【必読】妊娠線を消す方法とは? 予防・対策法を一挙ご紹介!

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

妊娠5~7か月目になるとお腹(なか)が大きくなり始めます。ちょうどそのころから目立ち始めるのが「妊娠線」です。妊娠線は、お腹・バスト・二の腕・太もも・おしりなどにできる真皮(しんぴ)の断裂跡となります。1度できてしまうと完全に消えるのが難しいといわれているため、きちんと予防しておかなければなりません。妊娠線を予防するための知識を身につけることが大切です。本記事では、妊娠線の基礎知識・予防法・対策法について説明します。

この記事を読むことで、妊娠線を予防・対策するために必要な知識を身につけることができます。できないようにしたい方、消す方法が知りたい方もぜひ参考にしてください。

01. 妊娠線の基礎知識

妊娠線の予防・対策について知る前に、基礎知識を身につける必要があります。まずは、妊娠線ができる場所・できやすい時期・原因とメカニズム・どのくらいの人ができるのかなど、基礎知識をチェックしていきましょう。

1-1.どういうものか

妊娠線とは、妊娠によってお腹が大きくなり、皮膚が急激に引きのばされることで発生する線のことです。ひび割れたり、ミミズのはったような赤い筋(すじ)ができたりします。別名・ストレッチマークとも呼ばれており、お腹だけでなく胸・おしりにも現れるのです。
妊娠線は1度できてしまうと、なかなか消すことができないといわれています。そのため、出産後に残った妊娠線に悩む方が多いのです。
主な種類としては、新妊娠線・旧妊娠線・正中線などいくつかの種類があります。代表的な3種類の特徴を以下にピックアップしてみました。

  • 新妊娠線:妊娠中にできる妊娠線。妊娠によりお腹が大きくなることで、毛細血管の赤みが皮膚に現れる
  • 旧妊娠線:妊娠中にできた妊娠線が、出産後に瘢痕(はんこん)化した状態。新妊娠線よりも薄く白っぽくなる
  • 正中線:お腹の真ん中部分だけに線ができる状態。おへそ部分から陰部にかけて1本の線が入るため、目立つ

1-2.できる場所

妊娠線ができる場所は、お腹まわりと下腹部がほとんどです。ほかにも、胸・腰・おしり・太もも・二の腕にも現れることがあります。胸の横や下は分かりにくく、妊娠線に気づかないことが多いのです。赤い筋の妊娠線が出ていることがあるので注意してくださいね。できやすいお腹・下腹部に妊娠線が現れた場合は、ほかにもできていないかどうか体中をチェックしたほうが良いでしょう。

1-3.できやすい時期

妊娠線ができやすい時期は、大まかに、妊娠初期・中期・後期の3つに分かれます。この中で最も多いのが、妊娠後期(8~10か月目)です。妊娠線ができた方の約80%が、妊娠後期に出てくるとされています。次いで多いのが、妊娠中期(5~7か月目)、妊娠初期(~5か月目)です。お腹が大きくなり始める妊娠中期、そして、赤ちゃんが最も成長する妊娠後期に注意してください。

1-4.原因・メカニズム

妊娠線の原因は、「皮膚の急激な伸び」と「コルチコステロイドの影響」があります。妊娠中期~後期にかけてお腹が大きくなり始め、皮膚の下にある真皮(しんぴ)と呼ばれる組織が伸びについていけません。その結果、真皮が断裂しやすくなり、その部分が妊娠線として出現します。
そして、妊娠中はコルチコステロイドというホルモン成分の分泌量が増えるでしょう。増加によって、お肌の新陳代謝が抑制され弾力を失い、断裂が起きやすくなります。

1-5.どのくらいの人ができるか

妊娠線は、約50~60%の確率でできるといわれています。つまり、2人に1人は妊娠線が発生する割合ですね。さらに、2人目を妊娠している妊婦の場合は、確率が80%にはねあがるというデータも出ています。皮膚の伸びが悪くなる加齢が原因としてありますが、妊娠線ができない体質だと思いこみ、ケアを怠るケースがほとんどです。1人目に妊娠線が出てきていないからといって、2人目にケアを怠らないように注意してくださいね。