長時間のパソコンでも疲れない正しい姿勢を保つポイント

デスクワークの方必見!「長時間のパソコンでも疲れない正しい姿勢」を保つポイント

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

デスクワークの人は、多くの人が肩こりや腰痛に悩まされています。
長時間同じ姿勢をとることが多いうえに、パソコンを見続けているとどうしても猫背になってしまいます。
パソコンを使い続ける時は、正しい姿勢で使うのが最も大切。
デスクワークで毎日パソコンを見続けている人は、自分の姿勢を見直してみましょう。

正しい姿勢のポイント

パソコンを使用するときの正しい姿勢は、以下のポイントを押さえていることが大切です。

  • イスに深く腰掛けて腰を伸ばす(反り腰はNG)
  • ディスプレイが目線と同じ、もしくは少し下になるように
  • 肘は90度を保つ
  • ひざと足首は90度になるように(足がつかない・低すぎるのはNG)

このポイントを押さえましょう。

特に、ディスプレイの高さを目線と同じにするのはとても重要です!
ディスプレイの高さが低すぎたり高すぎたりするとすぐに猫背になってしまい、正しい姿勢が崩れやすくなります。

そして、椅子に深く腰掛けるのもポイント。
深く腰掛けたときに背中とイスに空間ができて違和感がある場合は、座布団やクッションで空間を埋めるようにして姿勢を保ちます。

イスと机を正しい高さに!

正しい姿勢を保つには、机やイスの高さを正しい高さにすることも大切です。
自分が普段使っている机やいすは、正しい姿勢に適していますか?

チェックポイントはコチラ。

イスの高さ

背筋を伸ばして深く座り、足の裏がしっかり床に着く高さが適正な高さです。
ひざ・足首・股関節が90度になる高さに調整しましょう。
調整が効かない場合は足の下に踏み台を置くなどして調整します。

机の高さ

ひじの高さが90度に保てる高さが適切な高さです。
イスに座った状態でひじの状態をチェックしてみましょう。

上記の「正しい姿勢のポイント」を保てるように、机やイスを調整するということですね。

特に、ひざや足首が90度になる高さにするのはとても重要です!
低すぎ・高すぎはどちらも姿勢を崩す原因になりますから、必ず高さをチェックして調整してください。

腰や首が疲れないようにするコツ

私は長年デスクワークでパソコンを見続けています。
同じ姿勢をとり続けることが多く、首や腰が疲れることも多々あります。
首や肩のコリには本当に悩まされたので、自分なりに疲れない工夫をしていました。

  • ノートパソコンはスタンドを使ってディスプレイの高さを調整
  • 手首が疲れないようにリストレストを使う
  • ディスプレイの輝度を下げて暗めにする(目の保護)

これらの工夫がかなり効きました。
疲れない工夫をと姿勢が崩れにくくなるので、ぜひ試してみてください。
目を保護して疲れづらくするのも大切な要素です。
特にノートパソコンを使っている方は、ディスプレイとキーボードの高さを調整するのが難しいと思いますから、スタンド利用を。
スタンドがない人は、ティッシュペーパーの箱などでも大丈夫です。
ディスプレイと目の高さの調整は、正しい姿勢の基本中の基本です!
適正になるように調整してくださいね。

まとめ

パソコンを見るとき、正しい姿勢を保つには

  • 正しい姿勢をチェックする
  • 姿勢を保てるようにイスや机の高さを調整する
  • 首や肩・腰が疲れないように工夫する

この3つを実行してみてください。
慣れてくると自然に正しい姿勢を保てるようになりますよ。