足底筋膜炎の原因は? つらい痛みをすぐに和らげる3つのポイント

「足の裏が痛い」とお悩みではありませんか? 足の裏に痛みが出ている場合、足底筋膜炎であることが考えられます。足底筋膜炎は、悪化すると歩行に支障をきたすこともあるため、早めに対処することが大切です。そこで、この記事では、足底筋膜炎を早く回復するために知っておきたい対処方法について解説します。

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎とは、足の指からかかとまでをカバーする足底筋膜に炎症が起こる疾患のことです。主に、土踏まずやかかとに痛みが出る場合が多く、重症になると歩行が困難となり日常生活にも支障をきたします。足底筋膜炎の兆候としては、しびれ・ピリピリとしたかゆみ・だるさなどがあり、たとえ痛みが出ていなくてもこのような症状が現れている場合は注意が必要です。

足底筋膜炎の原因は?

それでは、足底筋膜炎はどのようなことが原因で起こるのでしょうか? 代表的な3つの例を紹介します。

2-1.激しいスポーツ

足底筋膜炎の原因としてまず考えられるのが、激しいスポーツです。激しいスポーツによって繰り返し足に衝撃が加わることで、炎症が起こります。特に起こりやすいのが、サッカーやバレーボール・バスケットボール・ランニングなど、走ったりジャンプしたりするスポーツです。

2-2.長時間の立ちっぱなし

長時間の立ちっぱなしによる疲労も足底筋膜炎を引き起こす原因です。長時間立ちっぱなしでいると、足裏にずっと体重がかかった状態となり負担がかかります。特に、肥満気味の方は足の裏にかかる負荷が大きくなるため注意が必要です。

2-3.靴が合っていない

自分の足に合っていない靴を履いているというのも足底筋膜炎の原因になります。靴が合っていないと、足元が安定せず、歩行時や運動時に余計な力が入りがちです。筋肉が緊張することで柔軟性がなくなり、炎症が起こりやすくなります。

足底筋膜炎はどう対処すればいい?

足底筋膜炎を早い段階で治していくためには、正しい対処が欠かせません。効果的な3つの方法を紹介します。

3-1.無理に動かさず安静にする

足底筋膜炎を早く治すために最も大切なのが、安静にすることです。痛みがあるにもかかわらず無理をすると、症状が悪化し回復を妨げる要因となります。できるだけ足に負担をかけないように、安静に過ごすことを心がけてください。

3-2.蒸しタオルで患部を温める

蒸しタオルで患部を温めることも足底筋膜炎には効果的です。温めることによってこわばった足底筋膜がほぐれ、症状が改善されます。お風呂や足湯で温めるというのもよいでしょう。

3-3.ストレッチをする

ストレッチも足底筋膜炎の痛みを和らげるのに有効です。すぐに効果の出る3つの方法を紹介します。

3-3-1.足裏〜ふくらはぎを伸ばすストレッチ

  1. イスに浅く腰掛け、ストレッチをするほうの膝を伸ばします。
  2. つま先を体の方向に引き寄せます。
  3. ふくらはぎの突っ張っている部分を10回ほどさすります。

※これを朝・晩1セットずつ行ってください。

3-3-2.太ももの裏を伸ばすストレッチ

  1. イスに浅く腰掛け、ストレッチをするほうの膝を伸ばします。
  2. 体をまっすぐに伸ばし、上半身を前に倒していきます。
  3. 太もも裏の突っ張っている部分を10回ほどさすります。

※これを朝・晩1セットずつ行ってください。

3-3-3.足の甲~すねを伸ばすストレッチ

  1. 正座をし、ストレッチをするほうの膝を持ち上げます。
  2. この状態で10〜20秒程度キープします。

※これを朝・晩1セットずつ行ってください。

ただし、痛みが強いときに無理をしてはいけません。かえって症状が悪化する恐れがあります。ある程度痛みが引いてからストレッチを行うようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、足底筋膜炎の原因・対処方法について解説しました。

足底筋膜炎が起こりやすいのは、

  • 激しいスポーツなど、足裏に繰り返し負荷がかかったとき
  • 長時間の立ちっぱなしで疲労が蓄積したとき
  • 合っていない靴を履いて足に無理な力が入っているとき

などです。

そして、足底筋膜炎を早く治すためには、

  • 無理に動かさず安静にする
  • 蒸しタオルで患部を温める
  • ストレッチをする

などが効果的です。

足底筋膜炎を早く治すためには無理は禁物です。痛みを感じたら安静にし、できるだけ足に負担をかけない生活を心がけましょう。