肌荒れに悩んでいる妊婦

肌荒れに悩んでいる妊婦さん必見! 妊娠中の肌荒れ対策

十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典

記事監修
十字屋平蔵薬局 店長・薬剤師 富居博典
免責事項について

妊娠をしたら急に肌が荒れるようになった。妊娠中に肌質が変わり、ケアが大変。このような悩みを抱えている妊婦の方はいませんか? 妊娠中はただでさえ月単位で体が変化していって大変なのに、その上肌荒れまでに悩まされれば参ってしまいますね。妊娠中に肌が荒れるのには、妊娠中ならではの理由があるのです。

そこで今回は、妊婦肌荒れの原因を対策方法と共にご紹介しましょう。

原因と対策方法が分かっていれば、いざという時にすぐ対処できます。妊娠中の肌荒れに悩んでているという方や妊婦肌荒れの対策方法を知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

01. 妊娠中に肌が荒れやすくなる原因

はじめに、妊娠中に肌荒れが起きる原因の代表例をご紹介します。妊婦特有の理由はあるのでしょうか?

1-1.女性ホルモンの影響

妊娠すると、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンという物質が盛んに分泌されます。このプロゲステロンは、皮脂の分泌を活発にする働きがあるため、毛穴が詰まりやすくなるのです。生理前になるとニキビが増えるという方は要注意。生理前は妊娠中と同じくらいプロゲステロンが増えます。ですから、生理前に肌荒れしやすい方は妊娠中も肌荒れしやすい傾向にあるのです。

また、プロゲステロンは皮膚の中にあるメラニン色素にも作用し、そばかすやシミができやすくなります。ですから、紫外線対策をしっかりとしていないと妊娠中にそばかすやシミが増えてしまうこともあるでしょう。

1-2.肌のターンオーバーが乱れる

ターンオーバーとは、古い皮膚と新しい皮膚が入れ替わる周期のことです。健康な肌は約28日間で新しい肌と生まれ変わります。しかし、妊娠中は前述した女性ホルモンの影響で、ターンオーバーの周期が乱れやすくなるのです。すると、古い角質がいつまでも肌に残りくすみの原因となります。

また、ターンオーバーの周期が早まりすぎる方もおり、そうなるとまだ未熟な皮膚が外気にさらされることになるのです。そうなっても、肌荒れが起こりやすくなります。

1-3.栄養と水分不足

妊娠初期は、つわりに苦しむ方もたくさんいます。つわりは個人差がありますが、重くなると水分すら満足に取れなくなることがあるのです。また、特定の食べ物しか受け付けなかったり、食べてもすぐに戻してしまったりする方もいます。このようになると、栄養分や水分が不足して肌が乾燥し、角質層がはがれやすくなってしまうのです。肌を守る角質層が弱くなってしまうと、少しの刺激で肌が荒れたりかゆみが起こったりします。

1-4.妊娠中のストレス

妊娠中は、心身共に月単位で変化していきます。また、つわりなどで日常生活に大きな支障が出ることもあるでしょう。ストレスが溜まれば肌荒れも起こりやすくなります。ストレスで肌が荒れた経験がある方は特に注意しましょう。

1-5.便秘

妊娠中に便秘で苦しむ方はたくさんいます。プロゲステロンをはじめとする女性ホルモンの影響だったり、胎児が腸を圧迫したりして妊娠中は便秘になりやすくなっているのです。便秘が続けば肌荒れも起こりやすくなります。