【注目】後鼻漏とはどんな病気? 原因・症状・改善方法を詳しく解説!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

「鼻水がのどの奥を流れていく感じがして不快」という場合、後鼻漏(こうびろう)である可能性があります。いつでも鼻水がのどの奥にある感覚は、不快感が強く、できるだけ早く改善したいですよね。しかし、何が原因なのか、どんな治療を受けるべきなのかよくわからないことも多いでしょう。そこで、後鼻漏について、原因や症状・治療方法などを含め、詳しく解説します。

この記事を読むことで、後鼻漏に関する正しい知識が身につき、つらい症状を改善するために必要なことがわかります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

01. 後鼻漏とは?

最初に、後鼻漏についての基本として、主な症状や原因を含め、詳しく解説します。

1-1.後鼻漏とはどんな病気?

後鼻漏とは、鼻水が鼻の穴からではなく、のどの奥へ流れ落ちる症状のことです。鼻水をかもうとしても前方に出ずにのどの奥に流れ続けるため、患者は非常に不快な思いをします。常に鼻水を飲み込むか口からはき出すことになるため、大きなストレスになり、うつや不眠の原因になることもあるので注意しましょう。

1-2.後鼻漏の主な症状について

後鼻漏の主な症状について、主なものを解説します。

1-2-1.鼻水がのどの奥に流れる

通常、鼻水は鼻の穴を通じて前方へ流れ落ちます。そのため、鼻をかめば症状が楽になるのです。しかし、後鼻漏の場合は、のどの奥に流れてしまいます。タイミングによっては気管支に入ることもあり、むせてしまったり肺炎の原因にもなったりするので気をつけてください。

1-2-2.鼻やのどに炎症が起きる

後鼻漏になると、常に鼻の奥やのどに鼻水が流れている状態です。粘膜に刺激を与え続けている状態になるため、炎症が起きやすくなります。また、鼻水を外に出そうとしてせきをした結果、炎症がひどくなることもあるでしょう。痛みを感じたり出血が見られたりすることもあります。

1-2-3.口臭や鼻水のにおいがひどくなる

後鼻漏になると、口臭や鼻水のにおいがひどくなることがあります。自分でも不快なだけでなく、周囲の人にも気づかれないかと神経質になることも多いのものです。対人関係にも大きな影響があり、家にひきこもってしまう人もいます。

1-2-4.痰(たん)が多くなりせき込む

鼻水がのどの奥に流れ込むことによって、痰(たん)が増えます。体を起こしているときは痰(たん)をうまくはき出すことができるでしょう。しかし、寝ている間に痰(たん)がたまり、気管支に入ることでせき込むことが多くなります。不眠や肺炎につながる場合もあるでしょう。

1-3.後鼻漏の主な原因について

後鼻漏の主な原因について、それぞれ詳しく解説しましょう。

1-3-1.副鼻腔(びくう)炎・アレルギー性鼻炎

副鼻腔(びくう)炎やアレルギー性鼻炎になると、鼻水が大量に出ます。すると、のどの奥に流れやすくなり、後鼻漏の原因となるのです。まずは、副鼻腔(びくう)炎やアレルギー性鼻炎の治療を行いましょう。なお、治療が不完全な場合も、後鼻漏として現れることがあります。治療後に不快な症状がいつまでも続く場合は、医師に相談してください。

1-3-2.鼻の腫瘍(しゅよう)

鼻の内部に腫瘍(しゅよう)がある場合、鼻の穴に鼻水が流れずにのどの奥に流れてしまうことがあります。鼻が大きくなった・手でふれるとしこりがある・鈍痛があるなどの症状があるときは、腫瘍(しゅよう)が隠れている場合があるので検査を受けてください。早急に治療を受け、腫瘍(しゅよう)を取り除いてもらいましょう。

1-3-3.鼻の骨がゆがんでいる

生まれつき、もしくはケガなどの理由で、鼻の骨がゆがんでいる場合は、後鼻漏になりやすくなります。本来は、鼻の穴に流れるはずの鼻水が、のどの奥に流れてしまいやすいからです。常に鼻が詰まっている感じがする、という人は、手術を受けてゆがみを取り除くことも考えましょう。

1-3-4.自律神経失調症

鼻や鼻の粘膜に特に問題がない場合でも、後鼻漏になることがあります。たとえば、自律神経失調症などで、鼻水を出すコントロールがうまくできない場合もあるのです。寒暖差の激しい環境を行き来した場合、刺激の強いにおいをかいだときなど、大量の鼻水が出て後鼻漏を引き起こすことがあるでしょう。