歯周病は口臭を招く! 歯茎の腫れや出血など歯槽膿漏の原因を解説

歯周病は口臭を招く! 歯茎の腫れや出血など歯槽膿漏の原因を解説

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

口臭が気になり、他人(たにん)に迷惑をかけていないか、不安に感じることがありますよね。口臭の原因はいくつかあり、中でも問題となっているのが、歯周病です。歯周病と口臭は深い関連があり、きちんと治療すれば改善することができます。口臭に悩む方は、「口臭予防が知りたい」「歯周病はどうやって治すのか?」など、疑問が出てくるものです。

歯周病は発症してしまったら、適切な治療をしなければ進行し続ける病気で、歯が抜け落ちる可能性も指摘されています。しかし、歯周病の初期は自覚症状がないものであるゆえ、気づかないうちにどんどん悪くなっていることが多いのです。今回は、歯周病と口臭の関連や予防についてご紹介します。

この記事を読むことで、今まで抱いていた口臭にかんする悩みを解消するきっかけになり、歯周病の早期発見や早期治療に生かすことができるでしょう。歯は失ったら再生できません。口臭は口腔(こうくう)内の異常を示すサインとして捉(とら)え、自分なりのセルフケアもしっかり行ってください。

歯周病とは?

歯周病の症状や原因についてご紹介します。

1-1.歯周病とはどんな病気か?

歯周病は、歯周病菌に侵されて起こる歯と歯茎の病気です。自覚症状がないまま進行を繰り返し、重症化しやすいとされています。歯周病は、予防歯科でも重視されている疾患で、発症する前から予防やケアをすることが大切です。

1-2.歯周病の主な症状や痛みについて

普段から丁寧にブラッシングをしていても、取りきれない歯垢(しこう)や汚れは残っています。やがて蓄積していき、歯茎の炎症を引き起こし、歯茎が下がるなどの症状が出るものです。歯茎が下がった場合、徐々に歯のぐらつきへと移行します。痛みを訴えるようになるのは、歯のぐらつきなど症状が出てからです。歯茎の炎症から歯を支える骨の破壊へと進んでいくのが、歯周病の特徴でしょう。重度の歯周病を、歯槽膿漏(のうろう)と呼びます。

1-3.歯周病の原因とは?

前述したとおり、歯周病の原因は歯周病菌への感染です。口腔(こうくう)ケアが不十分な場合、歯周病菌が病巣を拡大していき、バイオフィルムという層を形成します。歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることで、バイオフィルムを取り除(のぞ)くことが可能です。出っ歯や歯並びが悪い場合、歯ブラシで十分に汚れを取り除(のぞ)けません。矯正治療をしている間も、ワイヤー部分に歯垢(しこう)が蓄積しやすいものです。歯周ポケットに残っている歯垢(しこう)も丁寧に処置してもらえるため、歯周病は予防が最も重要なポイントとなります。

1-4.歯周病を放置するとどうなるのか?

歯周病は自然治癒しません。むしろ、沈黙の病気とされるほど、自覚症状や痛みがないまま進行するため、放置した場合は歯を失う結果を招きます。失われた歯の再生技術は差し歯などいくつかあっても、自分の歯を取り戻すことはできません。本来持っている噛(か)む力も衰え、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の問題も出てくるでしょう。

歯周病のセルフチェック

歯周病にかかっていないか、セルフチェックをしてみてください。あてはまる項目があれば、歯科医院を受診しましょう。

2-1.歯周病のチェックポイント

  • 歯茎の腫れがある
  • 歯のぐらつきを感じる
  • 歯茎から膿(うみ)が出る
  • 口のねばつきが気になる
  • 口臭が強い

上記項目に加え、喫煙習慣がある人は歯周病リスクが高いものです。生活習慣の見直しも、歯周病予防には効果があります。

2-2.歯周病になりやすい人や年齢とは?

前項で説明したとおり、喫煙は歯周病を誘発します。血管が収縮し、歯茎の血流が悪くなるため、歯周病の悪化を招くのです。喫煙により、歯茎の変色が起こるため、非喫煙者より歯周病の発見が遅くなる可能性もあるでしょう。
また、糖尿病を患っている方は、歯周病を併発するとされています。歯周病が悪くなれば、糖尿病も悪化していくため、歯科医師の治療できちんと歯周病コントロールをすることが大切です。
歯周病になりやすい年齢は、50歳以降の中高年が多い一方、20代でも歯周病にかかる方もいます。いずれも、日ごろの歯ブラシ習慣が鍵を握っているといってもいいでしょう。

歯周病と口臭について

歯周病にかかると口臭が強くなるのはなぜか、歯周病特有の口臭などについてご紹介します。

3-1.歯周病と口臭の関連

歯周病にかかった場合、歯茎の腫れや出血とともに、膿(うみ)が溜(た)まります。そのため、口腔(こうくう)内のねばつきが起こり、臭いの原因となるのです。歯周病菌は全身に巡ることも懸念されており、体全体の状態が悪くなることで、口臭が強くなることも考えられます。

3-2.歯周病特有の口臭

歯周病にかかった場合、メチルメルカプタンというガスが発生します。腐ったような臭いがするもので、強い口臭となって現れるのです。歯周病特有の口臭は、腐敗臭に加え、歯垢(しこう)や膿(うみ)による強烈な臭いと捉(とら)えておきましょう。

3-3.歯周病になるとなぜ口臭が出るのか?

前述したメチルメルカプタンというガスが起因しています。歯周病菌は細菌の1つで、歯ブラシだけでは取り除(のぞ)くことはできません。歯科医師による専門的なケアで歯と歯のこまかな隙(すき)間まで掃除をし、歯周病菌の数を減らすことが大切です。メンテナンスを続けることで、口腔(こうくう)内環境は徐々に改善していきます。歯茎の状態もきれいになり、口臭の改善にもつながるでしょう。

3-4.歯周病による口臭チェック方法

口臭の強さを確認する方法を覚えておきましょう。舌の色が白くなっている場合、口臭が強くなる傾向にあります。舌ブラシを使って丁寧に取り除(のぞ)き、白い苔(こけ)を落としてください。

歯間ブラシやデンタルフロスを使っている方は、使用後の臭いを確認しましょう。歯の隙(すき)間には歯垢(しこう)が溜(た)まっているため、掃除をした後は臭いがつきます。

家庭用ブレスチェッカーも販売されており、自分で測定可能です。口臭の度合いが高い場合、歯科医師に診てもらうようにしましょう。歯周病菌への感染が考えられます。

歯周病の治療法

歯周病にかかった場合の治療法や受診すべき症状など、具体的にご紹介します。

4-1.受診すべき症状とは?

歯周病は症状を自覚したころには、重症に陥っている可能性も高いため、早期発見がとても大切です。歯茎の腫れや出血・口腔(こうくう)内のねばつき・口臭などが少しでも気になったときに、すぐ歯科医院へ行きましょう。

4-2.歯周病の主な治療法

歯周病の治療では、歯茎の腫れや出血を和らげるため、歯周ポケット内の汚れや歯垢(しこう)を徹底的にきれいにします。歯ブラシだけでは歯周ポケット内まで届かず、歯周病の改善にはつながりません。歯科医院で専門的なケアを行い、超音波器具などで清掃してもらってください。

4-3.歯石除去について

歯垢(しこう)は、時間が経過するごとに固まっていき、歯石となって残ります。歯石は削り取らなければ除去できません。歯石は1回取り除いても、一定のサイクルで起こります。定期的に歯科医院でクリーニングを行い、プラークコントロールをしていきましょう。

4-4.歯周病の治療期間・費用などについて

歯周病の進行具合により、治療期間は異なります。軽度なら数か月で改善でき、重症なら1年ほど時間を要することもあるでしょう。歯を支える骨まで溶けた状態では、治療が長期に及ぶと考えておいてください。外科処置を必要とする場合もあります。
費用も来院回数や治療内容によって変動があるため、保険適用で1回2,000円前後の治療費が必要です。

4-5.歯周病治療における注意点

歯周病治療は根気がいるもので、セルフケアも同時に行わなければ意味がありません。歯科医院でも治療と同時に、歯ブラシの仕方なども見直しましょう。治療が面倒になり、通院を止めてしまった場合、再発する可能性もあります。根本から改善するためにも、歯科医師の指導に基づいて、歯周病をきちんと治すことが大切です。

歯周病と口臭予防

口臭は他人(たにん)に不愉快な思いを与えてしまうこともあるため、歯周病治療と合わせて改善をしていきたいですよね。自分でできるケアや歯ブラシの仕方などをご紹介します。

5-1.口臭ケアで自分なりにできること

5-1-1.プラークコントロールについて

歯垢(しこう)は、歯についた食べカスや細菌の総称で、別名をプラークと呼びます。プラークは定期的に歯科医院で取り除(のぞ)かなければ、歯石となって定着してしまうのです。プラークコントロールは、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づき、歯垢(しこう)が残りにくい歯ブラシの仕方を実践することを指します。

5-1-2.歯周病予防にも効果がある最新のブラッシング方法

歯ブラシは自分の歯に合うものを選び、適度な弾力があるものが理想です。歯を1本ずつ磨くつもりで丁寧にブラッシングし、ゴシゴシこすらず、小さく揺らしながら磨きましょう。歯周ポケット内の汚れを取り除(のぞ)くには、歯に対して歯ブラシを45℃にあてるのがおすすめです。歯の隙(すき)間にも食べカスは残っていますので、デンタルフロスを使って汚れを取るようにしてください。口臭予防に効果的です。

5-1-3.口臭対策や歯周病予防になる生活習慣

生活習慣で見直すことができるのは、禁煙に努めることです。また、飲酒後に歯磨きをせずに就寝してしまうのも、口腔(こうくう)内の細菌を増やす原因ですから、必ず歯磨きをするようにしてください。

5-2.かかりつけの歯科医院での定期検診

5-2-1.定期健診の必要性

自分なりにしっかり歯磨きをしているつもりでも、必ず磨き残しはあるものです。歯科医師や歯科衛生士といった歯のプロにチェックしてもらい、歯や歯茎の状態を良好に保(たも)つようにしてください。定期検診で異常が見つかるというケースも多く、早期発見で歯周病の初期から治療を開始するいい機会となるでしょう。

5-2-2.定期検診の内容

歯石除去や歯のクリーニングを主に行い、歯周ポケットの深さなども測ります。歯周ポケットが深い場合、歯周病が進行している可能性もあるでしょう。歯周病の場合は出血なども起こりやすく、定期検診では歯茎の腫れなども診てもらえます。虫歯予防のため、フッ素塗布をする場合もあり、歯の状態を見て処置方法が選ばれるのが一般的です。

5-2-3.かかりつけ歯科医院での定期検診にかんする頻度や回数

人によって歯の状態は異なるため、歯科医師の指示に従って通院スケジュールが組まれます。3か月〜6か月に1回という方が多いものです。急性期は、数週間に1回の処置を必要とすることもあるでしょう。

歯周病や口臭でよくある質問

歯周病はかからないことが大切で、予防意識を持って過ごすようにしましょう。口臭も自分で気になるようでは手遅れです。エチケットの1つとして、対策などを考えておくようにしてください。

6-1.歯周病は自然に治ることはない?

歯周病は細菌の感染によるもので、自然治癒はありません。口腔(こうくう)内にある細菌を取り除(のぞ)き、進行を食い止めることが重要です。

6-2.歯周病菌が活発になる時間帯はある?

夜間や就寝中は、歯周病菌の活動が活発化します。そのため、就寝前の歯磨きがとても重要です。口臭が気になる方は、毎食後に磨くなど、日常生活でできることを取り入れてみてください。

6-3.重度の歯周病では抜歯が必要?

歯のぐらつきがひどい場合、抜歯を行います。歯を支える骨にまで歯周病菌が影響を与えているためです。抜歯後は、歯の再生処置を行います。差し歯やインプラントなどが導入されており、予算や希望に応じて決めることになるでしょう。

6-4.歯周病対策には歯磨き粉も活用すべきか?

歯槽膿漏(のうろう)向けの歯磨き粉などを使い、普段のブラッシングに活用するのもおすすめです。しかし、歯磨き粉を使っているからと頼り過ぎず、歯磨きの仕方もきちんと見直しましょう。

6-5.歯周病治療中はホワイトニングは避けるべきか?

まずは、歯周病をしっかり治し、歯と歯茎を健康な状態にしてからホワイトニングを始めましょう。歯科医師とよく相談し、時期を検討するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか? 歯周病は重度なものを歯槽膿漏(のうろう)とも呼びます。自覚症状がないまま進行し、いつの間にか歯のぐらつきなど深刻な状態になってしまうことが多いものです。また、歯周病は、細菌への感染が原因であるため、歯茎の腫れや出血以外にも、膿(うみ)や口臭を招きます。歯周病特有の口臭は、とても強い腐敗した臭いで、他人(たにん)に不快感を与えてしまうものです。歯周病は歯科医院で歯周ポケットに溜(た)まった歯垢(しこう)をクリーニングしてもらい、定期的にメンテナンスを続けることで改善します。通院頻度は、症状の進行具合によって異なり、急性期は数週間ごとの通院を要する場合もあるでしょう。歯周病は中高年期から発症しやすい病気でも、喫煙習慣がある方は発症リスクが高いため、注意が必要です。普段の過ごし方を見直し、歯周病になりにくい歯ブラシの仕方を身につけましょう。