足です。筋肉を動かさずにいると機能が低下し、筋力が弱くなってしまいます。そのため、普段から少しずつでも運動を取り入れ、筋肉を動かすようにすることが大切です。

1-4.種類

筋肉疲労にはいくつか種類があります。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

1-4-1.慢性筋肉疲労

慢性筋肉疲労とは、筋肉が疲労して常に縮んでいる状態のことを言います。血管やリンパ管が圧迫されるため、血液がスムーズに流れなくなるのです。その結果、筋肉への栄養補給が十分にできなくなり、疲労物質もたまりやすくなります。血液の流れが悪い状態を放置しておくと、病気にかかりやすくなるため注意が必要です。

1-4-2.精神的筋肉疲労

精神的なストレスが原因で起こるのが、精神的筋肉疲労です。ストレスによって自律神経が乱れると血液の循環が悪くなり、筋肉が疲労するようになります。特に、背骨や肩甲骨に症状が現れやすく、痛みのほかにも脱力感やこり、胃腸の調子が悪くなるなどの症状が出るのが特徴的です。

1-5.なりやすい人の特徴

筋肉疲労を起こしやすいのは、以下のような人です。

  • 普段から運動をしない人
  • 長時間同じ姿勢でいることが多い人
  • ストレスをためやすい人
  • 体が冷えやすい人

1-6.放置するとどうなるのか?

筋肉疲労を放置しておくと、筋肉内部の血液が滞り、疲労物質がたまりやすくなります。その結果、体内が酸性の状態に傾き、さまざまな病気を招きやすくなるのです。「筋肉疲労は放っておけば治る」と軽視しがちですが、重大な病気を引き起こす可能性もあるということを覚えておきましょう。