薬剤師の資格を目指している方

薬剤師の資格取得を目指している方必見! 仕事内容を詳しく紹介します。

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

薬剤師は医薬品全般について幅広い知識を持ち、医師の処方箋に基づいて調剤をする薬のエキスパートです。ドラッグストアで薬を販売する際も、1類や要指導医薬品は必ず薬剤師の資格を持っている方が対応しなくてはなりません。就職に困らない資格というイメージが強い薬剤師ですが、その仕事内容を詳しく知っているという方は少ないと思います。

そこで今回は、薬剤師の資格取得の方法や仕事内容をご紹介しましょう。

職場ごとの仕事内容が分かれば、転職する際の参考になります。薬剤師を目指してる方や転職を考えている薬剤師の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 薬剤師とは?

はじめに、薬剤師の資格を取得する方法や就職率・需要と供給のバランスなどを紹介します。薬剤師は安定した職種というイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか?

1-1.薬剤師の資格を取得する方法

薬剤師になるには、大学の薬学部に卒業した後に薬剤師の国家試験に合格する必要があります。薬学部はかつて4年制でしたが、2006年(平成18年度)から6年制に変更になりました。それに伴い、薬剤師に要求される知識や技術も高度なものになっています。

1-2.有資格者数と求人・就職について

厚生労働省によると、2014年時点で届出がある薬剤師数は、約28万人です。そのうち男性薬剤師が約11万人・女性薬剤師が17万人で、女性の方が約5万人も多くなっています。また、薬剤師は全国の大学が薬学部を新設し続けた結果増加傾向にあり、2028年には40万人以上まで増えるだろうと予測されているのです。

薬剤師の求人は調剤薬局をはじめ、病院の院内薬局やドラッグストア・製薬会社・学校・役所のような公的機関まで多岐にわたります。また、働き方も正社員だけでなく、パートやアルバイトの求人も豊富なため、育児と仕事を両立しやすい仕事です。

1-3.薬剤師の安定性について

薬剤師は、資格を取得さえすれば一生就職には困らないといわれてきました。しかし、これから薬剤師の数は増加し続けます。そのため、近い将来薬剤師過多の時代がやってくると考えられているのです。

とはいえ、職場や働き方を選ばなければ、薬剤師が完全失業をすることはほぼないでしょう。その一方で、育児や介護などで長期間職場を離れていた薬剤師の復職は、現在より難しくなると考えられます。

1-4.薬剤師の需要は今後どうなるのか

今は町中にたくさんのドラッグストアや調剤薬局があります。これらには、すべて薬剤師が必要です。これからますます高齢化社会が進めば、薬の需要も増えてくるでしょう。しかし、調剤薬局やドラッグストアの数がこれから爆発的に増えていく可能性は低いのです。

また、薬剤師にも医師や看護師と同じくより専門性の高い知識が求められています。ですから、高いスキルを持つ薬剤師の需要は安定していますが、ただ資格を持っているだけだったり離職期間が長かったりする薬剤師の需要は、今後低下していく可能性があるのです。

1-5.薬剤師のキャリアアップについて

薬剤師は同じ職場で長く働いていれば、その経験が一つのキャリアになります。それをさらにレベルアップするためには、認定薬剤師の資格を取得するのがおすすめです。認定薬剤師とは、質の高い薬剤業務を目的として設定されました。薬剤師が勉強して、最新の医療や薬学に関する単位を取得したことを認定する資格です。

認定薬剤師の資格は現在20種類以上あります。資格によって取得できる条件や試験の有無・資格取得するまでの期間・費用などがすべて異なるので、自分が取得したい認定資格のことをまずよく調べてからキャリアアップを目指しましょう。