ひどい生理痛を緩和する方法は?毎月やってくるあの痛みを解消しよう

女性には、毎月生理が起こります。生理は、女性が妊娠し出産するためには必要なものです。しかし、辛(つら)い症状に悩むことも少なくありません。
男性には理解しにくい生理痛ですが、女性なら誰でも経験しているものです。我慢して生理が終わるのを待つ方もいます。しかし、痛み止めでその場しのぎをしてしまうケースも珍しくないでしょう。
閉経を迎えるまで付き合う生理ですので、少しでも体が楽になるように工夫してみませんか?この記事では、生理痛緩和についてご紹介しています。
ひどい生理痛に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

生理痛の症状

生理痛の症状は、人によって現れ方や痛みの感じ方が異なります。ひどい場合だと、生理前から寝込んでしまうケースもあるため、軽視できない問題です。

1-1.腹痛

最も多い生理痛の症状は、腹痛です。子宮が収縮し、経血を排出するときに起こることが多い症状だとされています。下腹部を中心に痛み、起き上がることができない人もいるのです。
腹部は冷えると痛みを増します。温めることが重要です。

1-2.頭痛

生理痛は、一見関係のないように見える頭痛ともつながっています。頭痛が起こるのは、女性ホルモンの変化によるもの。卵胞ホルモンであるエストロゲンが、排卵後に急激に減少することで、脳内のセロトニンも減ってしまうことが関連しています。

1-3.吐き気

頭痛に悩んでいる方は、吐き気を伴うこともあります。めまいやふらつきも感じることもあるでしょう。経血量が多い人は、貧血も起こしやすくなるので、鉄分を補うようにしてください。

1-4.腰痛

腹痛だけで収まらず、腰全体に重さやだるさを感じるケースもあります。経血が排出する際に、骨盤が開くことで腰痛が起こっているのです。また、骨盤の歪(ゆが)みが原因になっていることもあります。

生理痛の主な原因

生理痛は、感じ方が人によって違います。ストレスに弱い・恐怖心を抱いている・ホルモン量などによっても、現れる強さは変わってくるのです。
では、生理痛はどのようなことが原因で起こっているのでしょうか? 

2-1.ホルモン過剰分泌

生理のときは、プロスタグランジンと呼ばれる女性ホルモンが影響しています。プロスタグランジンは、子宮収縮を促して経血を排出する役割を持っているホルモンです。しかし、過剰に分泌されることにより、必要以上に子宮収縮がされてしまい、強い生理痛となって感じるようになります。
出産を経験していない女性は、子宮口が狭く硬い傾向があり、経血の排出がスムーズにいかないこともあるのです。経血の流れがうまくいくようにプロスタグランジンが過剰分泌し、子宮収縮が強く起こって激しい痛みになっていきます。

2-2.冷え

冷えは、血行不良の原因です。血液の循環が悪くなると、分泌されたプロスタグランジンが骨盤内部に残留し、生理痛が悪化してしまいます。
プロスタグランジンが残っていると、腹痛・頭痛・腰痛などもひどく感じるようになるでしょう。体全体にだるさを感じるケースもあるので、冷えには十分注意してください。

2-3.ストレス

生理痛だけにかかわらず、人はストレスでも体調が変化します。普段からストレスを溜(た)め込んでいる人は、自律神経の乱れやホルモンバランスの不調などを招きやすくなるのです。
痛みに弱い体質になり、生理痛を強く感じるようになってしまいます。また、生理に恐怖感を抱いている人も、痛みを感じやすくなる傾向があるので、リラックスできる環境作りも大切です。

生理痛を和らげる方法

辛(つら)い生理痛は、我慢せずに解消することを目指しましょう。対処法を知っておくと、痛みから解放されて楽になりますよ。

3-1.婦人科を受診

生理痛を軽視している人もいますが、痛み止めを使っても解消しない痛みは、婦人科の受診をおすすめします。まれに、子宮内膜症や子宮筋腫にかかっていることもあり、将来妊娠を希望する際に支障をきたす恐れもあるからです。

3-2.体を温める

冷えは、血流悪化と辛(つら)い生理痛の原因です。冷えを防ぐためには、体を温める工夫をしてみてください。アーモンドやゴマは、血流改善に効果的です。女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンの摂取もいいでしょう。豆乳や大豆製品を適度に食べることで、生理痛緩和にもつながります。
生姜(しょうが)やココアも冷えを解消するとされていて、手足の冷えが気になる方におすすめです。

3-3.仙骨を中心に温める

即効性のある生理痛解消法は、尾てい骨の周辺にある仙骨を温める方法です。お腹(なか)を温めるより、早く痛みを和らげることができます。
仙骨を温めると、体全体がポカポカするのがわかるはずです。エストロゲンの働きもよくなり、生理痛緩和にも役立ちます。同時に、おへその下も温めるとより冷えを解消しやすくなるでしょう。ぜひ試してみてください。

3-4.骨盤矯正

骨盤に歪(ゆが)みがあると、経血の排出が悪くなります。子宮も正常な位置からずれてしまい、機能低下にもつながっていくのです。
猫背や運動不足の人は、骨盤に歪(ゆが)みがあることが多いので、骨盤矯正で改善してみましょう。骨盤矯正は整体院で受けることができます。歪(ゆが)み具合や歪(ゆが)んでいる方向などをチェックしてから行うのが一般的です。
骨盤矯正を受けた後も、姿勢が悪くならないように注意して過ごすようにしてください。

3-5.ツボを刺激

足に三陰交というツボがあるのをご存じですか?足の内側のくるぶしから指4本分上がった場所にあります。ゆっくり押すように刺激すると、生理痛の痛みが和らぐとされており、月経不順や更年期障害にも効果があるツボです。
女性特有の症状に効果的なツボで、さまざまな悩みを解消してくれます。入浴時にも行うようにしてみてください。血流改善と合わせて、より効果的です。

まとめ

ひどい生理痛を緩和する方法をご紹介しました。

  • 生理痛の症状
  • 生理痛の主な原因
  • 生理痛を和らげる方法

生理痛は、人によって痛みの感じ方が異なります。腹痛・腰痛・頭痛・吐き気など、とても悩ましい症状ばかりです。
毎月必ず起こる生理痛は、痛み止めを使うより解消法を知って上手に付き合うことが大切。体を温めて冷えを改善し、骨盤矯正で歪(ゆが)みを解消する方法も試してみましょう。足のくるぶしから指4本分上がった場所にある三陰交というツボを刺激する方法もおすすめです。
辛(つら)い生理痛を我慢せず、対処法を活用して乗り切ってみてください。