過食の原因はストレスだけじゃない!やめる方法や病院での治療法

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

過食の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 過食は自傷行為の一つといわれており、中には学校や会社に行けなくなるほど苦しんでいる人もいるのです。原因は「体」ではなく「心」にある場合がほとんどで、ストレスから過食に陥る人が多くなっています。自分は本当に過食症なのか、どうすればやめることができるのか、考える必要があるでしょう。この記事では、過食の原因として考えられるものや過食症と診断された場合の治療法などもご紹介しています。

この記事を読むことで、過食について知ることができるはずです。ぜひ参考にして、過食から解放される方法を見つけてください。

01. 過食の基礎知識

まずは、過食についてご紹介します。

1-1.過食とは?

過食とはその名のとおり、食べ過ぎることです。ただし、単なる食べ過ぎとは違い、異常な量のものを食べること、おなかがいっぱいになっても食べ続けてしまうことをいいます。過食後は強烈な自己嫌悪に陥ることが多く、食べたものを吐き出したり下剤や浣腸(かんちょう)によって排せつしたりすることがあるのも特徴です。

1-2.段階

はじめはダイエットがきっかけで過食になることが多いでしょう。頭の中が体重を落とすことに支配され、健康を無視したダイエットを行ってしまいます。最初のうちは体重が落ちることに快感を得ますが、停滞期に突入して思うように体重が減らなくなると、精神的なストレスとなって過食がはじまるのです。次第に、過食した分を排せつで取り戻すという考えになり、どんどん悪循環にはまっていきます。その結果、過食と排せつ行為が習慣化され、さまざまな健康被害が引き起こされるのです。

1-3.なりやすい人

過食になりやすい人の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 10~20代の若い女性
  • 自分で自分を追い込む性格
  • 過剰な完璧主義
  • 極端に自己評価が低い
  • 人の評価を過剰に気にする
  • 自己主張が下手

1-4.どのくらいの人が悩んでいるのか?

現在、日本には2万人以上の摂食障害患者がいるといわれています。拒食症に次いで過食症が多く、中でも食べたり吐いたりを繰り返すタイプが増えていることが分かっているのです。

1-5.最近の傾向

最近の研究結果により、低血糖症が原因になっている可能性について分かってきています。血糖値が低くなるとホルモンのバランスが乱れ、脳が満腹中枢にうまく情報を伝えることができなくなるのです。その結果、いくら食べても食欲が満たされないという状態が続いてしまいます。