リンパが溜まると体調不良や太る原因にも!解消法とは?

リンパが溜まると体調不良や太る原因にも!解消法とは?

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

リンパとは、脊椎動物の体内で、静脈に沿うように網目状に張り巡っているリンパ管を指します。リンパ管の中には、血液から赤血球を取り除いた組織液が流れているのです。全身に広がっているリンパ管は、リンパ節で合流しています。

リンパ節は、全身から送られてきたリンパ液に含まれる老廃物をろ過するフィルターのようなもの。血管と同じように全身にあるリンパ管ですが、血液を送るようなポンプ機能はなく、マッサージによる循環が必要です。むくみや体の痛みを感じることはありませんか? リンパの流れが滞り、溜まることでさまざまな症状を発症します。

01. リンパが溜まる
原因

リンパの流れが悪くなると、老廃物が蓄積して体調不良を引き起こします。むくみが気づきやすい症状です。リンパが溜まる原因は、生活習慣も大きく関係しています。生活改善を見直すだけでも、リンパの流れをよくするきっかけになりますので、参考にしてみてください。

1-1.運動不足

血液循環に必要なポンプ機能を、同じように備えていないリンパ管は、体を動かすことで流れる仕組みになっています。普段から適度な運動を心がけている方は、リンパが自然に流れるようになっているのです。

また、運動不足だとどうしてもリンパの流れが悪くなり、溜まりやすくなってしまいます。デスクワークが中心の方や忙しくなかなか運動する機会のない方は、1時間に1度は軽くストレッチを行うようにするといいでしょう。立ち仕事でも同じ姿勢が続く場合は注意が必要です。

1-2.ストレス

ストレスを抱えていると、自律神経の働きが悪くなる傾向があります。自律神経は血流や筋肉の動きを司(つかさど)るもので、ストレスによって機能障害をもたらすのです。ストレス解消に体を動かすことも効果的でしょう。

1-3.冷え

冷え性に悩む女性はとても多いでしょう。手足の冷えは、血流・リンパの流れの障害となるのです。体温低下は、血液の循環とリンパ管の両方に影響を与えます。冷えが気になる場合、ゆっくり湯船に浸(つ)かるなど、体を温めるようにしてください。

1-4.水分をあまり取らない

血管とリンパ管は密接な関係にあります。水分を適切に取らない場合、血液がドロドロした状態になることをご存じですか? 血液の流れに合わせて動いているリンパ管。リンパ液は90%が水分によって構成しており、水分不足によって自然とリンパの流れが悪くなってしまいます。

水太りを避けて水分をなるべく取らないようにしている方は、リンパが溜まりやすくなるので注意してください。適度な水分を取るように心がけましょう。

1-5.猫背

猫背で背中を丸めていると、首や肩周辺を圧迫します。リンパ管が十分に機能せず、停滞しやすくなってしまうのです。パソコンでの作業が多いと、自然に前かがみになっていることはありませんか? 普段の何気ない仕草でも、リンパの流れを悪くする原因になっているのです。