足底腱膜炎の症状に悩む人

足底腱膜炎の症状に悩む人必見! 主な原因とおすすめの対処法とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

足底腱膜炎の症状にお悩みではありませんか? 足の裏に体重をかけると痛みが発生する疾患で、日常的にスポーツをする人に起こりやすいのが特徴です。原因や症状は人それぞれであるため、足底腱膜炎であることに気づかずに放置している人も多いでしょう。安静にしていれば比較的短期間で自然治癒することがほとんどですが、適切な治療を受けることで回復を早められる可能性があります。また、再発を予防するためにも、治療法やセルフケアの方法を知っておきましょう。この記事では、足底腱膜炎の症状や原因、予防法などをまとめてご紹介します。

この記事を読むことで、足底腱膜炎について詳しく知ることができます。痛みから解放されるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

足底腱膜炎について

まずは、足底腱膜炎という疾患について解説します。

1-1.どんな病気なのか?

足底腱膜炎で痛みが起こるのは、主に足の裏です。足の裏にある筋肉を足底腱膜と言い、この部分に炎症が起こることで痛みが発生します。足底腱膜が炎症を起こすと柔軟性がなくなり、歩いたり走ったりしたときの衝撃を吸収しきれなくなってしまうのです。基本的には足底腱膜に負担がかかることで発症するため、スポーツ選手に多い疾患と言われています。

1-2.主な症状

足底腱膜炎の症状には個人差がありますが、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 歩き始めるときの1歩目が痛い
  • 歩いたり走ったりすると足の裏やかかとが痛む
  • 足が地面に着く瞬間や離れる瞬間に痛む
  • 長時間立っていると足の裏が痛くなる
  • 足の裏がしびれる
  • 足の裏や指の付け根に違和感がある
  • 足の裏を押すと痛む箇所がある

上記のような症状が続いている場合は、足底腱膜炎の可能性があるでしょう。

1-3.なりやすいのはこんな人!

足底腱膜炎は40~50歳代以上の人に多く、特に女性が発症しやすいと言われています。しかし、最近は若い世代のスポーツ選手にも増えてきているのが現状です。特に、剣道や卓球、陸上など、足の裏に繰り返し強い衝撃を与えるスポーツをしている人は、足底腱膜炎になりやすいでしょう。また、長時間歩き続けることが多い営業マンや、長時間立ち続ける受付の仕事をしている人なども発症しやすいため、注意が必要です。

1-4.関連する病気について

足底腱膜炎に関連する病名に、足底筋膜炎があります。病院によって「足底腱膜炎」と診断される場合と「足底筋膜炎」と診断される場合があるため、混乱する人も多いのではないでしょうか。実は、この2つの疾患はほとんど同じものです。足底腱膜は足底筋膜の中央部にあるため、痛みの質や発症の原因も同じであるということを覚えておきましょう。

足底腱膜炎の原因とは?

では、足底腱膜炎の原因についてご紹介しましょう。

2-1.足裏のメカニズムと働きについて

足の裏は平面ではなく曲線を描いています。この曲線は、足にかかる負担を軽減するためのクッションとしての役割を担っているのです。足底腱膜炎によって曲線が崩れると、クッションとしての役割も失ってしまいます。その結果、足の裏に痛みや違和感が発生するというしくみです。

2-2.主な原因

足底腱膜炎を発症する原因には、以下のようなものがあります。

  • 運動による負荷
  • 疲労の蓄積
  • 冷え
  • 扁平(へんぺい)足
  • 加齢による筋肉の硬化
  • 体重増加による負荷増大
  • 合わない靴をはいている

特に多いのが、たまった疲労による慢性的な痛みです。普段から足に負担がかかることが多い生活をしている人は、特に注意しましょう。

足底腱膜炎のセルフケアと対処法

足底腱膜炎は、セルフケアによって症状を軽減することが可能な場合もあります。特に、足に負担をかけている人は、運動量を減らすと同時に、以下の方法を試してみてください。

3-1.ストレッチ方法

硬くなってしまった足裏の筋肉や筋膜を、ストレッチでほぐしましょう。足底腱膜炎の痛みに効果的なストレッチ方法をいくつかご紹介します。

3-1-1.足裏とふくらはぎを同時にストレッチ

椅子に座った状態で片方のひざを伸ばしてください。つま先を自分の体の方へ引き寄せるようにし、足裏からふくらはぎまでの筋肉を伸ばしましょう。最初はつっぱるような感じがしますが、筋肉がほぐれてくると違和感なくできるようになります。

3-1-2.太ももの裏をストレッチ

同じように椅子に座った状態で、つま先が自然と前方を向いた状態になるように足を伸ばしてください。頭を突き上げるように背筋を伸ばし、上半身を前に倒していきます。太ももの裏が伸びてくるのを感じるはずです。

3-1-3.足の甲とスネをストレッチ

正座をした状態で片側のひざを持ち上げてください。前スネの筋肉が伸びるのを感じます。そのまま10~20秒待ち、反対のひざも同じように持ち上げてください。続けていると少しずつ筋肉が柔らかくなり、ひざが高く上がるようになります。

3-2.マッサージ法

足裏とつながる部分をマッサージすることで症状が緩和する場合もあります。血液の流れがよくなり、歩行が楽になるでしょう。かかとや指の裏、ふくらはぎ、太ももをマッサージして血行をよくしてあげてください。ゴルフボールや水の入ったペットボトルなどを床に置き、その上に足を乗せて転がす方法もあります。ただし、自己流のマッサージは危険な場合もあるということを覚えておきましょう。無理して長時間のマッサージを続けると症状が悪化してしまう可能性もあるため、専門医の指導のもとで行ってください。

3-3.テーピング方法

すぐに痛みを何とかしたいときや、安静にしていられないときなどは、テーピングがおすすめです。足の動きを固定することで、足を動かすときに起こる痛みを軽減できます。また、筋肉への負担が減る分、治りも早くなるでしょう。テーピングは、足の指を伸ばした状態でかかとから指に向かって貼ってください。

3-4.グッズを活用しよう!

足底腱膜炎の痛みを軽減するためのグッズがあることをご存じでしょうか。特に、サポーターや靴の中に敷くインソールなどが注目を集めています。それぞれ足裏の曲線を保護するタイプのものとかかとを保護するタイプのものがあるため、痛みが出ている部分に合わせて選ぶとよいでしょう。また、筋肉をほぐすために役立つフットバスなども、足底腱膜炎用のグッズとして人気があります。

3-5.塗り薬や湿布薬について

病院でも、足の裏の痛みに対して塗り薬や湿布薬が処方されることがあります。鎮痛消炎効果があるものなら、痛みは軽減されるでしょう。最近は、抗炎症剤入りの湿布がドラッグストアでも販売されています。しかし、こういったものは一種の対症療法であり、足底腱膜炎を根本から治すことはできません。うまく取り入れて痛みをコントロールしながら完治を目指していくことが大切です。

3-6.やってはいけないこととは?

足底腱膜炎の痛みがあるときは、できるだけ運動を控えるようにしてください。痛みは体からのサインです。無理をして運動を続けると症状の悪化につながるでしょう。足底腱膜炎は、軽度であれば安静にすることで改善する疾患です。初期の段階で運動を休止し、体を休めてあげましょう。また、アイシングもおすすめできません。患部を極端に冷やしてしまうと、筋肉の緊張が高まり治りが悪くなってしまうのです。

足底腱膜炎の治療について

病院で足底腱膜炎と診断された場合は、どのような治療が行われるのでしょうか。

4-1.病院での治療について

病院でレントゲン検査をしても、筋肉や筋膜は映りません。そのため、足底腱膜炎または足底筋膜炎と診断されるには時間がかかる場合もあるでしょう。痛みの原因が筋肉の硬化から起こっていることに気づかず、間違った治療法をすすめられる可能性もあります。最短で治すためには、足底腱膜炎の治療実績のある病院で治療してもらうことが一番なのです。

4-2.受診すべき症状とは?

足の裏の痛みで病院を受診すべきか迷う人は多いでしょう。しかし、足底腱膜炎は適切な処置をすれば1か月ほどで治る疾患です。毎日痛みが続いているようなら、我慢せずに受診することをおすすめします。そのほかにも、以下のような人は早めに受診することを検討してみてください。

  • 痛みが数か月続いている
  • 痛みのせいでスポーツができない
  • 痛みが強くなってきている

4-3.病院の選び方

病院選びのポイントは以下のとおりです。

  • 足底腱膜炎の治療実績がある
  • 痛い箇所だけでなく全身を診てくれる
  • 強い刺激を与える治療をしない
  • 再発防止の方法も考えてくれる

上記のような病院であれば、安心して足底腱膜炎の治療を任せられるでしょう。

4-4.治療方法

足底腱膜炎の治療については、まだ確立されていない部分が多いのが現状です。そのため、医師によって治療方法も異なります。一般的には、テーピングやインソールなどの装具を使った対症療法が行われることが多いでしょう。診断方法としては、レントゲン検査で骨に異常がないことを確認してから、超音波やMRI検査を行うことになります。

4-5.薬について

基本的には、足底腱膜炎の治療に薬が使用されることはありません。ただし、痛みがひどい場合は、鎮痛消炎効果のある軟膏(なんこう)や貼り薬、非ステロイド性鎮痛薬などが処方されることもあるでしょう。薬の使用については、医師とよく相談してから始めることをおすすめします。

足底腱膜炎を予防するには?

足底腱膜炎は症状を繰り返しやすい疾患です。そのため、普段から予防に努めておくことが大切になります。

5-1.適度な運動を心がける

適度な運動は足底腱膜炎の予防につながります。運動によって筋肉のボリュームを維持し、足裏の曲線が崩れないようにする必要があるのです。また、過度な体重増加を予防するためにも、運動を心がけることは大切でしょう。ただし、ハードな運動は逆効果です。ウォーキングや軽いジョギングなど、無理のないものから始めることをおすすめします。

5-2.靴の選び方

合わない靴をはいていることで足底腱膜炎になってしまうこともあります。そのため、靴選びには十分注意しましょう。ポイントは、靴底が硬すぎず柔らかすぎないものを選ぶことです。また、歩くときに足の裏全体を使うことができる靴を選ぶようにしてください。そのほかにも、靴の前よりもかかと部分が高くなっているもの、つま先部分が適度に上がっていて、指を曲げなくても踏み返しができるものがおすすめです。特に、サイズが大きい靴や幅が広い靴をはいていると足底腱膜炎の原因になりやすいため注意しましょう。

5-3.インソールについて

インソールを使用することも足底腱膜炎の予防に効果的です。土踏まずの部分をサポートすることで、腱膜にかかる負担を軽減できます。インソールは、表面が柔らかい素材でできていて、縦アーチがサポートされているものを選ぶようにしましょう。

5-4.注意点

足底腱膜炎の症状とよく似た病気もあるということを覚えておきましょう。レントゲン検査で異常がない場合は、足底腱膜炎と診断されることが多いと思います。しかし、ほかにも考えられる病気はあるのです。たとえば、足の指の付け根部分が痛む場合は、モートン病やハンマートゥが疑われます。そのほかにも、痛風や糖尿病で足裏に痛みが起こる場合もあるのです。ほかに特徴的な症状がないか、全身をよくチェックしてみましょう。

足底腱膜炎にかんするよくある質問

足底腱膜炎の症状に悩む人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

Q.足底腱膜炎と診断されて何か月も治療していますが症状がよくなりません。どうしたらよいでしょうか?
A.足底腱膜炎は、正しく治療すれば早期に回復します。何か月も治療しているにもかかわらず症状が改善されない場合は、治療法が間違っている可能性があるでしょう。セカンドオピニオンを検討するべきです。

Q.足底腱膜炎が完治するとどうなりますか?
A.歩いたり走ったりしても痛みが出ない、指で押しても痛まないという状態になれば完治したと言えるでしょう。また、足裏のつっぱり感も完全になくなるはずです。

Q.足底腱膜炎の初期にやっておくべき対処法として特に効果的なものは何ですか?
A.毎日ゆっくりと入浴する習慣を作ってください。お風呂に入ることで足の疲れを取り除き、血行をよくする効果があります。足底腱膜炎の症状悪化を防ぐ上で重要なポイントになるでしょう。

Q.足底腱膜炎が悪化すると手術することもありますか?
A.保存療法が基本ですが、まれに手術が検討されるケースもあります。長期間治療を続けても改善されない場合などは、痛みのもとになっている部位を切り離す手術が行われることになるでしょう。

Q.足底腱膜炎用のサポーターはどのようなものを選べばよいですか?
A.保温できて柔らかい素材のもの、土踏まずの部分が平らなものを選ぶようにしましょう。特に保温できるかどうかは重要なポイントです。筋肉を柔らかくする効果があるため、選ぶ際は必ずチェックしてください。

まとめ

いかがでしたか? 足底腱膜炎の症状や原因、対処法などをまとめてご紹介しました。「足の裏が痛い」という症状が続いている場合は、足底腱膜炎の可能性があります。症状が軽ければ少しの工夫で改善することも多いため、まずは自分が足底腱膜炎かどうかを見極めてください。そして、自分の症状に合った対処法を見つけましょう。ぜひこの記事を参考にして、痛みから解放されるための方法を知ってください。