歯周病は口臭を招く! 歯茎の腫れや出血など歯槽膿漏の原因を解説

歯周病は口臭を招く! 歯茎の腫れや出血など歯槽膿漏の原因を解説

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

口臭が気になり、他人(たにん)に迷惑をかけていないか、不安に感じることがありますよね。口臭の原因はいくつかあり、中でも問題となっているのが、歯周病です。歯周病と口臭は深い関連があり、きちんと治療すれば改善することができます。口臭に悩む方は、「口臭予防が知りたい」「歯周病はどうやって治すのか?」など、疑問が出てくるものです。

歯周病は発症してしまったら、適切な治療をしなければ進行し続ける病気で、歯が抜け落ちる可能性も指摘されています。しかし、歯周病の初期は自覚症状がないものであるゆえ、気づかないうちにどんどん悪くなっていることが多いのです。今回は、歯周病と口臭の関連や予防についてご紹介します。

この記事を読むことで、今まで抱いていた口臭にかんする悩みを解消するきっかけになり、歯周病の早期発見や早期治療に生かすことができるでしょう。歯は失ったら再生できません。口臭は口腔(こうくう)内の異常を示すサインとして捉(とら)え、自分なりのセルフケアもしっかり行ってください。

01. 歯周病とは?

歯周病の症状や原因についてご紹介します。

1-1.歯周病とはどんな病気か?

歯周病は、歯周病菌に侵されて起こる歯と歯茎の病気です。自覚症状がないまま進行を繰り返し、重症化しやすいとされています。歯周病は、予防歯科でも重視されている疾患で、発症する前から予防やケアをすることが大切です。

1-2.歯周病の主な症状や痛みについて

普段から丁寧にブラッシングをしていても、取りきれない歯垢(しこう)や汚れは残っています。やがて蓄積していき、歯茎の炎症を引き起こし、歯茎が下がるなどの症状が出るものです。歯茎が下がった場合、徐々に歯のぐらつきへと移行します。痛みを訴えるようになるのは、歯のぐらつきなど症状が出てからです。歯茎の炎症から歯を支える骨の破壊へと進んでいくのが、歯周病の特徴でしょう。重度の歯周病を、歯槽膿漏(のうろう)と呼びます。

1-3.歯周病の原因とは?

前述したとおり、歯周病の原因は歯周病菌への感染です。口腔(こうくう)ケアが不十分な場合、歯周病菌が病巣を拡大していき、バイオフィルムという層を形成します。歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることで、バイオフィルムを取り除(のぞ)くことが可能です。出っ歯や歯並びが悪い場合、歯ブラシで十分に汚れを取り除(のぞ)けません。矯正治療をしている間も、ワイヤー部分に歯垢(しこう)が蓄積しやすいものです。歯周ポケットに残っている歯垢(しこう)も丁寧に処置してもらえるため、歯周病は予防が最も重要なポイントとなります。

1-4.歯周病を放置するとどうなるのか?

歯周病は自然治癒しません。むしろ、沈黙の病気とされるほど、自覚症状や痛みがないまま進行するため、放置した場合は歯を失う結果を招きます。失われた歯の再生技術は差し歯などいくつかあっても、自分の歯を取り戻すことはできません。本来持っている噛(か)む力も衰え、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の問題も出てくるでしょう。