オーラルケアの方法や必要性を知りたい人必見! メリットや重要性を解説

「毎日歯みがきをしているけれど、口臭が気になる」「歯みがきをしていても、歯茎の腫れや出血が見られる」と悩んでいる人はいませんか? 虫歯や歯周病を予防し、美しい歯を保ち続けるにはオーラルケアが大切です。

今回は、オーラルケアを行うメリットや方法を紹介しましょう。

  1. オーラルケアの必要性やメリット
  2. オーラルケアの方法
  3. オーラルケアは優しく丁寧に行う
  4. オーラルケアと歯医者について
  5. オーラルケアに関するよくある質問

この記事を読めば、オーラルケアの一環として歯医者を利用するメリットや方法も分かります。オーラルケアに興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.オーラルケアの必要性やメリット

はじめに、オーラルケアの種類やオーラルケアを行うメリットなどを紹介します。

1-1.オーラルケアは口全体のケア

オーラルケアとは、口全体の清潔を保つための行為です。歯みがきもオーラルケアの一種ですが、このほかに、歯間の清掃・舌の清掃・口腔(こうくう)内全体の洗浄と消毒などがあります。

1-2.オーラルケアは虫歯や歯周病の予防に役立つ

歯みがきは、歯の汚れを落として虫歯や口臭を予防するために行います。しかし、歯みがきだけでは、口全体の清潔を保つことはできません。歯茎・舌・歯間・口腔全体の汚れを取り除き、清潔さを保つことで虫歯や口臭だけでなく歯周病も予防することができます。

1-3.オーラルケアグッズは豊富

虫歯・口臭・歯周病など、口腔の病気予防に関心を持っている人はたくさんいます。また、歯医者でも予防歯科の大切さをアピールしているため、オーラルケアグッズはとても豊富です。ドラッグストアやホームセンターでは、たくさんのオーラルケアグッズが販売されており、手軽に購入できます。

2.オーラルケアの方法

この項では、オーラルケアの基本的な方法や便利グッズなどを紹介します。

2-1.歯みがき

歯みがきは、最も基本的なオーラルケアです。歯みがきをすることで、虫歯や口臭だけでなく、歯周病を予防することができます。今は、歯ブラシもさまざまなサイズや硬さのものが出ているので、自分に合ったものを使いましょう。歯みがきは基本的に毎食後行いますが、寝ている間に口腔内のだ液が減少し、雑菌が増えます。ですから、就寝前の歯みがきは特に念入りにやっておきましょう。歯みがきは、歯と歯の間、かみ合わせ・歯と歯茎の境目など、歯垢(しこう)がたまりやすい場所を特に念入りに行います。また、歯茎を歯ブラシでマッサージすることにより、歯茎の血行を促進し、歯周病予防にもつながるでしょう。

2-2.歯間の清掃

歯ブラシだけでは、歯の間や歯の一番奥(最後方にある臼歯の後ろ側)などは、十分に磨くことができません。そこで、歯間ブラシやタフトブラシといった専門のグッズを使います。これらはドラッグストアや歯医者で販売されており、値段も手ごろです。歯みがきの後に歯間ブラシなどを用いれば、より歯の清潔を保つことができます。

2-3.舌の清掃

舌につく舌苔(ぜったい)は、口臭の原因になります。定期的に舌の清掃を行えば、口臭の予防や改善ができるでしょう。舌はデリケートなので、舌専用のブラシを用いてください。

2-4.マウスウオッシュで口腔内全体を清潔にする

マウスウオッシュや液体歯みがきを用いれば、短時間で口腔内の洗浄や除菌が行えます。時間がないときや今すぐ口腔内をキレイにしたいときに用いましょう。歯みがき後の仕上げに使うのもおすすめです。

2-5.キシリトール入りのガムで虫歯予防をする

キシリトール入りのガムをかむと、だ液が出て口の中がキレイになります。歯みがきをする時間がない場合だけでなく、加齢とともにだ液の減少が気になっている人などにもおすすめです。だ液が増えれば、口臭の予防や改善にも効果があります。

3.オーラルケアは優しく丁寧に行う

歯や歯茎・舌はとてもデリケートです。汚れを落とそうと歯ブラシなどで力任せにこするのは、逆効果でしかありません。また、舌の掃除など毎日時間をかけて行う必要がないものもあります。オーラルケアは優しく丁寧をこころがけ、やりすぎにも注意しましょう。

4.オーラルケアと歯医者について

この項では、オーラルケアの一環として歯医者を利用するメリットなどを紹介します。

4-1.歯医者ではオーラルケアの方法を教えてくれる

歯医者では、オーラルケアの方法を学ぶことができます。オーラルケアグッズの正しい使用法や、歯みがきの仕方などが分からない場合は、かかりつけの歯科医に積極的に聞いてみましょう。予防歯科の一環として正しい使用方法を教えてくれます。また、歯医者でもオーラルケアグッズは購入可能です。

4-2.定期検診はオーラルケアの一種

歯医者では、定期検診も受けることができます。歯や歯茎の状態を診てもらい、歯垢除去をすることによって虫歯や歯周病を予防することが可能です。自分ではオーラルケアを丁寧に行っているつもりでも、やはり不十分なところもあります。歯医者に定期的に通うことにより、虫歯や歯周病の予防だけでなく早期発見もできるでしょう。

4-3.歯科医は通いやすく相談しやすいところを選ぶ

今は、たくさんの歯科医院があります。歯医者を選ぶ際は、通いやすさはもちろんのこと、時間をかけて治療したり相談に乗ってくれたりするところを選ぶのがおすすめです。流れ作業のように治療をしたり、健康保険適用外の高価な治療をとにかくすすめてきたりするようなところは、選ばないようにしましょう。

5.オーラルケアに関するよくある質問

この項では、オーラルケアに関する質問を紹介します。

Q.歯みがき以外のオーラルケアは、子どももしたほうがいいですか?
A.歯間ブラシやタフトブラシは乳歯のケアにも使えます。心配ならば、かかりつけの歯科医に相談してください。

Q.オーラルケアは毎日行わなくてもいいんですか?
A.歯みがきや歯間ブラシの使用は毎日行いましょう。舌苔の掃除は1週間に一度程度でも大丈夫です。

Q.どんな歯医者でも検診を受けつけてくれますか?
A.はい。大抵の歯科医で定期検診は可能です。心配ならば、一度問い合わせてみましょう。

Q.オーラルケアグッズを選ぶ際のコツはなんですか?
A.硬いものより柔らかめのものを選びましょう。硬いものは口腔内を傷つけやすくなります。悩んでいるときは歯医者で自分にあったものを選んでもらいましょう。

Q.歯みがきはどのくらいの時間行えばいいですか?
A.最低でも3分以上は行いましょう。

6.まとめ

今回は、オーラルケアの重要性と必要性、方法を紹介しました。オーラルケアはいろいろな方法があります。自己流ではうまくいかないことも多いので、ぜひ一度かかりつけの歯医者で使い方を教えてもらってください。そうすれば、より効果的なオーラルケアを実践できるでしょう。