ひどい生理痛を緩和する方法と自分でできる解消法

ひどい生理痛を緩和する方法は?毎月やってくるあの痛みを解消しよう

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

女性には、毎月生理が起こります。生理は、女性が妊娠し出産するためには必要なものです。しかし、辛(つら)い症状に悩むことも少なくありません。
男性には理解しにくい生理痛ですが、女性なら誰でも経験しているものです。我慢して生理が終わるのを待つ方もいます。しかし、痛み止めでその場しのぎをしてしまうケースも珍しくないでしょう。
閉経を迎えるまで付き合う生理ですので、少しでも体が楽になるように工夫してみませんか?この記事では、生理痛緩和についてご紹介しています。
ひどい生理痛に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

01. 生理痛の症状

生理痛の症状は、人によって現れ方や痛みの感じ方が異なります。ひどい場合だと、生理前から寝込んでしまうケースもあるため、軽視できない問題です。

1-1.腹痛

最も多い生理痛の症状は、腹痛です。子宮が収縮し、経血を排出するときに起こることが多い症状だとされています。下腹部を中心に痛み、起き上がることができない人もいるのです。
腹部は冷えると痛みを増します。温めることが重要です。

1-2.頭痛

生理痛は、一見関係のないように見える頭痛ともつながっています。頭痛が起こるのは、女性ホルモンの変化によるもの。卵胞ホルモンであるエストロゲンが、排卵後に急激に減少することで、脳内のセロトニンも減ってしまうことが関連しています。

1-3.吐き気

頭痛に悩んでいる方は、吐き気を伴うこともあります。めまいやふらつきも感じることもあるでしょう。経血量が多い人は、貧血も起こしやすくなるので、鉄分を補うようにしてください。

1-4.腰痛

腹痛だけで収まらず、腰全体に重さやだるさを感じるケースもあります。経血が排出する際に、骨盤が開くことで腰痛が起こっているのです。また、骨盤の歪(ゆが)みが原因になっていることもあります。