歯周病の検査方法について知りたい! 歯周病の原因や治療方法と共に解説

歯周病は、誰でも発症の可能性がある歯周組織の病気です。「自分は歯周病だろうか?」と悩み、検査をしてみたいと思っている人もいるでしょう。その一方で、「検査を受けたいが痛みがないか不安だ」「検査を受けたいが、時間がない」と悩んでいる方もいると思います。

そこで今回は、歯周病の検査方法や検査の流れなどを紹介しましょう。

  1. 歯周病の基礎知識
  2. 歯周病検査について
  3. 歯周病のセルフチェック
  4. 歯周病の治療方法
  5. 歯周病の予防方法
  6. 歯周病の検査に関するよくある質問

この記事を読めば、歯周病の予防方法や早期治療の大切さなども分かります。歯周病の検査を受けてみたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.歯周病の基礎知識

はじめに、歯周病の原因や症状、放置しておく危険性について紹介します。

1-1.歯周病は歯周組織の炎症

歯周病は、歯肉・歯根膜(しこんまく)・歯槽骨(しそうこつ:歯の根っこ)・セメント質など、歯周組織に炎症が起こる病気です。歯肉だけが炎症を起こした状態を歯肉炎、歯肉以外にも炎症が広がった状態を歯周病といいます。

1-2.歯周病が進行すると歯が抜ける

歯周病の初期は、自覚症状がほとんどありません。症状が進むにつれて、歯茎が腫れたり歯みがきをすると血が出たりするようになります。さらに症状が進むと歯のぐらつきなどの症状も現れ、炎症が歯槽骨にまで達すると最後には歯が抜け落ちるのです。中高年になると、歯が抜ける原因の第1位は虫歯ではなく、歯周病になります。

1-3.歯周病で歯が抜けると差し歯・ブリッジなどが難しくなる

歯周病で歯が抜けるのは、家の土台が崩れて柱が倒れるようなものです。1本歯が抜ければ、周りの歯も次々に抜けてしまう可能性があります。また、歯を支える土台が炎症を起こしているので、差し歯やブリッジが使えないケースもあるでしょう。結果的に総入れ歯になってしまうこともあります。

1-4.歯周病が進行すると誤嚥性(ごえんせい)肺炎などを起こしやすくなる

歯周病が進行すると、歯周病の原因となる細菌が口腔内から体内に入りやすくなります。すると、誤嚥性肺炎や狭心症・心筋梗塞などのリスクが高まる可能性があるのです。また、歯がなくなるとものがうまくかめなくなり、胃腸にも悪影響が出ます。

1-5.歯周病は歯垢内の細菌が原因

歯周病は、歯垢(しこう)内にいる細菌が原因です。また、糖尿病の合併症として歯周病が出ることもあります。さらに、喫煙や肥満なども歯周病発症のリスクを高めるでしょう。

2.歯周病検査について

この項では、歯周病の検査やその流れ、検査の結果分かることなどを紹介します。

2-1.歯周病の検査は複数ある

歯周病の検査には、以下のようなものがあります。

  • ポケット検査:歯と歯肉の間にできた溝の深さを専用の器具で測る検査。深さが3㎜を超える場合は歯周病ポケットと呼ばれ、歯周病が進行している証拠となる。
  • レントゲン検査:レントゲンを撮って歯を支えている歯槽骨の状態を検査する
  • 歯の動揺度の検査:歯のぐらつきの検査。歯周病が進行していればぐらつきは大きくなる。
  • 細菌検査:歯のポケット内にどんな細菌がいるのかの検査
  • 咬み合わせの検査:かむ力がどのくらいあるか、不整咬合はないかなどの検査

これらの検査のうち、2~3種類を行って歯周病の状態などを調べるのです。

2-2.検査をすれば歯周病がどの程度進んでいるか分かる

検査をすれば、歯周病かどうかはもちろんのこと、歯周病がどの程度進んでいるかが分かります。歯周病の進行度が分かれば、治療方法もある程度定めることが可能です。

3.歯周病のセルフチェック

歯周病かな?と思ったら以下の項目に当てはまるかチェックしてみましょう。

  • 歯の周囲がネバネバする
  • 歯が伸びてきた気がする(歯茎が下がった)
  • 歯茎が赤く腫れてきており、歯みがきすると血が出る
  • 知覚過敏がある
  • 歯がぐらぐらする
  • 口臭が以前よりきつくなった

このような症状が出た場合、早めに歯医者を受診して詳しい検査を受けてください。

4.歯周病の治療方法

この項では、歯周病の治療方法や費用などを紹介します。

4-1.基本は歯垢の除去とぐらつきの矯正

歯周病の基本的な治療は、ポケット内の歯垢除去です。まだ歯周病が初期の段階ならば、歯垢を除去してブラッシングの指導をして、症状の改善を目指します。歯のぐらつきが出ている場合は、歯を削ってかみ合わせを調整したり歯科用の接着剤で隣の歯同士をくっつけたりして、ぐらつきを抑える治療が行われるでしょう。ぐらつきが治まったら、歯周組織の再生を目指します。

4-2.外科治療

ポケット内に歯垢がたくさんつき、歯周病が進んでいる場合はポケットを減少させる手術を行います。また、歯周組織を再生する治療法もありますが、すべての人に行えるとは限りません。進行しすぎている歯周病には効果がないこともあります。

4-3.歯みがき

自分でも行えるセルフケアに、歯みがきがあります。柔らかい歯ブラシを用い、歯茎をマッサージするように歯垢を除去するよう、歯医者で指導されるでしょう。1回の歯みがきにつき、10~20分ほど時間をかけて行うのが理想です。

4-4.治療実績が豊富な歯科医を選ぶ

歯周病治療は、実績豊富な歯科医を選びましょう。現在は歯科が多くなり、それぞれの歯科医の得意分野が細分化しています。今はサイトを開設している歯科医も多いので、簡単に歯周病の治療実績や治療方法をチェックできるでしょう。なお、歯周病の治療はほとんど健康保険が適用されます。

5.歯周病の予防方法

この項では、歯周病の予防方法を紹介します。

5-1.中高年・喫煙者・糖尿病患者は特に注意が必要

年齢が高くなると歯周病のリスクも高まります。35歳以上の人は、歯みがきの回数ややり方を見直してみましょう。また、喫煙者や糖尿病患者は若くても歯周病になるリスクが高くなっています。さらに、妊婦も歯肉炎から歯周病へ進行しやすいので、注意が必要です。

5-2.ブラッシング方法を改善する

歯と歯の間や歯と歯肉の境目、かみ合わせ面は歯垢がたまりやすい場所です。そのあたりを特に念入りに、5分程度の時間をかけて磨きましょう。また、歯ブラシが届かない場所は歯間ブラシやデンタルフロスを利用するなどして、歯垢除去に務めることが大切です。また、夜寝る前と食後の歯みがきは欠かさず行いましょう。歯みがきの仕方がよく分からない場合、歯医者で教えてもらうこともできます。

5-3.定期的に歯垢除去に通う

定期的に歯医者に通い、歯垢除去や歯のチェックをしてもらうことが大切です。30歳台になったら、かかりつけの歯科医を作り半年に1度は歯のチェックを行いましょう。歯医者に定期的に通っていれば、歯周病の早期発見も可能です。これを予防歯科といい、歯科医も推奨しています。歯垢除去は健康保険が適用されるほか、自治体によっては一定の年齢になったら年に1度、無料で歯科検診を受けられるところもあるので、ぜひ利用してください。

5-4.ストレスをためず好き嫌いをしない

ストレスも歯周病発症の原因になります。また、柔らかく甘いものや粘り気のあるものは歯や歯茎にいつまでも残りやすく、虫歯や歯周病のリスクを高めるので、食べた後はしっかりと歯みがきをしてください。歯みがきをする時間がない場合、キシリトールガムをかむのもおすすめです。

6.歯周病の検査に関するよくある質問

この項では、歯周病の検査に関する質問を紹介します。

Q.自覚症状が出てから歯医者で歯周病の治療を受けるのでは、遅いのでしょうか?

A.はい。自覚症状が出ているということは、ある程度歯周病が進行している可能性があります。歯茎が腫れているように見えるなど、歯周病かもと思う症状が出たらできるだけ早く検査を受けてください。

Q.歯周病の検査はどのくらいかかりますか?

A.おおよそ1時間程度で終わることが多いでしょう。

Q.歯周病はどのくらいのスピードで進行しますか?

A.個人差はありますが、口腔ケアが不十分だったり喫煙をしていると進行が早まる傾向があるでしょう。

Q.歯周病と虫歯が同時に発症することはありますか?

A.はい。もちろんです。

Q.予防歯科はずっと続けたほうがいいでしょうか?

A.はい。健康診断と同じように毎年続けてください。そうすれば、歯の健康を保つことができるでしょう。

まとめ

今回は、歯周病の検査方法を中心に、歯周病の症状や原因、治療方法・予防方法を紹介しました。40歳以上の日本人は7割が歯周病を発症しているといわれています。決して珍しい病気ではなく、放っておくと歯の健康状態が大きく損なわれるでしょう。また、最悪の場合は、心臓病や肺炎の原因にもなります。ぜひ、定期的に歯科医院を受診し、歯茎や歯の状態を検査し、歯垢を除去してもらいましょう。そうすれば、歯周病を発症しても早期発見・治療ができます。