花粉対策は掃除が一番!? 花粉症から開放されるための3つのこと!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

花粉症の方で「外出時に花粉用メガネやマスク、目薬などを使っているのに全然効かない」という場合は、もしかすると家の中に原因があるのかも知れません。外でせっかく花粉対策しても、家の中が花粉だらけでは片手落ちです。徹底的に花粉を除去して、完璧な花粉症対策をしましょう!

この記事を読むことで花粉対策の基礎知識を学ぶことができます。ぜひ、お役立てください!

01. 1.花粉掃除の基本

花粉の掃除は普通の掃除と似てるようで違います。花粉掃除の基本を学んで、正しい花粉対策を行いましょう。

1-1.掃除の重要性

お部屋の花粉対策といえば空気清浄機が人気です。しかし、空気清浄機だけでは花粉症対策が十分とはいえません。なぜなら、空気清浄機では、床や家具の上などに降り積もった花粉までは除去できないからです。そして、床や家具の上などに降り積もった花粉は日常動作を行うたびに舞い上がり、私たちの体内へと侵入してきます。ですから、部屋の掃除は、花粉症対策としてとても重要なのです。特に、寝室やリビングなど、長い時間を過ごす部屋の掃除はこまめな掃除が大切となります。

1-2.掃除のタイミングについて

仕事や学校から帰宅した直後に掃除をするのが良いでしょう。外出時に服や髪の毛などに付着した花粉が家の中に侵入してしまうので、このタイミングでしっかりと除去することが大切です。
帰宅するたびに掃除をしなくてはいけないといわれると、面倒に感じられると思います。しかし、こまめな掃除で汚れが少ない分だけ掃除を簡単に済ませることができますし、何よりも花粉症の症状を発生させにくくできるのでむしろ合理的です。
また、帰宅直後が難しいのであれば、朝一に掃除をするのも良いでしょう。夜間は人が家の中を行き来しないので、空中に舞っていた花粉が床に落ちて掃除がしやすくなります。

1-3.花粉がたまりやすい場所

基本的に、ホコリのたまりやすい場所が花粉のたまりやすい場所と考えてください。たとえば、家具と壁・床との隙間、壁際などが代表的です。また、静電気を発生させるテレビの周りにも花粉がよくたまります。ほかにも、ソファーやサッシなどにもたまりやすいでしょう。

1-4.花粉を持ち込ませないために

1-4-1.家に入る前に花粉を落とす

まずは家に入る前に服や髪の毛に付着した花粉を落とすことが大切です。まずは髪の毛についた花粉を手で払って落とし、次に花粉吸引ブラシや粘着カーペットクリーナーなどを使って服についた花粉を除去しましょう。

1-4-2.家の中に入ったら洗濯とお風呂

家の中に入ったら寝室には服を持ち込まず、また、髪の毛についた花粉を落とすために早めにお風呂にはいりましょう。また、洗濯物は外に干すと花粉が付着してしまうため、日当たりの良い場所で部屋干しをしてください。コートやスーツなど、洗濯ができないものに関しては廊下や玄関前の壁にかけ、室内に持ち込まないようにしましょう。

1-4-3.換気は最小限に

窓を開けると花粉が大量に侵入してくるので、花粉の季節は空気清浄機で換気を行い、窓は開けないように心がけましょう。窓を開けて換気がしたい場合は花粉が飛びづらい時間帯(21時~6時)か雨の日(湿気で花粉が飛びづらい)に行うのが無難です。また、どうしても花粉がたくさん飛んでるときに窓を開けて換気がしたい場合は、換気後速やかに掃除機をかけ、空気清浄機で空気をキレイにしましょう。