白湯の健康効果

白湯の健康効果とは?白湯の作り方や飲み方・注意点について知ろう!

今、白湯の効果が注目されていることをご存知ですか? 白湯とは熱湯を冷ましたぬるま湯のことですが、その気軽さとは反してさまざまな健康効果があります。

そこでこの記事では、白湯の効果や作り方・飲み方について説明しましょう。白湯の効果を知りたい、健康効果が気になっている人はぜひチェックしてくださいね。白湯の効果を知って、効率的に活用していきましょう。

白湯の
健康効果

白湯とは熱湯をぬるま湯程度に冷ましたものです。白湯ダイエットが流行しているように、白湯にはさまざまな健康効果がねむっています。これから、白湯の健康効果について詳しくお話していきましょう。

1-1.内臓機能が活性化して脂肪が燃えやすくなる

白湯は内臓を温める効力を持っています。内臓機能が活性化すると、基礎代謝も向上して体調が良くなるでしょう。体調不良で悩んでいる人は、白湯を飲み続けると良いですよ。また、内臓機能の活性化はあらゆるところで大きな健康効果を生み出します。

主な効果としては“消化機能の向上”や“脂肪燃焼機能のアップ”です。内臓機能が活性化すると、消化機能の働きが良くなります。食べものの消化を助けてくれるため、たまっていた便が排出しやすくなるでしょう。さらに、たまっていた脂肪も燃えやすくなります。

ダイエットをしたい人は白湯ダイエットを始めてみてください。ダイエットは脂肪燃焼しやすい体質になることが大きなポイントです。

1-2.老廃物や毒素を排出するデトックス効果

基礎代謝の向上は、“デトックス効果”につながります。毎日生活していると体の中に老廃物や毒素がたまるものです。こまめに排出していかなければ体に不調や不具合が現れてくるでしょう。けれども、毎日白湯を飲み続けることで体の中にたまっている老廃物・毒素が排出しやすくなるのです。デトックス効果が向上すれば、むくみやすい体も改善できるでしょう。むくみは健康の大敵になるので要注意です。

また、低体温の傾向がある人は体温をあげることができます。人間の平均体温はおよそ36.9℃と言われているのをご存じでしょうか。低体温の人は常に35℃~36℃をキープしています。健康体よりも体が冷えているあかしなので、体調不良が続く、むくみやすくなるなど不調が起きやすくなるのです。体温をあげるためにも白湯は効果を発揮します。

1-3.精神の安定や美肌効果

白湯の健康効果は、体に関係することだけではありません。心といった精神面にも良い効果をもたらします。過剰なストレスや緊張状態が続くと精神に大きな負担をかけてしまうものです。長時間の緊張状態を続けると、精神が不安定になります。不安定な精神の安定剤になるのが白湯なのです。

白湯は浄化力が非常に高く、体をリラックス状態に導くことができます。白湯をゆっくり飲めば、心が自然と落ち着くでしょう。

また、白湯には“美肌効果”もあるのです。老廃物や毒素がスムーズに排出できるぶん、お肌の不純物もそとに排出しやすくなります。基礎代謝が向上するため、お肌の新陳代謝も向上するでしょう。お肌トラブルが起きてもすぐに新しいお肌へ再生できます。

白湯の作り方・飲み方

2-1.白湯の作り方

白湯の作り方はとても簡単です。白湯にする水・お湯をわかす道具・湯のみの3点セットが用意できれば、いつでも白湯を作ることができます。

白湯にする水ですが、飲み水であればOKです。水道水は硬質なので日本人の体には合っていません。より効果を高めるには「軟水」がおすすめです。

はじめに、飲み水を電気ポットなどで温めていきましょう。飲み水をいれた湯のみを電子レンジで温める方法でもOKです。ある程度沸騰したら止めて、50℃前後まで冷まします。人肌よりも熱いぐらいが飲みごろです。冷水と温めた水を混ぜて白湯を作る人もいます。自分にとってやりやすい方法で作ってください。

2-2.白湯の飲み方

白湯を飲むタイミングは、起床時・毎食時・就寝前です。基本的に、1日5回白湯を飲んでください。飲むタイミングによって効果が異なるため、自分の目的に合ったタイミングで飲むと良いでしょう。

は体が目覚めていない状態です。ゆっくり白湯を飲むことで前日に食べたものが消化しやすくなりますよ。また、基礎代謝を高める作用によってカロリーが消費され、ダイエットにも効果的です。

就寝前に飲むと、体のリラックス効果が期待できます。寝ている間に腸内環境をよくしてくれるため、お通じ解消にも良いでしょう。

飲み方としては、1杯10分ほどかけてゆっくり飲むのがおすすめです。ゆっくり飲むことでじんわり体が温まっていきます。

白湯の
注意点

3-1.飲みすぎや一気飲みには要注意

健康効果があると言われている白湯でも注意点があります。ただ飲めばいいというわけではないので注意してください。特に、「白湯の飲みすぎ」や「一気飲み」は避けましょう。白湯の飲みすぎはむくみを起こしてしまいます。むくみやすい体の人は特に注意しなければなりません。

白湯の1日摂取量はおよそ800ml~1,000mlになります。1回に飲む量はコップ1杯150cc~200ccが最適です。一気飲みは胃液を薄くしてしまうため、消化不良を起こしやすくなります。白湯の効果をうまく引き出すには、1日の摂取量と1回に飲む量をしっかり把握して守ることが大切です。

3-2.白湯の温度に要注意

白湯の温度は人肌よりも熱い「50℃前後」が理想的だとお話しました。熱すぎるのも、冷たすぎるのも良くないのです。

特に注意してほしいのが、35℃以下の白湯。35℃以下は人間の体温よりも低いです。人肌よりも低い温度の白湯は効果が激減してしまいます。効果を高めるためには50℃前後をキープしなければなりません。

また、毎日白湯を飲み続けると味に飽きる時がやってきます。もし、「飽きたな…」と感じた時は白湯にひと工夫してください。たとえば、レモンやはちみつ、マーマレード、すりおろした生姜(しょうが)をいれると味がまろやかになります。楽しみながら白湯が摂取できるでしょう。

生姜は体を温める効果があるので新陳代謝がアップします。低体温で基礎代謝が低下してきている人は、すりおろした生姜をいれてみてはいかがでしょうか?

まとめ

白湯の健康効果や作り方・飲み方、注意点について説明しましたが、いかがでしたか? 白湯)には内臓機能の活性化・脂肪燃焼の向上・デトックス効果・美肌効果・便秘解消効果・精神の安定などさまざまな効果が期待できます。

より白湯の効果を引き出すには「飲み方」や「注意点」を把握しなければなりません。1日の摂取量や1杯の目安量を守ってください。必要な知識をきちんとチェックしたうえで、毎日飲み続けていきましょう。

3日坊主では効果が出てきません。白湯の健康効果は毎日飲み続けるからこそゆっくり現れてきます。健康効果の実感を楽しみながら、白湯を飲み続けていきたいですね。