歯の磨きすぎは悪影響!? 正しいブラッシングの方法とポイントは?

歯磨きは虫歯や歯周病予防に必要不可欠ですが、磨きすぎはよくありません。磨きすぎることで、歯茎(はぐき)が傷つき、歯に大きな負担がかかってしまいます。では、どのくらいが適切な歯磨きになるのでしょうか。

そこで、本記事では、適切な歯磨きの時間や正しい歯間ブラシの使い方などについて解説します。

  1. 歯を磨きすぎることによる悪影響
  2. 適切な歯磨きの時間と傷めないようにするコツ
  3. デンタルフロスや歯間ブラシによる問題点
  4. デンタルフロスや歯間ブラシの正しい使い方
  5. 歯の磨きすぎに関してよくある質問

この記事を読むことで、歯や歯茎を傷めない磨き方とポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.歯を磨きすぎることによる悪影響

歯磨きはいいことですが、磨きすぎると悪影響を及ぼすことになるので注意が必要です。では、どのような悪影響が起きるのでしょうか。

1-1.虫歯になりやすい

歯の磨きすぎは歯茎を傷つけることになり、少しずつ歯茎が後退してしまいます。そして、歯根(しこん)がむき出しになってしまい、そこに歯垢(しこう)が付着すると、虫歯になりやすくなるのです。虫歯菌は歯茎の中で酸を出しては、どんどん歯を溶かしていきます。そのまま放置していると虫歯の進行が早くなり、口の中が虫歯菌でいっぱいになってしまうのです。

1-2.歯茎が後退して知覚過敏になりやすい

あなたは強い力で歯を磨いていないでしょうか? 歯磨きのしすぎや力の入れすぎは、歯茎を傷つけて後退しやすい状況になってしまいます。その結果、歯茎で隠れていた歯根の一部が露出してしまい、知覚過敏になりやすい状況になるのです。知覚過敏になると、食べ物を口の中に入れたり、冷たいものを飲んだりする際に歯茎に鋭い痛みが走るようになります。歯根はやわらかいセメント質でおおわれているため、強い力で磨くと表面がすり減りやすくなるのです。

1-3.歯周病のリスクが高まる

歯の磨きすぎは、歯周病のリスクが高まるきっかけになります。前述したように、歯茎は粘膜でおおわれているため、歯ブラシで磨きすぎると傷つくことがあるのです。歯茎が赤く腫れたり、痛みが生じたりすると、歯磨きがしにくくなり磨き残しが多くなります。その結果、プラークと呼ばれる歯垢が歯と歯茎の間にたまってしまい歯周病になりやすくなるのです。歯周病は、歯茎が後退し歯を支えるための土台がもろくます。進行を放置すると歯並びが悪くなる恐れがあるので要注意です。

2.適切な歯磨きの時間と傷めないようにするコツ

ここでは、適切な歯磨きの時間と、歯や歯茎を傷めないようにするコツを解説します。

2-1.歯磨きは1日3回、10分程度が目安

歯磨きの頻度は、朝食後・昼食後・就寝前の1日3回が理想的です。食事をした後は食べかすなどが歯と歯の間につまっているので、それらを歯ブラシやデンタルフロスで除去しなければなりません。特に、就寝前の歯磨きが1番重要だと言われています。朝食後と昼食後は約6分の時間をかけて歯磨きをするといいでしょう。1番重要な就寝前は10分を目安に、しっかりと歯を磨いてください。逆に、1日6回以上、1回15分以上磨いている人は磨きすぎているので見直す必要があります。

2-2.歯ブラシをやわらかいタイプに変える

毛先が硬すぎる歯ブラシのほうが歯石や歯垢を落とすことができると思いがちですが、逆に歯と歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。傷つけないようにするためには、歯ブラシをやわらかいものに変えるのが大切なポイントです。特に、歯茎が痛んだり、歯磨きで血が出たりする場合は、すぐに毛先のやわらかい歯ブラシに変えてください。

2-3.食後にすぐ歯を磨かない

歯を磨くタイミングは食後がベストと言いましたが、食後にすぐ歯を磨くのはNGです。食事によって口の中が酸性になっているため、歯が通常より弱くなっています。そのため、すぐに歯磨きをしてしまうと、歯が削れる恐れがあるのです。食後に歯磨きをする際は、口を軽くゆすいだり、30分ほど時間を置いてから磨いたりするといいでしょう。

2-4.正しい歯磨きを心がける

自分で正しいと思っている歯磨きでも、中には間違った方法で歯を磨いている人がたくさんいます。間違った歯磨きは歯や歯茎を傷つけてしまうので、正しい歯磨きを心がけてください。正しく歯磨きをするために、ぜひ押さえておいてほしいポイントは以下のとおりです。

  • 右のほお側から始めたら左のほお顔まで飛ばさずに磨く
  • シャカシャカ音が出ないように磨く
  • 歯と歯茎のキワをしっかりと磨く
  • 力を入れすぎて歯を磨かない

やり方をもっと詳しく知りたい方は、歯医者で正しい歯磨きの仕方を教えてもらいましょう。

3.デンタルフロスや歯間ブラシによる問題点

歯と歯のすき間を磨くことができるデンタルフロスと歯間ブラシですが、問題点もいくつかあるのでチェックしておきましょう。

3-1.強引な使い方は歯茎を傷つけることに

糸を使って歯のすき間につまっているものが除去できるデンタルフロスは、使い方を誤ると歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。糸を強引に通過させることで、歯茎に線状の傷がついてしまうのです。そこからばい菌が入ってしまい、歯茎が赤く腫れ上がったり、痛みを伴ったりすることがあります。強引なデンタルフロスの使用は口内環境を悪化させるきっかけになるので注意が必要です。

3-2.挿入方向を誤ると歯茎を傷つける歯間ブラシ

小さめのブラシで歯と歯のすき間が掃除できる歯間ブラシも、扱い方を誤ると歯茎を傷つける恐れがあります。挿入する方向を間違えると、中心の針金の先端が歯茎に突き刺さってしまうのです。突き刺す力が強すぎた結果、そこから血が出たり、痛みが出てきたりすることもあります。歯間ブラシの挿入方向には、十分に気をつけなければなりません。

3-3.歯間ブラシのサイズ選びを間違えると傷つけることも

歯間ブラシはさまざまな種類のサイズがありますが、歯と歯のすき間よりも大きめのサイズを選んでしまうと金属のワイヤー部分で歯茎がすられ傷つく恐れがあります。歯茎が傷つくと下がってしまい、退縮につながることもあるので注意しなければなりません。場合によっては、歯が欠損してしまうこともあります。サイズ選びの際は、歯間部分にスッと入るものを選ぶのがポイントです。

4.デンタルフロスや歯間ブラシの正しい使い方

上手に歯磨きをするためには、デンタルフロスや歯間ブラシを正しく使う必要があります。ここでは、正しい使い方やポイントを解説しましょう。

4-1.力を入れすぎないこと

歯ブラシで歯磨きをする際にも共通していることですが、力を入れすぎないことが1番大切なポイントです。歯と歯のすき間につまっている食べかすなどを取り除くために、力を入れすぎる必要はありません。なるべく糸や針金の先端が歯茎を傷つけないように軽い力で使いましょう。すき間に挿入する際は、いきなりグッと上から下に下げないようにしてください。やさしくかつ少しずつ下に下げながら除去するのがポイントです。

4-2.歯間ブラシは歯に沿うように当てる

歯間ブラシを使うときは、なるべく歯に沿うように当ててください。片側一方向からではなく、方向を変えて入れてあげると、磨き残しが少なくなります。1方向から当てた際のプラーク除去率は約50%ですが、2方向からだと約80%、4方向からだと約93%もアップするのです。また、入れる際にきつめの歯間ブラシよりも、ゆるめの歯間ブラシのほうが清掃効果が期待できます。より効果的にプラークを除去するために、夜、就寝前に歯間ブラシを活用してください。

4-3.デンタルフロスの正しい使い方

糸巻きタイプ・ホルダータイプそれぞれの正しい使い方は以下のとおりです。

糸巻きタイプ

  1. デンタルフロスを適度な長さ(40~50cm)にカットし、両手の中指に2~3回ずつ、デンタルフロスの間隔が10~15cmになるように巻きつける
  2. ピンと張った状態になるよう親指と人差し指で支え、歯と歯の間にゆっくりと入れる
  3. 歯の表面に沿わせるように、デンタルフロスを前後に数回動かす
  4. 次の歯と歯の間をケアする際は、デンタルフロスを使用した部分をずらして新しい部分を使う

ホルダータイプ

  1. デンタルフロスを持ち、歯茎を傷つけないように歯と歯の間にゆっくり入れる
  2. 歯の表面に沿わせるようにして、デンタルフロスを前後に数回動かす

4-4.金属の歯間ブラシは1週間、シリコン製は使い捨てる

歯間ブラシやデンタルフロスは、使い捨てタイプがほとんどです。シリコン製のものなら何回も使わず1本1回を目安に使ってください。ただし、金属の歯間ブラシなら1週間ごとに買い換えるといいでしょう。定期的に交換しなければ、ワイヤーが破損しやすくなり、稀(まれ)に歯茎の中でワイヤーが折れてしまうことがあります。レントゲンで折れたワイヤー部分を確認し、全身麻酔で摘出せざるを得なくなったケースも起きているため、十分に気をつけてください。

5.歯の磨きすぎに関してよくある質問

歯の磨きすぎに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.どの歯をどのくらい磨けばいいの?
A.右上奥歯の表を20秒、上の前歯の表を20秒、左上奥歯の表を20秒、そして裏も3ブロックに分けて20秒ずつ磨いてください。上の歯が終わったら、同時に下の歯も磨きます。それとは別に噛み合う面も磨くと、全部あわせて約6分になるでしょう。磨きすぎはよくありませんが、歯を1本ずつ丁寧に磨くことが大切なポイントとなります。ゆっくりと時間をかけながら、やさしく磨いてください。

Q.歯ブラシによる悪影響は?
A.歯ブラシによる磨きすぎで、歯肉退縮・擦過傷・クレフト・フェストゥーンなどの悪影響を受けることになります。歯肉退縮は乱暴なブラッシングや力の入れすぎ、毛先の広がった歯ブラシの仕様によって起こりやすくなるのです。そして、擦過傷は磨きすぎによってできる傷で、歯茎が損傷したり、口腔粘膜が傷ついたりします。また、クレフトは過度の力を加えた磨き方や停滞するプラークが原因です。ブラッシングの方向を誤るとフェストゥーンと呼ばれる歯肉の形態異常が起きるので注意してください。

Q.歯間ブラシを使う際に出血した場合は?
A.サイズが合わないものを使っている可能性があるので、使用しているものよりも小さめの歯間ブラシに交換してください。力を強すぎる可能性もあるため、力加減を弱くしてみるといいでしょう。場合によっては、歯肉炎になっている恐れもあります。歯肉炎は歯周病の初期段階で、少しの刺激でも出血しやすくなっている状態です。すでに、歯周病が進行している場合もあるため、不安な方は歯医者を受診してください。

Q.デンタルフロスや歯間ブラシはどんなときに使うべきか?
A.歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけで除去できないため、歯ブラシと併用するのが理想です。特に、歯と歯の間に大きなすき間がある人や歯並びが悪い人は、歯ブラシで磨きにくいところがあるでしょう。歯ブラシが入らないところは、デンタルフロスと歯間ブラシで磨きます。また、抜けている歯があると、歯と歯の間に広いすき間ができるので、そのときもぜひ活用してください。

Q.アルコール入りマウスウォッシュは注意が必要?
A.アルコールが入っているマウスウォッシュは、頻繁に使うと口内の善玉菌を殺してしまう恐れがあります。その結果、ばい菌が繁殖しやすくなり、味覚障害につながるのです。アルコール入りのマウスウォッシュは1日1回にしておきましょう。また、顆粒(かりゅう)入りの歯磨き粉は歯茎の中に粒が残ってしまう恐れがあるので、歯茎が腫れることもあります。使用には十分に注意しましょう。注意点をきちんと読んでから正しく使ってくださいね。

まとめ

歯を磨きすぎることで、歯茎や歯に大きな負担を与えてしまいます。自分で歯磨きのやり方が正しいか判断できない場合は、歯医者で歯磨きの方法を教えてもらうのも方法の1つです。また、歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシなど歯のすき間に入り込んだものを取り出すことができるアイテムを使うのもポイントとなります。正しい使い方や歯磨きのポイントを把握しておけば、いつまでも自分の美しい歯を維持し続けることができるでしょう。