鼻うがいは蓄膿症にも効果があるやり方と鼻洗浄器について

【必見】鼻うがいは蓄膿症にも効果あり! やり方と鼻洗浄器について

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

帰宅後、手洗いとうがいをする習慣は、誰でも持っていると思います。ウイルスや細菌を持ち込まないことが、家族全員の健康につながるのですから、とても大切ですよね。普段の習慣に加え、鼻うがいを行う人もいます。鼻うがいは名前のとおり、鼻を洗浄することです。
「鼻うがいって痛くない?」「鼻洗浄の効果が知りたい」など、聞き慣れない言葉だと疑問も出てくることでしょう。鼻うがいは、風邪予防や花粉症対策としても注目されており、副鼻腔(びくう)炎の治療でも積極的に取り入れられている方法です。
鼻うがい専用器具も市販で出ており、手軽に始めることもできます。健康維持の1つとして、鼻うがいのやり方を覚えておきましょう。難しいコツなどはありません。誰でも簡単にできてしまいます。今回は、鼻洗浄のポイントやメリットについてです。

鼻洗浄できれいに洗い流すことで鼻の中がすっきりとし、花粉症の悩ましい症状も緩和されます。鼻洗浄器は抵抗があるという方でも、スプレーで簡単にできるものもあるので、健康促進を意識して始めてみましょう。鼻洗浄のやり方やコツなどを覚え、花粉症緩和や風邪予防にも生かしてみてください。

01. 鼻洗浄について

鼻は空気を吸い込む場所で、空気と同時にほこりやごみも入ってきます。鼻の残留物を取り除(のぞ)いてきれいな状態を保(たも)つ目的で、鼻うがいを習慣にする方もいるのです。

1-1.鼻洗浄とは? 

鼻洗浄は、洗浄器を使って鼻の中を洗うことです。鼻うがいという名で定着しつつあります。鼻粘膜に付着したごみやほこり以外に、ウイルス・細菌・花粉も取り除(のぞ)いてきれいにする効果があり、健康意識の高い方を中心に広く浸透している方法です。

1-2.どんなときに鼻うがいをするのか? 

前述のとおり、鼻の中をきれいにする効果があるため、風邪予防やアレルギーによる不調などにも最適です。

1-2-1.花粉症対策として効果がある

特に、花粉が舞う時期は、鼻粘膜が荒れやすくなります。鼻がむずむずするのは、花粉による刺激です。そのため、花粉が鼻に定着する前に、鼻うがいできれいにすると、ひどくならずに済むでしょう。

1-2-2.鼻づまりの改善になる

鼻づまりを軽視してはいけません。鼻粘膜だけの炎症に留(とど)まらず、副鼻腔(びくう)全体に膿(うみ)が停滞して痛みを感じる副鼻腔(びくう)炎になる恐れもあります。副鼻腔(びくう)炎は、蓄膿症とも呼ばれる病気です。鼻うがいで粘膜に残った鼻水をすべて取り除(のぞ)くと、鼻のとおりがとてもよくなるでしょう。投薬治療と併せて鼻うがいをすることで改善が早まり、蓄積した膿(うみ)を排出する手助けとなって、粘膜の炎症も和らいできます。

1-2-3.風邪予防にも最適

鼻は体の入り口にあたるとご説明しました。そのため、吸い込んだ空気に入り混じった、ウイルスや細菌が鼻の中に残っている場合、風邪を引く原因となります。鼻うがいはウイルスや細菌も洗い流す効果があり、風邪を早く治したいときにももちろん、普段からできる風邪対策ともいえるでしょう。

1-3.鼻洗浄は痛い? 

鼻に水または湯を流し入れて洗うため、痛いのではないかと心配される声があります。ところが、鼻うがいでは体液に近い成分の生理食塩水を使うため、しみることはありません。市販の鼻洗浄スプレーも、しみないよう配合されています。

1-4.子どもも鼻洗浄ができる? 

風邪予防や鼻づまり改善にも、鼻うがいはとても有効な手段です。しかし、大人とは違い、子どもは鼻洗浄に適さないとされています。鼻から耳に流れ込むなど、事故になりやすいためです。耳鼻咽喉科で吸引してもらい、鼻水を出す方が効果があるでしょう。