体を動かす趣味・習い事を知りたい? 初心者でも安心なものを解説!

体を動かす趣味・習い事を知りたい? 初心者でも安心なものを解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

体を動かすことは、栄養バランスのいい食事や規則正しい生活リズムと並んで健康のための基本と言えます。できれば、普段から趣味や習い事として楽しみながら行いたいですよね。そこで、今回は、体を動かす趣味や習い事について詳しく解説します。記事を参考に、いろいろと探してみてください。体を動かす意味や注意点などもわかるので、とてもためになりますよ。

この記事を読むことで、体を動かす趣味や習い事にはどんなものがあるかがわかり、自分に合ったものを選ぶことができます。社会人でも続けやすい習い事を選べば、三日坊主を防ぐことができるはずです。まずは、記事を読んでみてください。体を動かす趣味や習い事についてしっかり学びましょう。

体を動かすことのメリットを学ぼう

最初に、体を動かすことのメリットを学びましょう。運動不足の悪影響を知ることも大切です。

1-1.体を動かすとはどういうこと?

体を動かすとは、軽く運動をするという意味です。私たちは、どんなことをするにしても体を動かしています。手を伸ばしてものを取ったり食事を作るために材料を切ったりしているものです。足で立ちあがり、歩いて移動することもできます。体のあらゆるパーツを動かすことで生活をしているのです。

1-2.体を動かす必要性

体を動かすことは、とても大切なことです。私たちの体は、普段から適宜使うことで機能を維持できます。運動量が少ない人は、筋力や体力が無いため、病気やケガになりやすいものです。体を動かし、筋力や体力を維持することで健康に長生きできます。体を動かす習慣がある人は基礎代謝量も高いため、太りにくく、生活習慣病を発症しにくくなる点からも必要性の高さがわかるはずです。

1-3.運動不足の悪影響を知ろう

私たちの体は意識して動かしていないと筋力が落ち、筋肉の柔軟性がなくなって動作に支障が出るようになります。余分なエネルギーを代謝できなくなり、脂肪となって体に付いてしまうのも問題です。美容に悪いだけでなく、余分な脂肪はメタボリック症候群や生活習慣病の原因にもなります。運動不足の悪影響は、生活に大きな影を落とすのです。

1-4.体を動かすメリットは?

体を動かすメリットは、たくさんあります。主なものは、以下をご覧ください。

  • 健康になる
  • 新陳代謝が上がる
  • ストレスを解消できる
  • 美容効果がある
  • ケガのリスクを減らす

体を動かすときの注意点とは?

体を動かすときには、さまざまな注意点があります。主なものについて、詳しく解説しましょう。

2-1.急激にやり過ぎないこと

特に、初期に注意したいのが、急激にやり過ぎないことです。気持ちが高まり過ぎているときは、体を動かし過ぎてしまうので気を付けてください。いきなり負荷がかかると体が悲鳴を上げてしまいます。最初から頑張り過ぎると、体だけでなく気持ちもすぐに折れて挫折してしまうものです。徐々に慣らすように、運動量を増やしていきましょう。

2-2.ケガに注意すること

体を動かすことには、ケガのリスクが伴います。運動前後のストレッチを入念に行うことや、無理をしないことが大切です。自分の実力に合ったペース、強度のものを選びましょう。また、体調が悪いときには中止してください。体を動かすことに慣れたころにケガをしやすいものです。気を抜き過ぎないように注意しましょう。

2-3.疲労を溜(た)め過ぎないこと

体を動かした後は、疲労します。しっかり休息を取って、疲労を溜(た)め過ぎないようにしてください。栄養バランスのいい食事に気を付けたり、ゆっくりと湯船につかったりするのも効果的です。疲労が溜(た)まったまま無理をするとケガや体調不良の原因になるので気を付けましょう。

2-4.体を動かすときの注意点でそのほかのこと

体を動かすときには、十分に準備運動・ストレッチを行って体をほぐしましょう。また、運動に適した服装と靴を用意してください。自分のペースを守って、無理をしない程度に行いましょう。なお、汗をかくと脱水が心配です。休憩中の水分補給も忘れないでください。体内のミネラルバランスを保つためにも、スポーツ飲料を2倍に薄めたものをおすすめします。

体を動かす趣味や習い事について具体的に解説

体を動かす趣味や習い事について、どんな方法があるか・始め方・選び方のポイントなど詳しく解説します。

3-1.体を動かす趣味や習い事にはどんな方法がある?

体を動かす趣味や習い事は、たくさんの種類があります。また、有酸素運動・無酸素運動・筋肉運動など、方法も異なるものです。特に人気の高いものを、主なメリットなどと併せてご紹介します。

3-1-1.ヨガ

ヨガは、さまざまなポーズをゆったりと取ることで筋肉の柔軟性を高め、リラックス効果のある運動です。初心者向きのポーズから入り、徐々に難しいポーズに挑戦するようにすれば無理なく続けることができます。心臓に負担がかかりにくく、特に女性に人気が高いのが特徴です。

  • 主なメリット:体が柔らかくなる・リラックス効果がある・苦しくない

3-1-2.ウォーキング

体を動かす趣味で特に初心者におすすめなのが、ウォーキングです。有酸素運動であり、新陳代謝を高めることができるので、毎日20分から30分程度、意識して歩くことをおすすめします。ウォーキングは、単体でも楽しめるだけでなく、通勤・通学や散策を兼ねることができ、忙しい人にもピッタリでしょう。

  • 主なメリット:初心者でも始めやすい・新陳代謝が高まる・ながら運動ができる

3-1-3.ストレッチ

ストレッチは、筋肉を柔軟にし、関節の稼動域を広くします。すべての運動を安全に行うために必要です。初心者は、正しいストレッチを身に付けることから始めることをおすすめします。運動能力に自信が無い人でも、ストレッチなら恥ずかしい思いをすることもありません。行うほどに体が柔らかくなり、関節の稼動域が広くなることを実感できるはずです。

  • 主なメリット:運動神経に自信が無い人でも行える・ケガのリスクを減らすことができる

3-1-4.フラダンス

女性を中心に人気なのが、フラダンスです。フラダンスは、ハワイで生まれた伝統的な民族舞踊であり、ハワイアン音楽に合わせながらゆったりと踊ります。初心者でも覚えやすく、ストレス解消にもなることが特徴です。腰を振る・ひねるなどの動作により、優雅な見た目にもかかわらず運動量があるため、シェイプアップを目指す人にもおすすめと言えます。

  • 主なメリット:ストレス解消になる・シェイプアップ効果が高い

3-1-5.ジム

体を動かす習慣を付けるために、ジムに通って筋トレやフィットネスなどを行う方法もあります。自分の体力・運動能力に合わせてプログラムを組み、コツコツと続けることができるのが特徴です。体力が付けるためだけでなく、筋力アップや体脂肪の減少などのために通う人も多くいます。ひとりでコツコツ体を動かしたい人にも向く運動です。

  • 主なメリット:筋力アップや体力アップができる・ひとりでコツコツできる

3-1-6.スイミング

男女ともに、人気が高いのがスイミングです。水中では、浮力のおかげで足腰に負担がかかりにくいことから、年齢を問わずに始めることができます。タイムを競ったり、長距離をゆったりと泳いだりなど、自由度が高い運動です。屋内プールなら気温や天候を気にしないで利用できる点でもおすすめします。

  • 主なメリット:体力が付く・足腰に負担がかかりにくい

3-1-7.ボクシング

ボクシングも、体を動かす趣味として人気です。本格的な試合形式ではなく、音楽やリズムに合わせてボクシングの動きを行う「ボクササイズ」もあります。基本的な動きを覚えてしまえば簡単にできるため、プログラムを取り入れるところが増えてきました。ストレス解消にもピッタリの運動です。

  • メリット:ストレス解消になる・楽しく運動できる

3-2.体を動かす趣味・習い事の始め方

体を動かすことを始めるためにビッタリな季節は、春が一番です。春は、気温も低過ぎず高過ぎないため、体への負担も少なくて済みます。また、気持ちのいい気候なので自然と体を動かすために外出するようになるからです。タイミングは、体を動かしたいと思ったときにすぐ始めることをおすすめします。気分が乗っているときを逃すと、面倒になるので気を付けてください。なお、最初から気合いを入れ過ぎると挫折します。初日は、ごく軽い運動で終わってください。まずは、体を動かしたことを実感することが大切です。

3-3.習い事の選び方を詳しく解説

習い事の選び方について、コツを解説します。実際に選ぶときの参考にしてください。

3-3-1.男女それぞれに人気の習い事は?

体を動かす習い事でも、男女で人気が異なります。

  • 男性に人気が高いもの:ジム・スイミング・ボクシング
  • 女性に人気が高いもの:ヨガ・ストレッチ・フラダンス・スイミング

男性は、体力・筋力が付き、やや激しい運動を好む傾向があります。女性は、強度が弱めでじっくりと楽しむことができるものを好むのが特徴です。

3-3-2.ひとりでできるものか?

体を動かす趣味を行うとき、いつも誰かが一緒にできるとは限りません。複数で行う運動は、人数が揃(そろ)わないと中止になることもあります。長く続けるためにも、ひとりでできるものかどうかも重要なポイントであることは確かです。できれば、友達や家族と一緒でもひとりでもできるものを選びましょう。

3-3-3.習い事の時間について

体を動かすことをいつ行うかも考えましょう。朝・昼・夕・夜、どの時間帯に行うのかによっても、選択の幅が異なります。ジムなどは、朝は通えないことも多いはずです。また、会社帰りに習おうと思っていても、習い事の実施時間が合うとは限りません。興味を持った運動を自分が希望する時間帯にできるかどうか、調べてみてください。

3-3-4.習い事の料金について

体を動かす習い事は、無料でできるものと有料になるものとに分かれます。たとえば、自治体が行う運動プログラムには無料のものもあるでしょう。しかし、毎月2回程度だったり、やりたい種類を実施していなかったりすることがあります。有料でも、自分がやってみたいものを行っているところに通った方が長続きするものです。有料の場合、毎月数千円から1万円程度の料金がかかることが多くなります。

3-3-5.習い事の選び方にかんするそのほかのこと

いきなり決めてしまうのではなく、体験レッスンなどを利用して自分に合うかどうかを確かめましょう。体を動かしてみて、想像よりキツいことがわかる場合もあります。また、続けて見たいと思わないこともあるでしょう。最初は幅広く体験してみて、徐々に候補をしぼっていくことをおすすめします。

体を動かす趣味にかんするよくある質問

最後に、体を動かす趣味にかんするよくある質問に回答します。無理なく自分に合ったものを始めるためにも、それぞれ参考にしてください。

4-1.運動神経が悪くても続けることができるものは?

テニス・サッカーなど、球技は運動能力とセンスを必要とするのでおすすめしません。また、チームプレイが基本となるものも避けましょう。ひとりでコツコツ行うタイプの運動なら、人の目を気にすることなくできておすすめです。ウォーキングやストレッチなどは、運動神経に関係がありません。まずは、体を動かすことを好きになることから始めましょう。

4-2.仕事が忙しくて残業が多い場合におすすめの運動は?

残業で夜が遅くなりがちな人は、朝もしくは休日に体を動かすようにしましょう。朝は、早めに起きて体を動かすとスッキリします。休日は、ストレス解消も兼ねて好きな運動を行いましょう。平日と休日のメリハリが付いて、毎日が生き生きしてきます。なお、休日には疲れ果ててしまうという場合は、無理をしないでください。自宅でゆっくりとストレッチをしたり、近所をゆっくり散歩したりする程度でも構いません。

4-3.高齢者が体を動かす場合の注意点は?

今まで運動をしていない高齢者は、体力も筋力も衰えていることが多いものです。初心者には、軽めのウォーキングをおすすめします。まずは、簡単な体力測定を兼ねて、自宅近くを20分ぐらい散歩してみてください。息が上がるようであれば、10分程度の散歩を翌日に行って様子を見ましょう。若い人と同じように運動しようとしてはいけません。何よりも、自分の体力や運動能力を考えて選びましょう。

4-4.子どもの運動不足を解消できる習い事は?

子どもは、成長期のため、体に負担が大きくかかる運動はおすすめしません。たとえば、スイミングなどがおすすめです。スイミングは、足腰に負担がかかりにくいだけでなく、心肺機能を強化する効果があります。また、子どもはプール好きなことが多いので喜んで通ってくれる可能性も高いからです。運動不足の解消が目的なら厳しい指導で有名な教室ではなく、楽しく自由に学べるところを選びましょう。

4-5.挫折しやすい性格でも続けるためのコツは?

挫折しやすい人は、無理な目標設定をするためすぐにやる気を失いがちです。体を動かした日には、カレンダーや手帳にシールを貼りましょう。たとえば、シールが10個溜(た)まったらお気に入りのケーキを食べるなど、小さな目標を立ててください。コツは、できるだけ最初からハードルを上げないことです。

まとめ

今回は、体を動かす趣味や習い事について詳しく解説しました。特に初心者にとっては、自分の体力や能力を見極め、適切なものを選ぶことが大切です。そのためにも、体を動かすときの注意点についてもきちんと理解しておきましょう。体を動かすことは、健康にいいことに違いありません。しかし、大切なことは継続して行うことです。記事を参考に、無理なく長く続けることができるものを探してください。