噛み合わせが体に与える影響は? 悪くなる原因や治療法などを徹底解説

噛み合わせが悪いと、全身に影響を及ぼすとされています。とはいえ、自分の噛み合わせについて知る機会は少ないでしょう。また、なぜ噛み合わせが悪くなるのか、対処法はあるのかなどの疑問も出てきます。体のバランスや健康を維持するためにも、噛み合わせについて知っておきましょう。

  1. 噛み合わせとは?
  2. 噛み合わせが悪いことによる悪影響
  3. 噛み合わせが悪くなる原因
  4. 噛み合わせの治療方法
  5. 噛み合わせでよくある質問

噛み合わせが重要視される理由などを知ることで、ご自身の健康状態を振り返るきっかけになるでしょう。原因がはっきりしない不調で悩んでいる方は必見です。

1.噛み合わせとは?

そもそも、噛み合わせとはどのようなものなのでしょうか? 噛み合わせの基礎知識からご紹介します。

1-1.歯が均等にあたるのが正しい状態

噛み合わせとは、上の歯と下の歯のあたり具合を示すものです。正しい噛み合わせは、歯同士が均一にあたります。ところが、噛み合わせが悪くなると、一箇所だけに強い力がかかり、歯を酷使してしまうのです。圧力によって歯が劣化し、割れる・溶けるなどの症状を引き起こすこともあります。

1-2.噛み合わせは咀嚼(そしゃく)にも影響するもの

噛み合わせは咀嚼にも影響します。一箇所だけに圧力がかかる状態だと、顎全体が満遍なく使われなくなり、全身のバランスが崩れてしまうのです。抜歯後に義歯やインプラントを入れずに過ごしている場合、噛み合わせにずれが生じてくるケースがあります。周囲の歯や骨にも悪影響を与えるため、きちんと補綴(ほてつ)治療を受けましょう。補綴治療とは、失った歯を補うために、入れ歯・義歯・インプラントなどを入れる処置のことです。

2.噛み合わせが悪いことによる悪影響

噛み合わせが悪いと、体にどのような影響を及ぼすのでしょうか? 起こりやすい症状をご紹介します。

2-1.体の歪(ゆが)みを招く

噛み合わせは、体のバランスと深い関係があります。顎と背骨はつながっているため、噛み合わせが0.1ミリ程度ずれるだけで、体の歪みを招いてしまうのです。その結果、体が不自然な状態になり、内臓などにも悪影響を与える可能性があります。

2-2.肩こりや頭痛

肩こり・頭痛などを始め、筋肉全体がだるさを感じるようになります。噛み合わせの悪さから来る、体の歪みも影響しているのでしょう。また、顎関節症の原因にもなるとされています。噛み合わせのずれは、睡眠障害を招くきっかけにもなるため、放置してはいけません。

2-3.睡眠時無呼吸症候群

噛み合わせがズレる原因である歯ぎしりや食いしばりは、睡眠中に出てしまうと、睡眠時無呼吸症候群などを引き起こすきっかけになるので注意が必要です。ストレスが関連して自律神経の異常を起こし、歯ぎしりや食いしばりをしてしまうという説もあります。寝たのに疲労感が取れない・体のだるさが続く・日中眠くなってしまうなどの症状を感じたら、噛み合わせを疑ってみましょう。

2-4.内臓疾患など病気に発展することもある

噛み合わせが悪いと、しっかり食べ物を噛むことができません。そのため、食べ物がきちんと砕かれないまま内臓に送られ、胃腸障害や内臓疾患などの病気に発展することもあるのです。栄養バランスのいい食事だけでなく、噛むという動作を大切に考えなければなりません。

2-5.歯周病や虫歯になりやすい

噛み合わせが悪いと歯並びにも影響し、歯ブラシが行き届かなくなります。歯周病や虫歯の進行を後押ししてしまうため、早期改善することが大切です。歯周病は、歯の骨を溶かすこともあります。放置せずに治療や定期検診を受けてください。

3.噛み合わせが悪くなる原因

噛み合わせが悪くなる原因について考えていきましょう。

3-1.抜歯

抜歯をするとなくなった歯を補うため、周囲の歯が傾くケースがあります。きちんと補綴治療をしていない場合、噛み合わせのずれが生じるでしょう。本来、歯はきちんとそろっている状態が理想です。やむを得ず抜歯をする場合は、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの治療を受けましょう。

3-2.生活習慣

日常生活で、足を組む・頬づえをつく・うつ伏せに寝るなどの習慣がある場合、噛み合わせのずれが生じやすくなります。無意識に歯を食いしばってしまう方も注意が必要です。噛み合わせを改善したいなら、生活習慣を見直すことから始めましょう。

3-3.歯科治療による影響

虫歯治療などで被せ物や詰め物をした際、高さが合わないものだと、噛み合わせがずれてしまいます。虫歯治療だけでなく、入れ歯でも起こる現象です。顎全体に負荷がかかるため、違和感を抱いたら、早期に再治療を受けましょう。

4.噛み合わせの治療方法

噛み合わせは、どのような方法で治療するのでしょうか?

4-1.マウスピースを用いた治療

軟性ゴムを使用したマウスピース治療を行う場合があります。マウスピースは、食いしばりの改善にも有効です。噛み合わせの調整だけでなく、圧力による顎や歯のダメージも軽減します。歯科医院で歯型を取ってもらい、自分の歯に合うものを使いましょう。

4-2.認知行動療法で生活習慣の改善

認知行動療法は、専門医がカウンセリングを行い、普段のくせや習慣を見直すよう働きかける方法です。自分では気づきにくいを行動のくせを発見し、噛み合わせの悪さを招く原因を知ることで、生活習慣を改善できるでしょう。

4-3.矯正治療

噛み合わせの悪さが歯並びまで影響を与えている場合、矯正治療で歯並びを整えるケースもあります。矯正治療は自費診療となるため、費用が高額です。また、治療期間も2〜3年と長くかかることも珍しくありません。

4-4.痛み止めの処方

噛み合わせの影響で顎や筋肉に痛みを感じるようなら、痛み止めを処方される場合があります。顎関節の筋肉にこわばりがある場合は、筋弛緩剤(きんしかんざい)を用いるケースもあるでしょう。睡眠障害で悩んでいる方には、睡眠導入剤なども併用します。

5.噛み合わせでよくある質問

噛み合わせに関する質問を集めました。

Q.噛み合わせの悪さは、メンタルの不調も引き起こすことがあるのか?
A.食いしばりが原因で噛み合わせが悪くなっている場合、ストレスが関連しているケースがほとんどです。治療せずに放置してしまうと、メンタルが不安定な状態が続くので注意してください。

Q.噛み合わせの異常を早期発見する方法とは?
A.歯科医院で定期検診を受けることです。3か月に1回程度を目安に、定期検診の機会を持ちましょう。また、わずかな不具合でも感じるようなら、すぐに歯科医院を受診することが大切です。

Q.左右で顔のバランスが悪いのは、噛み合わせの影響なのか?
A.噛み合わせが影響している可能性が高いでしょう。ずれが生じることで、片側だけで噛むようになります。そのため、使う筋肉が偏り、左右で顔の歪みやバランスの悪さが出てくるのです。

Q.噛み合わせが悪くなると、口内炎ができやすくなることもあるのか?
A.はい、あります。口内炎は、噛み合わせに偏りが起こり、頰の内側や舌などを誤って噛んでしまうことが原因です。口内炎は悪化することがあります。口腔(こうくう)内を衛生的な環境で維持し、噛み合わせを改善しましょう。

Q.子どもでも噛み合わせが悪くなることがあるのか?
A.はい、あります。子どもの歯並びは、成長とともに変わり、悪化するケースもあるのです。乳歯が生え変わるころから矯正治療などの相談を始めましょう。

まとめ

噛み合わせは、全身に影響を与えるものです。体の歪み・肩こり・頭痛・睡眠時無呼吸症候群・内臓疾患などを引き起こすため、違和感を抱いたら早期に改善しましょう。定期検診などをこまめに受け、噛み合わせをチェックすることも大切です。ただし、治療に頼りきらず、噛み合わせが悪くなる原因を知り、生活習慣の見直しも同時に行ってください。