足底腱膜炎の症状に悩む人

足底腱膜炎の症状に悩む人必見! 主な原因とおすすめの対処法とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

足底腱膜炎の症状にお悩みではありませんか? 足の裏に体重をかけると痛みが発生する疾患で、日常的にスポーツをする人に起こりやすいのが特徴です。原因や症状は人それぞれであるため、足底腱膜炎であることに気づかずに放置している人も多いでしょう。安静にしていれば比較的短期間で自然治癒することがほとんどですが、適切な治療を受けることで回復を早められる可能性があります。また、再発を予防するためにも、治療法やセルフケアの方法を知っておきましょう。この記事では、足底腱膜炎の症状や原因、予防法などをまとめてご紹介します。

この記事を読むことで、足底腱膜炎について詳しく知ることができます。痛みから解放されるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

01. 足底腱膜炎について

まずは、足底腱膜炎という疾患について解説します。

1-1.どんな病気なのか?

足底腱膜炎で痛みが起こるのは、主に足の裏です。足の裏にある筋肉を足底腱膜と言い、この部分に炎症が起こることで痛みが発生します。足底腱膜が炎症を起こすと柔軟性がなくなり、歩いたり走ったりしたときの衝撃を吸収しきれなくなってしまうのです。基本的には足底腱膜に負担がかかることで発症するため、スポーツ選手に多い疾患と言われています。

1-2.主な症状

足底腱膜炎の症状には個人差がありますが、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 歩き始めるときの1歩目が痛い
  • 歩いたり走ったりすると足の裏やかかとが痛む
  • 足が地面に着く瞬間や離れる瞬間に痛む
  • 長時間立っていると足の裏が痛くなる
  • 足の裏がしびれる
  • 足の裏や指の付け根に違和感がある
  • 足の裏を押すと痛む箇所がある

上記のような症状が続いている場合は、足底腱膜炎の可能性があるでしょう。

1-3.なりやすいのはこんな人!

足底腱膜炎は40~50歳代以上の人に多く、特に女性が発症しやすいと言われています。しかし、最近は若い世代のスポーツ選手にも増えてきているのが現状です。特に、剣道や卓球、陸上など、足の裏に繰り返し強い衝撃を与えるスポーツをしている人は、足底腱膜炎になりやすいでしょう。また、長時間歩き続けることが多い営業マンや、長時間立ち続ける受付の仕事をしている人なども発症しやすいため、注意が必要です。

1-4.関連する病気について

足底腱膜炎に関連する病名に、足底筋膜炎があります。病院によって「足底腱膜炎」と診断される場合と「足底筋膜炎」と診断される場合があるため、混乱する人も多いのではないでしょうか。実は、この2つの疾患はほとんど同じものです。足底腱膜は足底筋膜の中央部にあるため、痛みの質や発症の原因も同じであるということを覚えておきましょう。