桃のパワー

美味しく食べて美しく健康に!桃のパワーで梅雨を乗り越えよう

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

今年も梅雨の時期が巡ってきました。うっとうしい天気にジメジメとした湿気に体調を崩しがちな方も多いのではないでしょうか。そんな季節を乗り越えるパワーを与えてくれる食物。それはこれから旬を迎える「桃」なのです。

01. 昔から不老長寿のシンボルだった桃

桃は中国原産の果物ですが、『古事記』や『日本書紀』に記述があるように、古くから日本にも自生していました。その薬効は古くから知られていて、桃は中国と日本の両国で不老長寿のシンボルとされてきました。桃が昔話に頻繁に登場するのは、桃に神秘的な力を感じている人がそれだけ多かったことの表れなのです。

02. 葉っぱから種まで、桃の薬効がすごい

現代では桃はもっぱら果実を食べるだけのものになりましたが、その葉にも種にも素晴らしい薬効があるのです。桃の葉にはタンニンやカリウムなどが豊富に含まれていて、血管や肌を縮める収れん作用があります。今はすたれてしまいましたが、江戸時代には土用の丑の日に「桃の葉湯」に入る習慣がありました。桃の葉の収れん作用が汗疹や湿疹に効果があったのです。

また、種に含まれている「アミダグリン」という物質は血の巡りをよくし、生理不順、便秘、肩こり、慢性頭痛を解消する効果があるので、漢方に利用されています。

桃の葉は今でも乾燥させたものが通販サイトなどで気軽に手に入れることができます。梅雨時にお肌のトラブルで悩んでいるという方は桃の葉湯を試されてはいかがでしょうか。