気をつけておきたい腰痛

気をつけておきたい腰痛 ~日常生活の注意点~

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

腰痛で悩んでいる人も多いですが、実は私たちが日頃当たり前におこなっている動作が腰痛の原因となっているのです。ほとんどの人は日常生活で気をつけてさえいれば腰痛を緩和させることができます。特別な処置も病院で治療をすることもないのでお金はかかりません。ほんの些細なことを改善するだけで腰痛が改善されるのは嬉しいですね。

日常生活でどのようなところに注意していけば良いのか詳しくみていきたいと思います。

座り方を気をつけよう

家でリラックスしているとき、ご飯を食べるとき、オフィスでデスクワークをするときなどイスに座る機会は多いはずです。そこで座り方に注目してみましょう。正しい座り方をしていけば腰痛は改善することもできますし、予防することもできます。

もしかしたら今普通にしている座り方が腰痛を悪化させる要因になっているかもしれません。
背中を丸めて座ることはNGです。骨盤がゆがんでしまいますし、腰を支えるための筋肉が衰えてしまいます。

正しい座り方は、背もたれに寄りかからないように深く座ることです。深く座ることでお尻がイスにひっつく面積が大きくなります。また、背もたれがあったとしても絶対に寄りかからないようにしてください。

ポイントはアゴを引き、おなかを引っ込めることです。最初は慣れていないせいか、キツい座り方かもしれませんが気をつけていればいずれ慣れます。地道に続けていってください。

できるだけ中腰姿勢にならない

顔を洗うときや物を持ち上げるときに中腰になってしまうことがあるでしょう。中腰は腰に負担をかけてしまい、腰痛を引き起こす大きな原因となっています。できるだけ中腰にならないように気をつけることも腰痛を和らげるポイントのひとつです。洗顔をするときは台中腰にならないように台を利用すること。物をもちあげるときは膝を落として中腰にならないことなどさまざまな注意ができます。

を上手に使い、中腰はできるだけ避けておきましょう。もし中腰体制が長く続くようであれば、腰をまっすぐに伸ばすように背伸びをして筋肉を伸ばしてください。

体操・ストレッチをすること

日常生活において毎日地道に続けていくことは腰痛にとってとても大切なことになります。毎日地道に続けることで効果が徐々に現れるようになるのです。腰痛をしないためにも体操・ストレッチはかかせません。

体操・ストレッチはとても簡単です。まず、体をあおむけにして両膝を両手でかかえます。そしてそのまま膝を胸にくっつけるようにゆっくり動かしてください。そして元の位置に戻す。これを3回~5回ほど繰り返していきましょう。このようにすることで腰の筋肉を伸ばすことができます。

また、体をうつぶせにして手を体のそばに置いておきます。上体をゆっくりあげていき反らしていきましょう。ここでのポイントは足があがらないように上半身をゆっくりあげていくことです。これも3回~5回繰り返しておこなってください。背筋と腰を支えるための筋肉を鍛えることができます。

お風呂あがりにするとより筋肉を伸ばすことができるのでオススメです。

まとめ

日常生活の些細なことを気をつけるだけで腰痛を改善することができます。座り方や姿勢、体操・ストレッチを毎日行っていくと腰痛を和らげることだけでなく、予防することもできるのです。最初は慣れない姿勢かもしれませんが、地道に続けていくことで当たり前に正しい姿勢ができるようになるでしょう。