転職したい薬剤師

薬剤師の勤務時間・時給の平均は? 転職したい薬剤師必見です。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

薬剤師は、薬のエキスパートとして薬剤の調剤や販売・相談などをすることができる職業です。薬剤師を必要としている職場も多く、調剤薬局の他にドラッグストアや製薬会社・行政の施設等で働く薬剤師もたくさんいます。また、正社員の他パートやアルバイトでの求人も豊富です。

そこで今回は、薬剤師の勤務時間や時給の相場を職場別にご紹介しましょう。

職場別の勤務時間や時給の相場が分かれば、転職や復職をするときに参考になります。転職や復職を考えている薬剤師の方や薬剤師の資格取得を目指して勉強中の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 薬剤師の働き方について

この項では、薬剤師を必要としている職場や働き方の種類などを紹介します。薬局以外ではどのような場所が薬剤師を求めているのでしょうか?

1-1.薬剤師を必要としている職場

薬剤師の職場というと真っ先に調剤薬局がイメージされます。それ以外にも、

  • 病院(院内薬局)
  • ドラッグストア
  • 製薬会社
  • 行政施設
  • 学校関係
  • 自営業(薬局を開業する)

などがあります。

1-2.薬剤師の働き方は?

薬剤師の働き方は、正社員の他にパートやアルバイトがあります。正社員で働く場合は、ごく普通のサラリーマンと同じように9~5時までの8時間勤務が基本です。職場によっては残業・出張・夜勤などもあり、全国に支社がある会社に就職したり公務員になったりした場合は、転勤もあるでしょう。

パートやアルバイトの場合は、数時間単位の勤務になります。午前中だけ、午後だけという働き方もできますし、週に2~3日の勤務も可能です。パートやアルバイトを募集している職場は調剤薬局や院内薬局(病院)・ドラッグストアなどがあります。

1-3.薬剤師の休日について

薬剤師の休日は職場によって異なります。院内薬局や製薬会社・行政施設などは土日の休みが基本です。土日も開業している調剤薬局やドラッグストアの場合は、従業員が交代で休みを取ることが多いでしょう。ですから、月によって休みが違います。職場によっては休日出勤や当直が定期的に入るところもあるでしょう。

1-4.薬剤師の平均年収や時給について

薬剤師が正社員待遇で就職した場合、平均年収は533万円程度です。性別で比べると男性薬剤師の平均年収は約560万円、女性薬剤師の平均年収は520万円程度となっています。これは、あくまでも平均年収であり、職場によってはいろいろな手当てがついてもっと高収入になることもあるでしょう。

パートやアルバイトで働く場合、時給は1,800円以上が相場です。平均時給は東京や大阪などの都市部が高い傾向にありますが、薬剤師が少ない地方では、都市部よりも高い時給で薬剤師が募集されているところもあります。

薬剤師の時給は、調剤薬局や院内薬局よりドラッグストアが高い傾向です。しかしその分、仕事がハードだったり勤務時間が長くなりがちだったりするので、パートやアルバイトで働きたいという方は勤務内容もよく調べてから決めるとよいでしょう。