鼻水が喉に引っかかる原因は? 対処法や治療法を詳しく教えます!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

鼻水が喉に引っかかることでお悩みではないでしょうか。喉がスッキリしないため、気が散って集中できませんよね。しかし、どんな原因があるのか・どんな対処をすればいいのかなど、分からないことが多いものです。そこで、今回は、鼻水が喉に引っかかる原因や対処法・治療法について詳しく解説します。

この記事を読むことで、鼻水が喉に引っかかる症状について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

01. 1. 鼻水が喉に引っかかるとはどんな状態?

最初に、鼻水が喉に引っかかるとはどんな状態か、主な症状などを解説します。

1-1.鼻水が喉に引っかかると、以下のような症状が見られます。

  • いつも痰が絡んでいる気がする
  • 夜寝ていると息苦しい
  • よくむせる
  • 仕事などに集中できない
  • 無意識に咳(せ)き払いをしてしまう

1-2.鼻水が出るメカニズムや原因

鼻水が出るのは、鼻から入ってきたホコリや花粉・雑菌・ウイルスなどを体外に出すためです。鼻は非常に敏感で、異物を感知すると鼻水を分泌します。アレルギー性鼻炎などで鼻の粘膜が炎症を起こした場合、サラサラした鼻水を大量に出してアレルゲンを排除しようとしているのです。なお、特に問題がなくても、1日あたり1L程度は鼻水が喉に流れています。

1-3.後鼻漏

鼻水が喉に流れる症状が後鼻漏です。通常でも喉に鼻水が流れますが、アレルギー症状のために大量に出る・風邪や副鼻腔炎により粘度が増すなど、鼻水に異常があるときに発症します。症状を改善するためには、副鼻腔炎など根本的な原因となる病気の治療を行ってください。